課税の原則| 経済

この記事では、課税の原則について説明します。

政府の収入の最も重要な源泉は税です。 税金とは、個人や企業が政府に対して行った強制的な支払いであり、一定の規則や基準に基づいて、収入や財産所有、キャピタルゲイン、国内および輸入品に対する支出(支出)などがあります。

多くの人々が税金の支払いに反対しているため、課税には強制が伴います。 納税者は、問題の個々の希望や希望に関係なく、特定の支払いを行う必要があります。 この強制により、税の徴収は個人の行動や経済の機​​能に非常に大きな影響を与える可能性があり、税の構造が経済の達成を妨げない場合は、税の選択において考慮しなければなりません。社会の目標。 さらに、社会の目標を実現しようとする場合、税金の負担は、これらの目標と一致する方法でさまざまな人に分配されなければなりません。

税金は理想的ではありませんが、政府が支出を賄うために収入を得る場合、税金は避けられません。 政府は、税金が公正かつ合理的であることを保証することにより、ほとんどの納税者を満足させようとします。

課税の主な目的は、収益を上げることです。 しかし、税制の設計では他の目的も重要です。 課税の原則は、経済システムの適切な目的として受け入れられる目標に関してのみ選択することができます。

現代経済では、このような4つの目標は最適な経済福祉にとって非常に重要です。

(1)他者の福祉と一致する選択の最大の自由

(2)利用可能な資源と技術の観点から、また消費者と要因所有者の好みに照らした最適な生活水準。

(3)最適な経済成長率。 そして

(4)現在社会で受け入れられている公平性の基準に準拠した収入の分布。

これらの目標に関して、税制の3つの主要な原則または望ましい特性が一般的に受け入れられるようになりました。

1.経済効果:

税制は、最適の達成への干渉を回避するような方法で確立されなければなりません。

2.株式:

税の負担の分配は、現代社会における意見の一致により最適とみなされる所得分配のパターンに適合しなければならない。

3.効果的な実施と一致する収集とコンプライアンスの最小コスト:

この規則は、納税者に生じる直接的な不便の観点から必要とされる資源の観点から、徴収の実際の費用を最小化するような方法で税を確立することを要求しています。 実際、さまざまな作家が、人々の間で課税の負担を公平に分配することに関連して、さまざまな時点でさまざまな理論を策定しています。

課税の原則、つまり、税構造の開発と評価に採用される適切な基準は、アダムスミスの時代から注目されてきました。

アダムスミスは、彼の4つの有名な課税の標準を開発しました。

(1)純資産:

納税者が支払うべき金額は等しくなければならず、それは彼が収入に比例することを意味した。

(2)能力:

納税者は、いくら支払う必要があるかを確実に知る必要があります。

(3)利便性:

支払いの利便性があるはずです。

(4)経済:

徴収費用が多すぎる場合、税金を課すべきではありません。

課税の最も重要な原則は次のとおりです。

1.中立性

一応、税制は中立になるように設計する必要があります。つまり、反対の正当な理由がない限り、市場の力をできるだけ乱さないようにします。

原則として、人々は納税を好まない。 実際、すべての税はそれを避けるために何かをするインセンティブを提供します。 政府は徴税を強いられているため、完全な中立性を保証することはできません。 したがって、税制は、課税に起因する市場への混乱を最小限に抑えることにより、中立性を達成するよう努める必要があります。

2.非中立性:

特定の社会目標を達成するために、非中立性を維持することが不可欠になる場合があります。 これらの目標は、税制上の優遇措置を提供することで確保できます。 これは、場合によっては、民間市場を乱すことが望ましい場合があることを意味します。

たとえば、政府は、企業が環境を汚染するのを阻止するために、汚染活動に税金を課すことがあります。 同様に、たばこに対する税は、収益を上げ、この有害な品目の消費を抑えるという2つの目的に役立ちます。 どちらの場合も、市場は混乱しますが、望ましい方法です。

3.エクイティ:

