7事業会社の主な目的

以下の点は、企業の7つの主な目的を強調しています。 目標は次のとおりです。1. 利益の 最大化 2. 複数の目標3. マリス成長の最大化4. Baumolの販売の最大化5. 出力の最大化6. セキュリティ利益7.満足度の最大化。

事業会社:目標#1。

利益の 最大化

企業の従来の理論では、企業の主な目的は利益の最大化です。 与えられた味と技術の仮定の下で、完全な競争の下で与えられた製品の価格と生産高は、利益を最大化するという唯一の目的で決定されます。 会社は、製品の市場価格に影響を与えられない多数の生産者の1つとして行動することになっています。

それは、価格を決める人と数量を調整する人です。 したがって、企業の製品の需要とコストの条件は、企業外部の要因によって決定されます。 この理論では、最大利益とは、平均生産コストを上回る余剰である純粋な利益を指します。 経営者の賃金を含む生産のすべての要素に支払いを行った後に起業家に残された金額です。

言い換えれば、それは彼の通常の利益以上の残余収入です。 起業家がビジネスにとどまるには、必要な支払いです。 利益最大化のルールは、(1)MC = MRおよび(2)MCはMRを下からカットする必要があります。

事業会社:目標# 2。

複数の目的

新古典主義企業と現代企業の目的の違いの根拠は、利益最大化の目的が起業家の行動に関連しているのに対し、現代の企業は株主と管理者の役割が異なるため、異なる目的によって動機付けられているという事実から生じています。 後者では、株主は経営者の行動に実質的に影響を与えません。

早くも1932年に、ベルとミーンズは、経営者は株主とは異なる目標を持っていることを提案しました。 彼らは利益の最大化には興味がありません。 彼らは、株主の利益ではなく、彼ら自身の利益のために企業を管理します。 株主は企業に関する十分な情報を持っていないため、経営者に大きな影響を与えることはできません。

株主の過半数は、企業の年次総会に出席することができないため、取締役に委任状を渡します。 したがって、現代の企業は、簡単に説明する販売の最大化、出力の最大化、ユーティリティの最大化、満足度の最大化、および成長の最大化に関連する目標に動機付けられています。

a。 サイモンの満足目標

ノーベル賞を受賞したハーバートサイモンは、企業の行動理論を提唱した最初の経済学者でした。 彼によると、同社の主な目的は利益を最大化することではなく、満足または満足のいく利益を得ることです。

サイモンの言葉で:

「企業の目標は、利益を最大化するのではなく、市場の特定のシェアまたは特定のレベルの売上を保持する特定のレベルまたは利益率を達成することです。」不確実性の条件下では、企業は利益が最大化されているかどうかを知ることができませんか否か。

サイモンは、企業の行動を分析する際に、組織の行動と個人の行動を比較します。 彼によれば、企業は個人のように、そのニーズ、意欲、目標の達成を維持するという願望レベルを持っています。

同社は、特定の最小または「目標」レベルの利益を達成することを目指しています。 その願望レベルは、生産、価格、販売、利益などのさまざまな目標、および過去の経験に基づいています。 これには、将来の不確実性も考慮されます。 吸引レベルは、満足できる結果と不満足な結果の境界を定義します。

これに関連して、企業は次の3つの代替状況に直面する可能性があります。

(a)実際の達成度は、目標レベル未満です。

(b)実際の達成度は吸引レベルよりも大きい。 そして

(c)実際の達成度は、吸引レベルに等しい。

第1の状況では、実際の達成度が目標水準より遅れている場合、それは経済活動の大幅な変動または企業の業績水準の定性的悪化による可能性があります。

2番目の状況では、実際の達成度が目標レベルよりも高い場合、企業はその称賛に値するパフォーマンスに満足しています。 同社はまた、実際のパフォーマンスが目標レベルと一致する3番目の状況でも満足しています。 しかし、会社は最初の状況では満足していません。

同社はその願望レベルを非常に高く設定している可能性があります。 そのため、将来的に目標レベルを達成するために、下方に修正し、さまざまな目標を達成するために検索アクティビティを開始します。 同様に、企業が吸引レベルを達成できると判断した場合は、上方修正されます。 このような検索活動を通じて、企業は意思決定者が設定した目標レベルに到達することができます。

検索プロセスは、過去の経験と経験則をガイドラインとして使用して、一連の可能な代替案を通じて実行できます。 しかし、検索アクティビティは費用のかかるものではありません。 「検索アクティビティの利点とそのコストのバランスをとる必要があります。検索が満足のいく一連の行動であると判明した場合、当面は放棄されます。 このように、企業の願望レベルは、状況とそれらに対する企業の反応に定期的に適合します。 企業は最大化されていません。これは、一部コストのために、検索活動が制限されているためです。 同社は、合理的に行動しながら、最大化するのではなく「満足」しています。」

