経済発展における農業の役割| 経済

農業は、発展途上国の経済発展において重要な役割を果たしています。 発展途上国の人口の大半は農業から生計を立てているため、経済発展における農業の役割は重要です。 以下に農業の役割を詳細に説明し、農業が国の経済成長にどのように貢献できるかを指摘します。

農業の経済発展への貢献は、6つのカテゴリーに分類されています。1.製品貢献2.要因貢献3.市場貢献4.外国為替貢献5.農業および貧困緩和6.雇用創出への農業の貢献。

1.製品の貢献:

発展途上国のほとんどは、人口が消費する食物を提供するために独自の農業に依存しています。 ただし、例外はほとんどありません。 マレーシア、南サウジアラビアなどの一部の国では、天然資源に基づいて大量の輸出が行われているため、十分な外貨を獲得して国民に食料を輸入することができます。 しかし、ほとんどの発展途上国は、人々を養うために穀物を輸入するのに必要な外貨収入を持っていないため、人々の消費ニーズを満たすのに十分な食料を生産するために独自の農業に頼らなければなりません。

これらの発展途上国の農民は、必要な食料を都市人口に提供するために、自給自足以上の食料を生産しなければなりません。 産業部門とサービス部門が成長しなければならない場合、それらに雇用されている労働力の食料要件は、農民の市場性のある余剰によって満たされなければなりません。 産業部門とサービス部門がさらに発展するにつれて、農業生産性と生産も上昇し、増加する産業労働力を供給して産業発展を維持しなければなりません。

産業の発展により、農業の生産性が十分に上昇せず、十分な外国為替が利用できないために穀物の輸入ができない場合、貿易条件は産業部門に大きく反し、いくつかの成長モデルが指摘するように工業生産が不採算になるため、成長プロセスは最終的に停止します。

その結果、経済は定常状態に達するでしょう。 その上、経済成長のロストウのモデルによると、経済発展の離陸段階の前に農業革命がなければなりません。 実際のところ、英国が産業革命を起こした最初の国となったのは、英国が農業革命を起こしたという事実です。 農奴制の廃止と囲い込みの動きにより、農業生産性が大幅に向上し、農業が増加する産業労働力を養うのに十分な食料を提供できるようになりました。

ここでは、市場性のある余剰の概念に言及する価値があります。 市場性のある余剰とは、農産物とそれを生産する農民の自給ニーズの差です。 この市場性のある余剰は、産業部門の拡大に使用される農業人口から抽出されなければなりません。

農業生産性が上昇しない場合、強制成長を通じて農家から市場性のある余剰が抽出された明治維新(1869年)の時のように、一部の国では産業成長のための市場性のある余剰が強制を通じて得られました。 より顕著に、1920年から21年にスターリンの集団化スキームの間に、市場の余剰がクラーク(富裕な土地所有者の小集団)から強制的に集められました。

2.要因貢献:

農業の経済発展へのもう1つの貢献は、産業成長のために2つの重要な要素、労働と資本を提供することです。 発展途上国の農業セクターの規模は非常に大きく、人口の約60%が農業に従事しているため、産業およびその他の非農業セクターで雇用されるかなりの量の労働者を解放することができます。 しかし、生産性が上がると、農業は産業開発のために労働者を解放することができます。

ルイス「無制限の労働供給の開発モデル」では、近代産業セクターの拡大と資本蓄積のための農業における余剰労働力(すなわち、偽装失業者)の動員は、拡大する産業での雇用のためになされなければならない。 労働者の賃金が低ければ低いほど、産業部門のコストは低くなり、それは産業家に大きな利益をもたらし、さらなる産業発展と資本蓄積のために耕すことができます。

しかし、インドのような民主主義国では強制が排除されているため、農業生産性の上昇、したがって市場性のある余剰の増加があれば、産業部門で使用するための農業からの労働者の解放を達成できます。 したがって、前世紀の60年代半ば以降、グリーン革命技術の結果として農業生産性が向上し、安価な労働力を使用して東南アジアの発展途上国が産業成長のための農業市場余剰を生み出してきました。農業から。

資本のソース:

農業はまた、発展途上国の産業成長のための主要な貯蓄源または資本源となり得る。 貧しい発展途上国でさえ、農業からの収入が不均等に分配されるため、収入の多い農村部の人々は貯蓄を産業開発に投資することができます。 イギリスでは、産業革命の時点で、裕福な地主が自発的に貯蓄の一部を成長産業に投資していました。 それに加えて、小規模農家は農村部で活動している銀行に小額の貯金を預け、これらの銀行は投資目的で産業家に融資を提供できます。