課税には強制が伴います。 したがって、税制が公正であることが重要です。 公平を理由に、税制は平等な犠牲または支払い能力の原則に基づくべきであることが示唆されています。 後者は、(a)収入または富、および(b)個人的な状況によって決定されます。

リチャード・マスグレイブは、税は2つの主要な基準で判断されるべきだと主張しました:公平性(税は公正ですか?)と効率性(税は市場経済の働きを不当に妨害しますか?)主に後者に関心を持っていますが、税務提案に関する公開討論は常に前者に焦点を当てています。

したがって、公平な課税の概念から始めることができます。

(a)水平資本:

タックスエクイティには3つの異なる概念があります。 1つ目は水平公平です。 水平的公平とは、平等に位置する個人に平等に課税するという概念です。 より具体的には、所得が等しい人は同じ金額を税金で支払う必要があります。 この原則については、ほとんど論争はありません。 しかし、この概念を実際に適用することは非常に困難です。

たとえば、個人所得税について考えてみましょう。 水平的公平性は、同じ所得の2つの家族に同じ税金を支払うことを要求します。 しかし、ある家族に8人の子供がいて、もう1つの家族に子供がいない場合はどうでしょうか。 または、一方の家族の医療費が異常に高く、もう一方の家族にはない場合(2つの家族のメンバー数が同じ場合でも)はどうでしょうか。

(b)垂直資本:

公正な課税の2番目の概念は、最初から論理的に続きます。 等しいことを等しく扱う場合、論理的には等しくないことを等しく扱わなければならないことになります。 この教訓はバーティカルエクイティとして知られています。 この概念は原則を支払う能力に変換されており、最も支払いが可能な人は最大の税金を支払うべきであるとしています。 大まかに言って、この原則は、最も公正な税は、納税を通じて政府の活動を支援する経済的能力に基づいたものであることを示唆しています。

この原則の倫理的根拠は、金持ちが税金で支払った1ルピーは、貧しい人が支払った同じルピー税よりも犠牲が少なく、公平性は政府を支援する金持ちと貧乏人の両方に等しい犠牲を要求するという仮定に基づいています。 したがって、金持ちは、政府が提供するサービスを支援するのと同じ負担を負うために、それぞれが貧乏人よりも多くのお金を税金で支払わなければなりません。

したがって、水平的公平性は、平等な人は等しい税金を支払うべきであることを示唆しています。垂直的公平性は、不平等は不平等に扱われるべきであることを示唆しています。 具体的には、富は税金を支払う能力の適切な尺度と見なされるため、富裕層は貧困層よりも多くの税金を支払う必要があります。

利益の原則:

概念的および実用的な観点から、水平的および垂直的公平の原則の間にはほとんど矛盾がありません。 しかし、公正な課税の第3の原則があり、これは一般的に受け入れられている垂直的公平の概念に違反することがよくあります。

原則は、課税の目的は政府のサービスに対する支払いであることを認識しています。 利益の原則に従って課税される場合、人々は政府支出から受ける利益に比例して税金を支払います。

したがって、道路、病院、公立学校、大学などの政府サービスから最大の利益を得る人は、最大の税金を支払う必要があります。 ただし、課税の利益原則に従う場合、政府はさまざまな個人およびグループがどれだけ利益を得るかを推定し、それに応じて税金を設定する必要があります。

課税の利益原則によれば、政府サービスから利益を得る人は税金を支払うべきです。 利益の原則は、政府が提供する商品やサービスから受ける利益に比例して人々が課税されるべきだということです。 この原則は、得たものに対して支払う必要があるという感覚に基づいています。

1つの明確な例は、道路税です。 道路税の領収書は通常、道路の維持と建設のために確保されています。 したがって、道路を運転する人は税金を支払います。 しかし、1つの質問が未解決のままです。道路を使用する人は、使用する金額にほぼ比例して税金を支払いますか?