批判:

この理論にはいくつかの弱点があります。

1.サイモンの満足する理論の主な弱点は、彼が企業が到達することを目指す利益の「目標」レベルを指定していないことです。 それが知られていない限り、利益の最大化と満足の目標の間の対立の正確な領域を指摘することはできません。

2. BaumolとQuantは、Simonの「満足」という概念に同意しません。 彼らによると、それは「制約のみで最大化なしの制約付き最大化」です。

これらの弱点にもかかわらず、サイモンのモデルは後の行動モデルが開発された最初のモデルでした。

b。 組織目標の行動理論

CyertとMarchは、会社の体系的な行動理論を発表しました。 現代の大規模な多製品企業では、所有権は管理とは別のものです。 ここでは、企業は起業家による利益最大化という単一の目標を持つ単一のエンティティとは見なされません。

代わりに、CyertとMarchは、モデムビジネス会社を、複数の目標を持つ内部構造に関連する意思決定プロセスに携わっている個人のグループと見なしています。 彼らは、現代のビジネス会社は非常に複雑であるため、社内の個人は、内部および外部の両方の開発に関して限られた情報と不完全な先見性を持っていると強調しています。

組織の目標

CyertとMarchは、現代の企業を複雑な組織と見なし、組織の目標、期待、選択に影響する変数で意思決定プロセスを分析する必要があります。 彼らは、会社を管理者、労働者、株主、サプライヤー、顧客などの組織的な連合体と見なしています。

この角度から見ると、会社は生産、在庫、販売、市場シェアと利益の目標という5つの異なる目標を持っているはずです。

価格行動に対するCyert-Marchモデルの意味

彼らは、価格、生産、コスト、利益などを決定する際にoligo占企業で働く主要なプロセスを示しています。この理論では、各企業は利益、生産、販売、および各期間における価格、生産量、販売努力についての基本的な決定。

過去の経験を反映する各期間の初めの会社の環境を考慮します。 その経験に基づいて、その吸引レベルが変更されています。 組織のたるみは、利用可能なリソースの合計と連合のメンバーへの必要な支払いの合計との差です。

価格は、組織のスラックの量の増減に影響する要因、販売促進への支出の実行可能な削減、および利益目標の変更に影響されます。

各企業は、需要と生産コストを推定し、生産レベルを選択すると想定されています。 この出力レベルが希望するレベルの利益をもたらさない場合、コストを削減し、需要を再評価し、必要に応じて利益目標を下げる方法を探します。

会社が利益目標を下げる準備ができていれば、価格を容易に下げることができます。 したがって、価格は、価格、コスト、利益の密接な関係により、コストに影響する要因に敏感であることがわかります。

批判:

会社のCyert and March理論は、次の理由で厳しく批判されています。

1.エコノミストは次のように疑問を呈しています。「それはまったく理論なのか? 理論は企業の行動の一般的な近似であると予想されるのに対して、特定のケースを扱います。 その経験的根拠は、理論化の詳細を提供するには制限されすぎています。 したがって、それは会社の理論として失敗します。

2.行動理論は複占企業に関連し、市場構造の理論としては失敗します。

3.理論は、参入条件や、企業による潜在的な参入の脅威の既存企業の行動への影響を考慮していません。

4.行動理論は、企業の短期的な行動を説明し、企業の長期的な行動を無視します。

結論:

これらの批判にもかかわらず、CyertとMarchの行動理論は、経営上の意思決定において複数の変化する許容可能な目標に焦点を当てる会社の理論への重要な貢献です。

c。 ウィリアムソンのユーティリティ最大化

ウィリアムソンは、利益の最大化に対する管理ユーティリティの最大化目標を開発しました。 それは経営理論の一つであり、「経営裁量論」としても知られています。 大規模なモデム会社では、株主と管理者は2つの別個のグループです。 前者は、投資に対する最大限の収益を求めているため、利益の最大化を望んでいます。

一方、マネージャーは、ユーティリティ機能で利益最大化以外の考慮事項を持っています。 したがって、管理者は自分の感情表現だけでなく、スタッフの規模とその支出にも関心があります。

このように、ウィリアムソンの理論は、管理者の効用の最大化に関連しています。これは、スタッフと報酬と裁量基金への支出の関数です。 「資本市場と製品市場の競争からの圧力が不完全である限り、管理者は利益以外の目標を追求する裁量を持っています。」

