価値:使用価値と交換価値

値は、商品の効用を意味します。 ただし、経済学では、「価値」という用語の意味はまったく異なります。

Adam Smithによれば、「value」という言葉は、「使用中の価値」と「交換中の価値」という2つの意味で使用できます。

これらについて以下で説明します。

使用中の値

それは商品の欲求を満たす力です。 商品の使用から得られる満足度は、使用価値として知られています。 たとえば、水はのどの渇きを癒し、それなしでは日常生活は不可能であるため、水は非常に有用です。 水の質は水の使用価値です。

価値交換

特定の物と引き換えに市場で入手できる商品とサービスの量です。 言い換えれば、市場で売買できるのは特定の商品の価格です。 たとえば、1ダースのバナナと引き換えに1キロの米を入手できる場合、1キロの米の価値は1ダースのバナナに等しいと言えます。

したがって、交換価値は次の2つのことに依存します。

(i)時間:

交換価値は時間要素に依存します。 つまり、時間価値の変化により、ある商品と他の商品との交換における交換が異なります。

(ii)場所:

価値の交換も場所によって異なります。 特定の商品の交換価値は、市場ごとに異なります。 したがって、時間と場所によって異なります。 繰り返しますが、1つの商品には莫大な使用価値がありますが、交換価値はありません。 たとえば、水には大きな価値がありますが、交換価値はありません。 それどころか、ダイヤモンドには大きな交換価値がありますが、使用価値はありません。

 

コメントを残します