政府は、農業部門に課税することにより、農家から貯蓄を引き出すこともできます。 日本では、資本蓄積のために貯蓄を動員するために農業に課税されました。 インドでは、農業からの土地収入は国家収入のごくわずかな源でした。 故KNラジ博士が率いる委員会は、経済発展のために農業からの貯蓄を動員するために「農業保有税」を推奨しました。

農業への課税は州の主題であるため、農業保有税または農業所得税を徴収した国はありません。 したがって、インドでは農業が課税対象のままです。 しかし、国有化された銀行の支店の拡大に伴い、農民は自発的にこれらの銀行に貯蓄を預けており、銀行は国の産業成長のために貸し付けることができます。

3.市場への貢献:

農業の市場貢献は、工業製品の需要を意味します。 都市部門が非常に小さく、輸出市場がまだ見つかっていない開発の初期段階では、開発途上国の農業部門が工業製品の主要な需要源または市場です。 農民はしばしば砂糖、ジュート、綿などの換金作物を生産し、その販売から工業製品に使うことができるお金の収入を得る。 また、市場で穀物(穀物や豆類)の余剰がある農民は、市場でそれらを販売し、そこから工業製品の需要源となるお金の収入を得ています。

工業製品の市場または需要が拡大しない限り、工業成長率を高くすることはできません。 インドでは、農業の成長が鈍化またはマイナスになると、工業製品の需要が不足するため、工業部門が停滞することがわかっています。 農業の生産性と生産の増加は、製造された商品とサービスの国内市場の増加を引き起こし、それによって経済発展の速度を速めます。 1979年の世界開発報告書によると、「購買力の低い停滞した農村経済は、多くの発展途上国の産業成長を妨げています。」

実際、農業と産業の間には相互関係があります。 農業はさまざまな工業製品の需要源であるだけでなく、食品や原材料(サトウキビ、ジュート、綿、油糧種子など)を工業に供給しています。 それに加えて、もみがら、製糖、製油、手織りなどの農業を基盤とするさまざまな産業も、原材料の供給を農業に依存しています。 したがって、農業の成長が鈍い場合、これらの農業ベースの産業は、必要な原材料の供給を受けられません。

現在開発されている経済の家計調査では、開発の初期段階で、農業生産の大幅な増加をすでに経験した国で産業革命が起こったことが示されています。 一方、農業を無視し(第2次および第3次5カ年計画のインド)、投資資源の大部分を産業部門に割り当てた開発途上国は、すぐに食糧不足、インフレ、国際収支の問題に直面しました。 したがって、ジャン・ウェルブロークとイルマ・アデルマンは次のように書いています。 」

上記から、急速に成長している農業部門が産業の急速な成長の前提条件であることになります。 しかし、これは、工業製品に対する農産物の価格設定、つまり、農業と工業の間の貿易条件に影響を及ぼします。 農産物の価格を下げると、食品や原料が安くなり、生産コストが下がり、収益性が上がるため、産業に適しています。 一方、農民にとっては、農産物価格が低いため、収入が減り、工業製品を購入する購買力が低下します。

それに加えて、農業価格の低下は、農業生産性を向上させる阻害要因となります。 したがって、農業価格が高すぎて工業生産が不採算にならないように、農業と産業の間の貿易のバランスをとる必要があります。 農産物の生産量を増やすためのインセンティブを農家に提供するために、農産物価格も低すぎてはなりません。

50年代前半には、一部のエコノミストは、固定収入の獲得を目指しているため、ファンは農業価格の上昇に積極的に反応しないと考えていました。 この見方によれば、農民は農産物価格が高いため、農産物の生産と供給が少ない。 つまり、この観点によれば、農業生産物の供給曲線は後方に曲がっていた。 したがって、農業生産を高めるためのこの観点によれば、農業価格は低水準に維持されるべきです。

この見解は誤った前提に基づいているため農業に多大な損害を与え、一部の開発途上国によるこの見解の実施は、農業生産のより高い成長を達成する方法を妨げていた。 現在、実証的証拠は、農民が農産物価格の上昇に積極的に対応していることを明確に示しています。 小麦と米の最低支援価格(MSP)が政府によって引き上げられた最近(2012-13、2013-14)のインドの場合でさえ、農家は小麦と米の生産量を増やしただけでなく、 2012-13年と2013-14年の大規模。

これにより、インドは誰も夢にも思わなかった世界最大の米の輸出国となりました。 農民がインセンティブ価格に積極的に対応していることは、インドや他の発展途上国の農民が緑の革命技術(つまり、肥料と農薬に加えて種子のHYVを使用)を採用したという事実によっても示された。インセンティブとして提供されました。