マネージャーは、さまざまな変数からユーティリティを導き出します。 このため、ウィリアムソンは経費選好の概念を導入しています。 これは、「管理者が、個人的に利益を得る品目への不必要な支出に会社の潜在的な利益の一部を使用することで満足を得ること」を意味します。

電力会社の最大化という目標を達成するために、マネージャーは次の3つの方法で会社のリソースを管理します。

1.マネージャーは、スタッフを増やし、給与を増やしたいと考えています。 「より多くのスタッフが評価されるのは、マネージャーがより多くの給与、名声、セキュリティを獲得することにつながるからです。」マネージャーによるこのようなスタッフの支出はSで示されています。

2.マネージャーは、ユーティリティを最大限に活用するために、美人秘書、社用車、多すぎる会社の電話、従業員の「特典」などの「羽毛寝具」に夢中になります。

3.マネージャーは、自分の心に近い会社のプロジェクトを推進または促進するための投資を行うための「裁量基金」を設立することを好みます。 裁量的利益または投資(D)は、会社の効果的な管理を維持するために、株主に税金と配当を支払った後、マネージャーに残るものです。

したがって、マネージャーのユーティリティ関数は

U = f(S、M、D)。

ここで、Uは効用関数、Sは人件費、Mは管理スラック、Dは任意投資です。 これらの決定変数(S、M、およびD)は正の効用をもたらし、企業は常に制約、S 3О、M 3О、およびD 3 Oに従って値を選択します。ウィリアムソンは限界効用の減少の法則が適用されると仮定しますS、M、およびDのそれぞれに追加が行われると、マネージャーに対するユーティリティの増分が小さくなります。

ウィリアムソンの効用最大化理論を図式的に説明するために、単純化のために

U = f(S、D)

したがって、図1の裁量利益(D)は縦軸に沿って測定され、人件費(S)は横軸に測定されます。FCは、マネージャーが使用できるDとSの組み合わせを示す実行可能性曲線です。 それは利益スタッフ曲線としても知られています。 UU 1およびUU 2は、DとSの組み合わせを示すマネージャーの無差別曲線です。

まず、ポイントFから利益スタッフ曲線に沿って上に移動すると、ポイントPに達するまで利益と人件費の両方が増加します。

Pは、企業の利益最大化ポイントです。SPは、OSスタッフの支出が発生したときの最大利益レベルです。 しかし、企業の均衡は、マネジャーが可能な最高の効用関数UU 2と実行可能性曲線FCが互いに接する接点Mを選択したときに起こります。 ここでは、マネージャーのユーティリティが最大化されています。

裁量利益OD(= S 1 M)は、利益最大化利益SP未満です。 ただし、OS 1のスタッフエモリメントは最大化されています。 しかし、ウィリアムソンは、フィージビリティーカーブに影響を与えることにより、税金、ビジネス環境の変化などの要因が、図1のMのように最適な接点をシフトする可能性があると指摘します。同様に、スタッフ、感情、株主の利益などの要因。ユーティリティ関数の形状を変更することにより、最適な位置がシフトします。

批判:

しかし、このモデルにはいくつかの概念的な弱点があります。

1.彼は、実現可能性曲線の導出の基礎を明確にしていない。 特に、実行可能性曲線の形状が示すように、彼は利益とスタッフの関係に制約を示していません。

2.彼は、ユーティリティ曲線でスタッフとマネージャーの感情をまとめます。 マネージャーの非金銭的および金銭的利益のこの混合は、ユーティリティ機能を曖昧にします。

3.このモデルは、oligo占的な相互依存とoligo占的な競争を扱っていません。

事業会社:目標# 3。

マリス成長最大化

ロビン・マリスは彼の著書「経営的」資本主義の経済理論(1964)で、会社の理論を最大化する動的な均衡成長を開発しました。 彼は現代の大企業は経営者によって管理され、株主は企業の経営について決定する所有者であるという提案に集中しています。

経営者は企業の成長率の最大化を目指しており、株主は配当と株価の最大化を目指しています。 このような成長率と企業の株価の間にリンクを確立するために、Marrisは、マネージャーが企業の売上、利益、資産などが成長する一定の成長率を選択するバランスの取れた成長モデルを開発します。

彼がより高い成長率を選択した場合、彼はより多くの需要と新製品を生み出すために広告と研究開発により多くを費やさなければなりません。

したがって、彼は会社の拡大のために総利益のより高い割合を保持します。 その結果、配当の形で株主に分配される利益が減少し、株価が下落します。 会社の買収の脅威は、経営者の間で大きく現れます。

