長期コストとその種類(図を使用)

長期的には、組織で使用される生産のすべての要因は異なります。 長期的には、既存のプラントまたは建物のサイズを大きくすることができます。

長期的には固定されたインプットやコストはありません。 長期的には、生産のすべての要因が変動するため、すべてのコストが変化する期間です。

固定費がないため、長期の総費用(LTC)と長期の変動費の間に違いはありません。 インプットを変更する組織の能力により、長期的には低コストで生産できるようになることに注意してください。

1.長期の総費用

長期的な総コスト(LTC)は、特定のレベルの出力を生成できる最小コストを指します。 Leibhafaskyによれば、「長期的な総生産コストは、すべての入力が可変である場合、特定のレベルの出力を生成するための可能な限り最小のコストです。」 LTCは常に短期間の総コスト以下ですが、短期間のコストを超えることはありません。

LTC曲線を図-10に示します。

図-10に示すように、短期の総費用曲線。 STC1、STC2、およびSTC3は、異なる植物サイズを示しています。 LTC曲線は、短期総費用曲線の最小点を結合して作成されます。 したがって、LTCはSTC曲線を包囲します。

2.長期の平均コスト

長期の平均コスト(LAC)は、長期の総コストを出力のレベルで割った値に等しくなります。 長期平均コストの導出は、短期平均コスト曲線から行われます。 短期的には、プラントは固定されており、各短期運転曲線は特定のプラントに対応しています。 長期的な平均コスト曲線は、計画曲線またはエンベロープ曲線とも呼ばれ、生産の拡大と最小コストの達成のための組織計画を立てるのに役立ちます。

図-11は、LAC曲線の導出を示しています。

3つのサイズのプラントがあり、他のサイズのプラントを構築できないと仮定します。 短期的には、プラントのサイズは固定されているため、組織は変動要因を増減させます。 ただし、長期的には、組織は特定の出力レベルで最小限のコストを達成するのに役立つプラントの中から選択できます。

図11から、生産量がOBになるまで、SAC1よりもコストが低いため、組織がプラントSAC2で運用することが有益であることがわかります。 植物SAC2がOAの生産に使用される場合、発生するコストはさらに大きくなります。 したがって、長期的には、生産者が植物SAC2のOBまで生産することは明らかです。 SAC2では、プロデューサーはOC量の出力まで生成します。 組織がOCからの出力を超えたい場合、SAC2よりもSAC3で生産することが有益です。

したがって、長期的には、組織は、特定の出力で最小コストが発生するプラントを使用する選択肢があります。 LACは、さまざまなレベルの出力を生成するための可能な限り低い平均コストを示します。 LAC曲線は、短期の平均コスト曲線の最低コストを結合して得られます。

最初に下降してから上昇するため、U字型の曲線になります。 スケールへのリターンもLTCとLACに影響します。 スケールに戻るとは、入力の変化に伴う組織の出力の変化を意味します。 長期的には、生産のすべてのインプットの変化に対してアウトプットが変化します。

スケールトゥリターン(IRS)が増加する場合、組織は2倍未満の入力を使用して出力を2倍にできます。 LTCの増加は出力の増加よりも小さいため、LACは低下します。 一定のスケールリターン(CRS)の場合、組織は入力を2回使用して出力を2倍にできます。

LTCは出力に比例して増加します。 したがって、LACは一定になります。 一方、スケールトゥリターン(DRS)が減少する場合、組織は入力を2回以上使用して出力を2倍にすることができます。 したがって、LTCは出力の増加よりも増加します。 その結果、LACが増加します。

図12は、スケールリターンによるLACへの影響を示しています。

図12に示すように、最大​​Mまで、LACは下向きに傾斜します。 これは、この段階でIRSが適用されるためです。 一方、Mでは、LACは一定になります。 Mの後、LACは上方に傾斜し、DRSを意味します。

3.長期限界費用

長期限界費用(LMC)は、すべての入力が変動する場合に、商品の追加単位を生産する追加費用として定義されます。 このコストは、短期の限界コストから導出されます。 グラフでは、LMCはLACとSACの接点から導き出されます。

LMC曲線は、図-13から学習できます。

垂線がそれぞれポイントA、B、およびCから描画される場合。 その後、それぞれP、Q、RでSMC曲線と交差します。 P、Q、およびRを結合すると、LMC曲線が描画されます。 LMCがLACに正接している場合、LMCはSMCと等しいことに注意してください。

図-13では、OBは次の場合の出力です。

SAC 2 = SMC 2 = LAC = LMC

次のようにLMCとLACの関係を描くこともできます。

LMC <LACの場合、LACは低下します

LMC = LACの場合、LACは一定です

LMC> LACの場合、LACは上昇します

 

コメントを残します