4. 外国為替の貢献:

農産物の輸出は、外国為替収益の源にもなります。 産業部門がまだあまり発展していない開発の初期段階では、農業は一次産品の輸出による外貨収入の源泉です。

経済発展の初期段階にある発展途上国では、工業開発のための輸入の要件を満たすために、外国為替の不足または「外国為替ギャップ」と呼ばれるものがしばしば発生します。 外国為替の収益に貢献することにより、発展途上国は、国内で生産できない、またはより高い機会費用で生産できる、産業の成長に必要な輸入品にアクセスすることができます。

このように、農業は産業原料の輸入に必要な外国為替と産業の拡大に必要な資本財を獲得することにより、経済発展に大きく貢献することができます。 外国為替の欠如は、成長プロセスに対する大きな制約として機能します。 したがって、インドでは、第2および第3次5か年計画(期間1956〜1966)のように、投資資源の配分において農業が比較的軽視され、食料さえ輸入でき、また入手可能性がないため、成長プロセスは停止しました十分な外貨収入があるため、国際収支の問題が発生し、産業成長に必要なインプットさえ輸入することが困難になりました。

5.農業と貧困の緩和:

貧しい人々の大半は農村部に住んでいます。 60年の独立後も、インドの農村部の人口の約40%が貧困線以下の生活を送っており、その大部分は小規模で限界的な農民、土地を持たない農業労働者、計画的キャストおよび部族で構成されています。 特に、インド計画委員会の前副議長であるモンテク・シン・アルワリアは、農業の成長とともに貧困が減少することを示しています。

貧困撲滅の戦略では、農業の成長が重要な役割を果たします。 農業の成長は、小規模で限界的な農家の生産性と収入を高め、農業労働者の雇用と賃金を高めます。 これにより、貧困と偽装失業の削減に役立ちます。 それに加えて、農業生産性の向上は食料価格の低下につながり、インフレを抑制し続け、貧困の削減にも貢献します。

6.雇用創出への農業の貢献:

労働余剰発展途上国の主要な成長モデルでは、特に顕著なのは、労働の無制限供給による成長の「ルイス」モデル、基本的および重工業に高い優先度を割り当てるマハラノビスの成長モデルであり、農業からの余剰労働力の撤退を視覚化した拡大する産業部門で採用されています。 しかし、経験的証拠は、余剰労働力を農業から引き揚げるどころか、資本集約的である現代の産業部門は、都市部ですべての公然失業者を雇用するのにも不十分な雇用機会をほとんど生み出さないことを示しています。

農業成長の適切な戦略が追求されれば、農業成長には良い雇用の可能性があることがわかっています。 HYV種子、肥料、農薬の使用に代表される新しい農業技術は、最適な量の灌漑用水の使用とともに、農業雇用の拡大につながります。 これらの高収量技術の投入により、農民は雇用の可能性が高い複数の作付けを採用することができます。

必要なのは、灌漑施設や農業のための他のインフラストラクチャーの拡張のための資本投資の増加であり、それによりインド中の農家は新しい高収量技術から利益を引き出すことができます。 インドの農村経済における新しい高収量技術の広範な普及により、農業生産性と雇用が向上します。 ただし、農業成長の完全な雇用の可能性を実現するには、農業の無謀な機械化を避ける必要があります。 また、農業での雇用を増やすには、小規模農家がより多くの労働力を雇用し、より大きな作付け強度とより高い生産性を備えているため、テナントの改革や土地保有に上限を課すことによる土地の分配などの土地改革を効果的に実施する必要があります。

「Irma Adelman and Jean Waelbroeck」は、単に農業生産性を向上させ、より急速な成長を達成するために、より多くの投資を農業部門に配分することを主張した、単に「ADLI Strategy」と呼ばれる「農業開発主導の工業化戦略」と呼ばれる戦略を提案しました。 それらを引用すると、「現在の初期条件と現在の低成長世界環境において、「農業開発主導型工業化(ADLI)戦略」は、経済成長率の向上、所得分配の改善、工業化の迅速化とバランスの強化につながります。純粋に輸出主導の成長戦略の継続よりも支払いの方が多い。

ADLI戦略の好ましい結果の主な理由は次のとおりです。

(1)需要と投入の両方の側面を介した、農業と製造業との強力な国内リンクは、農業生産の高い国内需要乗数をもたらす。

(2)農業への投資は、産業への投資よりも輸入集約的ではなく、労働集約的であり、農業生産も同様です。

(3)農業への投資に対する収益率は、産業への投資の収益率と同じか、それを上回っています。

 

コメントを残します