経営者は雇用の安定性と会社の成長を懸念しているため、株式の市場価値を最大化する成長率を選択し、株主に十分な配当を与え、会社の買収を回避します。

一方、所有者(株主)は、資本の公正な収益を確保するため、企業のバランスの取れた成長も望んでいます。 したがって、経営者の目標は会社の所有者の目標と一致する可能性があり、両者は会社のバランスの取れた成長を達成しようとします。

批判:

Marrisの成長最大化理論は、過度に単純化された仮定のために厳しく批判されてきました。

1. Marrisは、企業の価格構造を想定しています。 したがって、彼は、製品の価格が市場でどのように決定されるかを説明しません。

2.企業のoligo占的な相互依存の問題を無視している。

3このモデルでは、価格競争以外の競争によって生じた相互依存関係も分析されません。

4.モデルは、企業が新製品を作成することで継続的に成長できると想定しています。 企業は消費者に何も売ることができないため、これは非現実的です。 結局のところ、消費者は特定のブランドに対する好みを持っていますが、これは新製品が市場に参入したときにも変わります。

5.利益、売上、コストなどのすべての主要な変数が同じ割合で増加するという仮定は非常に非現実的です。

6.また、Marrisが想定しているように、企業が一定の割合で成長し続けることも疑わしい。 会社は今より速く成長し、その後ゆっくり成長する可能性があります。

これらの批判にもかかわらず、Marrisの理論は、企業が成長率を最大化する方法を説明する上で、企業の理論に重要な貢献をしています。

事業会社:目標# 4。

バウモールの 販売最大化

アメリカのoligo占企業に関するBaumolの調査結果は、彼らが売上最大化の目標を達成していることを示しています。 Baumolによれば、現代の企業では所有権と管理権が分離されているため、経営者は利益を犠牲にしても企業の売上を拡大しようとすることで名声と高い給与を求めています。

多くの企業のコンサルタントであるバウモールは、昨年のビジネスの経緯を尋ねられたとき、ビジネスマネージャーはしばしば「当社の売上は最大300万ドルだった」と答えていると述べています。 したがって、Baumolによれば、利益の最大化ではなく、収益または売上の最大化は、企業の実際の行動と一致しています。

バウモールは、短期的な収益の最大化が長期的な利益の最大化と一致する可能性があることを示唆する証拠を引用しています。 しかし、販売の最大化は、経営の短期的および長期的な目標と見なされます。 販売の最大化は手段であるだけでなく、それ自体が目的です。 彼は、多くの議論が彼の理論の支持であると述べています。 彼によると、企業は売り上げの大きさを非常に重視しており、売り上げの減少を非常に懸念しています。

企業の売上が減少している場合、銀行、債権者および資本市場は、企業に資金を提供する準備ができていません。 独自のディストリビューターやディーラーは、それに興味を失うかもしれません。 消費者は人気がないために製品を購入しないかもしれません。 しかし、売り上げが大きい場合、企業の規模が拡大し、それが利益の増加を意味します。

Baumolのモデルを図2に示します。TCは総コスト曲線、TRは総収益曲線、TPは総利益曲線、MPは最小利益または利益制約線です。 会社は、TP曲線の最高点Âに対応する出力のOQレベルで利益を最大化します。 しかし、会社の目的は、利益ではなく売上を最大化することです。

その売上最大化出力は、総収益KLがTRの最高点で最大である場合、OKです。 この売上最大化出力OKは、利益最大化出力OQよりも高くなっています。 ただし、売上の最大化には最小利益の制約があります。

会社の最小利益レベルがラインMPで表されるとします。 最小利益OMは総利益KSでカバーされていないため、出力OKは売上を最大化しません。

売上を最大化するために、企業は最低利益をカバーするだけでなく、それと一致する最高の総収益も提供するレベルの出力を生成する必要があります。 このレベルは、最小利益DC(= OM)が価格DE / ODでの総収益のDE量と一致する出力のODレベル(つまり、総収益/総出力)で表されます。

批判:

会社の売上最大化目標は、多くの点で批判されてきました。 まず、ローゼンバーグは、売上を最大化するための利益制約の使用を批判しました。 彼は、企業に関連する利益制約を正確に指定し、Baumolの分析で売上最大化と最小利益制約を選択することは難しいことを示しました。

第二に、Baumolの理論で広告への支出が導入された場合、売上最大化の可能性が高まります。

しかし、Baumolのこの見方は現実的ではありません。広告の支出は、出力の増減に応じて増減するためです。

第三に、利益の制約を受ける販売最大化の目的は、「富の増加がどれだけ大きくなっても、企業は販売を犠牲にしない」ことを意味します。これらの批判にもかかわらず、販売最大化は追求されている重要な目的です事業会社によって。

