生産の経済均衡レベルの決定| マイクロ経済学

生産の経済均衡レベルの決定!

生産量(AS)が需要量(AD)に等しい場合、生産量は均衡状態にあります。

C + Iで表される総需要が総生産量に等しい場合、経済は均衡状態にあります。

(a)生産物の均衡水準の決定:

短期の固定価格では、生産の均衡レベルは、事前の総需要のレベルによってのみ決定されます。 どうやって? この理論の説明を簡単にするために、特定の仮定が行われ、

(i)経済は過剰な供給または需要の力に対応するのに時間がかかるため、短期的には最終財の価格は一定(固定)であると想定される

(ii)理論は短期的にのみ適用可能

(iii)供給は完全に弾力的です。つまり、供給者は、所定の価格で、消費者が要求するあらゆる量の商品を供給しようとします。

(iv)政府も対外貿易も想定しない2セクター(世帯と企業)経済です。

このような状況では、短期的には供給が一定の価格で無限に弾力的である場合、均衡生産は経済におけるその価格での需要の総量によってのみ決定されます。 これは、効果的な需要の原則として知られています。 ここで、総供給は、短期的には出力のレベルを決定する上で比較的受動的な力です。 さて、問題は、固定価格での総需要をどのように導き出すかです。

(b)均衡生産と総需要の導出:

短期の固定価格では、最終財の事前総需要(AD)の値は、事前消費支出(C)と事前投資支出(I)の合計に等しくなります。つまり、AD = C + I効果的な需要原理の下では、最終財(Y)の均衡生産(総供給)は総需要(AD)に等しい、つまりY = ADです。

再びYは方程式で表されます:

 

コメントを残します