需要の価格弾力性の測定(5つの方法)

需要の価格弾力性の測定に使用される方法のいくつかは次のとおりです。

1.総支出方法。

2.比例法。

3.需要の弾力性。

4.需要の弾力性。

5.収益方法。

1.総支出方法

マーシャル博士は、需要の価格弾力性を測定するために総支出方法を進化させました。 この方法によれば、価格の変化とそれに続く購入商品の総量とそれに費やされる総金額の変化を考慮して、需要の弾力性を測定できます。

総支出=価格X要求数量

次の3つの可能性があります。

(i)価格の低下(需要の増加)で総支出が増加する場合、または価格の上昇(需要の低下)で総支出が減少した場合、その場合、需要の弾力性が1より大きい、つまりED> 1

(ii)価格の上昇または下降(それぞれ需要の低下または上昇)がある場合、総支出は同じままであり、需要はユニタリエラスティックまたはED = 1になります。

(iii)価格の低下(需要の増加)で総支出も低下し、価格の上昇(需要の低下)で総支出も上昇した場合、需要は古典的ではない、または需要の弾力性は低いと言われる1つ以上(ED <1)。

これは、チャートを使用して表現できます。

Leibhafaskyは需要の弾力性を測定するために次の公式を与えました:

表には、次の3つの可能性があります。

A. より弾力的な需要:

価格がRsの場合。 10需要量は1単位であり、総支出は10です。価格はRsから低下します。 10からRs。 6、需要量が1から5単位に増加し、それに対応して総支出がRsから増加します。 10からRs。 30.したがって、価格の低下に伴い、総支出が増加し、逆もまた同様であることが明らかです。 したがって、需要の弾力性は1より大きいか、ED> 1です。

B. ユニタリーエラスティックデマンド:

価格がRsの場合 6、需要は5単位なので、総支出はRsです。 30.今、価格はRsに下がります。 5、需要は6ユニットに増加しますが、総支出は同じ、つまりRsのままです。 30.したがって、価格の上昇または下落に伴い、総支出が同じままであることは明らかです。 この場合の需要の弾力性は1または

ED = 1。

C.弾力性の少ない需要:

価格がルピーの場合 5、需要は6、総支出はRsです。 30. Rsから価格が下がりました。 5からRe。 1.需要は6ユニットから10ユニットに増加するため、総支出はRsから減少します。 30からRs。 10.したがって、価格の低下に伴い、総支出も低下し、その逆も同様であることは明らかです。 この場合、需要の弾力性は1未満またはED <1です。

ダイアグラム表現:

総支出は、図7を使用して説明できます。

図では、総支出曲線の3つのフェーズがあります。

下向きの傾斜(AからD)、(ii)垂直(DからG)、(iii)上向きの傾斜(GからJ)。

(i)下向きの傾斜曲線:

価格と総支出の曲線が左から右へ下向きに傾斜している場合、需要の弾力性が1より大きいことを意味します。 図からわかるように、価格がRsから低下すると。 10からRs。 5総支出はRsから増加します。 10からRs。 30.つまり、価格と総支出の間には逆の関係があります。 この場合の需要の弾力性は1よりも大きくなります。 したがって、AからDへの曲線は、1またはED> 1より大きい弾性を表します。

(ii)垂直曲線。

価格-総支出曲線が垂直または7軸に平行である場合、Rsからの価格の下落を意味します。 6からRs。 5総支出は同じままです。 したがって、総支出が価格の上昇または下落によって変化しない場合、需要の弾力性は1に等しくなります。 したがって、ポイントDとGを結合すると、需要の弾力性が1またはEd = 1に等しいことを示す垂直曲線が得られます。

(iii)上向き傾斜曲線:

価格と総支出の曲線が左から右へ上向きに上昇する場合、需要の弾力性が1未満であることを意味します。 図では、価格がRsから下がるとわかります。 5からRe。 1総支出もルピーから減少します。 30からRs。 10.これは、G、H、I、Jを結合することにより、需要の弾力性が1未満またはED <1を示す上向きの曲線になることを意味します。したがって、価格の変化による総支出の変化も弾力性に影響することは明らかです。需要の。

2.比例法

このメソッドは、Dr。Marshallの名前にも関連付けられています。 この方法によれば、「需要の価格弾力性は、商品の価格の変化率に対する需要量の変化率の比率です。」

パーセント法、フラックス法、比率法、算術法としても知られています。 その式は以下のとおりです。

含意

(a)この方法は、要求される価格と数量に非常に小さな変化がある場合に使用する必要があります。

(b)需要の価格弾力性係数は常に負です。 それは、価格が変化すると、需要が反対方向に変化するためです。 しかし、慣例により、マイナス記号は無視します。

(c)需要の弾力性は相対的です。 パーセンテージや違反ではなく、単位で表現されていません。

3.ポイント方法

この方法はMarshallによっても提案されており、直線需要曲線を考慮し、曲線上のさまざまなポイントで弾性を測定します。 この方法は、弾性を測定する非常に一般的な方法になりました。 ここでは、需要曲線を軸OXとOYの両方に接続する直線の需要曲線を取ります。 図では、OX軸は需要量を表し、OY軸は価格を表します。

ケース(i)線形需要曲線:

図8では、RSは直線の需要曲線です。 最初は、価格はOPまたはQAであり、OQまたはPAは初期需要です。 OP 'の新しい価格では、需要はOQ'です。 ポイントRでは、需要の弾力性は次の式で測定できます。

ケース(ii)非線形需要曲線:

需要曲線は直線ではなく曲線である可能性があります。 それでも、上記の手法は適用可能です。 行われる唯一の変更は、需要の弾力性を測定したいポイントで需要曲線に接線が描かれることです。

図10では、DD 1は需要曲線であり、需要の弾力性を測定するためにラインRSを作成します。 ポイントAで、需要曲線DD1とRS線は互いに接触しています。 そのため、両方とも同じ勾配を持っています。 したがって、ポイントA、需要の弾力性はEd = AS / ARです。

4.需要のアーク弾力性:

「アークの弾力性は、曲線の有限のストレッチにわたって需要曲線によって示される価格変化に対する平均応答性の尺度です」Baumol教授

「アーク弾力性は、要求された曲線のアークの中点での弾力性です」ワトソン

「弾力性が需要曲線の2つの別々のポイント間で計算される場合、この概念はアーク弾力性と呼ばれます。」Leftwitch

5.収益方法

ジョアン・ロビンソン夫人はこの方法を与えました。 彼女は、需要の弾力性は平均収益と限界収益の助けを借りて測定できると言います。 したがって、企業が製品を販売することで得た売却代金は、収益と呼ばれます。 ただし、総収益を販売数で割ると、平均収益が得られます。

それどころか、商品のもう1つのユニットの販売によって総収益に加算が行われた場合、限界収益と呼ばれます。 したがって、需要の弾力性を測定する式は次のように書くことができます。

E A = A / AM

E dは需要の弾力性を表し、A =平均収益、M =限界収益。 この方法は、図12を使用して説明できます。

この図12では、収益はOY軸に表示され、商品の数量はOX軸に表示されています。 ABは平均収益または需要曲線、ANは限界収益曲線です。 需要曲線のポイントPでは、需要の弾力性は次の式で計算されます。

このように、Epの値は、需要の価格弾力性が単一であることを意味します。 同様に、複数の場合、需要の価格弾力性は1より大きく、1未満の場合、需要の価格弾力性は1未満です。

 

コメントを残します