事業会社:目標# 5。

出力の最大化

ミルトン・カフォルギスは、企業の目的として生産量の最大化を提案しています。 彼によると、「企業のパフォーマンスは物理的なアウトプットで直接測定されることが多いため、収益は二次的な地位を占めています。」したがって、カフォルギスは企業の目的として利益の最大化と収益の最大化の両方でアウトプットの最大化を好みます。

利益の最小レベルを考えると、企業はその出力を最大化することを望んでいます。 広告よりも生産を増やすことに資金を使います。 したがって、企業はより大きな生産量を生み出し、その売上高は売上最大化企業よりも少ない可能性があります。

批判:

Baumolの販売の最大化に対する出力の最大化に対するカフォルギスの強調は、企業の目的の十分な説明ではありません。 会社が売上の最大化を伴わずに単に出力の最大化を目指す場合、それは長く生き残る立場にないかもしれません。 両方の目的は、競争的というよりも補完的なものです。

第二に、企業がマルチプロダクト企業である場合、ラジオ、テレビ、時計などのさまざまな製品の出力をどのように追加できるか。 加算できるのは、各製品の売上高のみです。 これは売上の最大化に他なりません。

事業会社:目標# 6。

セキュリティ利益

ロスチャイルドは、企業は利益の最大化ではなく、セキュリティ利益の欲求によって動機付けられているという見解を提示しています。 彼の言葉では、 「最大の利益への欲求、セキュリティの利益への欲求とおそらく同程度の規模の別の動機があります。」

ロスチャイルドは、利益最大化の目的に関する限り、企業の数が非常に多く、個々の企業がセキュリティの問題に直面していない完全競争または独占的競争の下でのみ有効であると主張しています。独占企業と。

しかし、oligo占の下では、企業は利益最大化によって動機付けられていません。 軍事戦略家のような市場で安全な地位を達成し、維持するために絶え間ない努力を続けています。

その安全性を高めたいという欲求は、地位の争いと、ライバルからの報復を誘発するほど低くはなく、また新規参入者を奨励するほど高くない価格の設定につながります。ロスチャイルドのセキュリティ利益の動機は、わずかに異なる服装で利益を最大化することにほかなりません。

事業会社:目標# 7。

満足度の最大化

Scitovskyは、企業の利益最大化目標よりも満足度の最大化を優先しています。 彼は、管理者の努力と、管理者が仕事に対して持つ嫌悪感に関心を持っています。 彼によると、より多くの収入とより多くの余暇の選択が彼の収入と無関係である場合にのみ、起業家は利益を最大化するだろう。 言い換えれば、起業家精神の供給は所得の弾力性がゼロであるべきです。

しかし、起業家は利益の最大化を目指していません。 彼は満足度を最大化し、努力と成果を最大利益のレベル以下に保ちたいと考えています。

これは、収入(利益)が増加するにつれて、努力よりもレジャー(出力)を好むためです。Scitovskyの満足度仮説の最大化は、NPが純利益(収入)曲線であり、TR曲線とTC曲線の差です。分析を簡素化するために描かれていません。 したがって、利益は垂直軸で測定されます。

管理努力と出力が比例出力であると仮定すると、水平軸に沿ってPからОに向かって測定され、ポイントPでの出力はゼロになります。 努力が増えると余暇が少なくなり、逆もまた同様であるため、余暇はОからPへの水平軸でも測定されます。

曲線L 1およびL 2は、起業家の無関心曲線であり、お金の収入(利益)と余暇を組み合わせた満足度を表します。

起業家の満足度は、純利益曲線が無関心曲線に接する出力レベルで最大になります。 図では、Mは純利益曲線NPが彼の無関心曲線L 2に接する最大満足点です。 彼はPQ 1出力を生成します。

このレベルの出力は、利益最大化出力PQよりも低くなります。 PQ 1出力レベルでの企業家の利益Q 1 M 1も、PQレベルの出力での最大利益QMを下回っています。 利益のレベルであるQ 1 M 1で、起業家は、利益最大化(OQ)で享受するよりもQQ 1多いOQ 1レジャーを楽しむため、満足度を最大化します。

批判:

シトフスキーは、まず満足度最大化理論の2つの弱点を指摘しています。 起業家の仕事への意欲は収入とは無関係であると仮定するのは非現実的です。 起業家がお金を稼ぐという野望は、収入の増加によって弱まることはありません。

第二に、起業家が彼の満足度を最大化すると言うことは完全に一般的な声明であり、彼の心理学や行動については何も述べていません。 したがって、それは単なる真実であり、経験的な内容はありません。

 

コメントを残します