また、この原則は、政府がいくら提供し、誰がそれを支払うべきかという問題に対する経済的に効率的な解決策にもつながります。 ただし、利益の原則を使用することには、多くの公的に提供される商品やサービスに適用することを不可能にするいくつかの実際的な困難があります。

政府が提供する財またはサービスが私財の排他的かつ競合的な特性を持っている場合、便益はかなり簡単に計算でき、それに応じてユーザーに請求できます。 例には、道路税、通行税、交通費が含まれます。 公に提供されるサービスが非競合的かつ非独占的(純粋な公共財)である場合、利益は測定できないため、利益の原則は理論上の概念にすぎません。

問題点:

実際、異なる税金が必要なため、純粋な公共財の場合、一般に給付税はいくぶん実用的ではありません。 第一に、公共部門は多数の公共財を提供しており、適切に異なる税金を徴収するのに十分な情報を取得するコストは非常に高くなる可能性があります。

さらに、ほとんどの個人納税者は、「公共」財が提供されると、個人が税金を支払うかどうかに関係なく給付を享受することから除外できないため、「真の」好みを明らかにすることをしばしば拒否します。 公共財のこの特性は、「フリーライダー」という名前で表現されています。

税は、財から得られる利益の報告された評価に基づいていると仮定しましょう。 本質的に、課税は任意です。 一部の納税者は、問題の公共財(道路、公園、橋など)をほとんど、またはまったく欲していないと主張するかもしれません。

賢い人は、公共の利益によって害を受けていると断言することさえあります。 ですから、彼らは政府から補助金を受けるべきです。 他の人々が公共財の購入に同意すると、無料のライダーはその財またはサービスを楽しむことができます。

ほとんどの人が無料で財やサービスを楽しみたい(または、「無料乗車」を試みる)場合、公共財はまったく利用できない可能性があります。 一般的に、十分な量よりも少ない量で入手できます。 公共財に対する人々の真の選好を確認することができないため、利益の原則は分析的には興味深いものの、実際にはほとんど使用されません。

したがって、原則を実際に実装することはできません。 ほとんどの人は公的支出の恩恵を享受しますが、税金の支払いには消極的です。 この問題を克服するために、別の原則、つまり原則を支払う能力が提案されています。

この原則は、今議論されるかもしれません:

支払い能力の原則:

政府の目的が収入の再分配である場合、支払い能力の原則に従って税金を設定する必要があります。 ただし、能力を測定することは困難です。 一般に、能力の3つの尺度、収入、支出、財産があります。 しかし、完全な証拠はありません。

1.収入:

収入は富よりも能力のより良い尺度であると言われています。 しかし、ここでもいくつかの困難に直面しています。 すべての作業が同じ犠牲を伴うわけではありません。 労力とトラブルでRs.500を稼いだ男性は、労力(父親の財産から)やギャンブル、またはチャンス(宝くじ)なしで同じ金額を稼いだ人とは異なり、税金を支払う立場にはなりません。

同じレベルの収入を持つ人は、より多くの扶養家族とより多くの負債を抱えている可能性があるため、支払い能力が低下します。 さらに、お金の限界効用は人によって異なります。 収入の低い男性ほど高く、逆も同様です。 したがって、最終的な分析では、収入は能力の良いテストではありません。

2.支出:

N. Kaldor教授によると、支出は能力の可能な限り最高の尺度です。 彼は、しばらくの間インドで試みられたがその後撤回された支出税を提唱しました。 貧しい男性は、扶養家族が増え、老親の世話をしなければならない場合、より多く過ごすことができます。 したがって、彼の支出は、同じ所得層に属する同僚よりも高くなる可能性があります。 しかし、彼の支出は彼の本当の支払い能力を反映していません。

3.プロパティ:

富や財産の所有は、幸福を反映していますが、程度は限られています。 たとえば、2人の人間が同じ富を持っている場合、彼らは等しく裕福ではありません。 安定した収入をもたらす建物のような生産的な富を持っているかもしれません。 別のものは同じ価値の非生産的な富(すなわち、宝飾品)を持っているかもしれません。 当然、税金を支払う能力は大きく異なります。

支払い能力、つまり収入と富の2つの基本的な指標(指標)は、進歩的な個人税の正当化を提供します。 支払能力の原則に基づいて税金が課される場合、所得および/または富によって測定されるように、より高い支払能力を持つ人々により高い税金が支払われます。

能力の尺度は税ごとに異なります。 たとえば、所得税では、能力の尺度は収入です。 富裕税では、資産の価値(富)です。

アイデア(または概念)を実践に変換しようとすると、実際的な問題が発生します。

表3にリストされている3つの代替所得税プランを考えてみましょう。

3つすべての計画の下で、所得の高い家族は所得税が高くなります。 したがって、これらの計画はすべて、課税の原則を支払う能力に基づいていると言えます。 しかし、それらは異なる結果をもたらします。

プラン1は累進課税です。富裕層ほど平均税率は高くなります。 プラン2は比例税です。 すべての家族が収入の10%を支払います。 計画3はかなり逆行的です。納税額は収入よりもゆっくりと上昇するため、裕福な家庭の税率は貧しい家庭の税率よりも低くなります。

計画3では、「公正」の原則に違反しているようです。 しかし、進歩的な個人所得税の近代的なシステムは、垂直的公平の概念に基づいているようです。 他の条件が等しい場合、累進税は何らかの倫理的意味で「良い」税金と見なされ、逆行税は「悪い」税金と見なされます。 これらの理由で、所得の平等の拡大を支持する人々は累進所得税を支持し、売上税に反対しています。

ただし、垂直的公平性には課税の進歩性は必要ありません。 比例所得税システムは、公平原則を十分に満たすことができます。

その他の原則(オプション):

次のようないくつかの他の課税原則も随時提案されています。

サービスコストの原則:

この原則によれば、個人が支払うべき税金は、政府が彼にサービスを提供する際に被るサービスの費用と等しくなければなりません。 したがって、政府がAに特定のサービスを提供するためにRs 50を使う場合、Rs 50の税金を支払う必要があります。

この原則は、鉄道、郵便などの政府サービスの場合に適用できます。しかし、課税におけるこの原則の適用には、いくつかの困難が伴います。 第一に、政府が一般の人々のためにいくらかのお金を使うとき、それは一般的な方法でそうします。

そのため、さまざまな個人に発生するサービスのコストを個別に計算することはできません。 第二に、この原則の適用は、政府が一般に富裕層よりも貧困層により多く支出するため、貧困層が富裕層よりも高い税率で税金を支払うことを要求します。

最後に、この原則が年金受給者の場合に適用される場合、後者はそのような年金を与えるための管理費をカバーするために年金の額よりも多くの税金を支払う必要がありますが、これはばかげています。

最小集約犠牲の原則または最小犠牲の原則:

一部の作家は、平等な犠牲と最小の犠牲という点で原則を支払う能力を解釈しました。 この原則によれば、税金は、コミュニティに実際の負担を最小限に抑えるか、犠牲を最小限に抑えるように設計する必要があります。

ピグーによると、課税の負担は、税金を支払うためのコミュニティの総犠牲が最小、つまり最小になるように、人々の間で分配されることです。 これは、金銭の限界効用が貧しい人よりも少ないため、金持ちだけに課税することで実現できます。

しかし、それ自体が主観的な現象であるお金の正しい限界効用を知ることが困難なため、コミュニティの総犠牲を測定する際に困難が生じる可能性があります(それらは最小の犠牲を伴うため、高い利益率でのみ課税されるべきです)。

結論:

実際には、政府の政策は上記の原則のいずれかにのみ基づくことはほとんどできません。 これらの原則は、税収、公平性、社会的および経済的効果、国の要件などのさまざまな考慮事項を考慮して準備された税政策の枠組みにおける政府のガイドラインとしてのみ設定されています。

異なる時期に、スミスの4つの基本的な規範に基づいて、特定の課税原則が提案されました。 いわゆる給付の原則によれば、人が税金で支払うべき額は、見返りに受け取ると予想される給付に関連している必要があります。

しかし、この原則の下では、低所得層が最も多くの支払いを求められるため、この原則を実際に適用することは困難です。 同様に、同様に実行不可能なのは、サービスコストの原則であり、これにより、個人の納税義務は、彼が享受する公共サービスのコストに基づきます。

 

コメントを残します