利益の最大化:理論と論争(図付き)

利益の最大化は、価格理論や生産理論などのさまざまな経済理論を定式化するために経済学者が使用する最も重要な仮定です。

従来のエコノミストによると、利益の最大化は組織の唯一の目的です。

したがって、利益の最大化は従来の理論の基礎となります。 組織の最も合理的で生産的なビジネス目標と見なされます。 これとは別に、利益の最大化は、さまざまな市場条件における価格や生産量などのさまざまな経済的要因の影響だけでなく、ビジネス組織の行動を決定するのに役立ちます。

事業組織の総利益(Π)は、総収入(TR)と総費用(TC)の差を取ることによって計算されます。

Π= TR – TC

総収益と総コストの差が最大の場合、利益は最大になります。 利益の最大化のために満たす必要のある2つの条件、つまり、1次条件と2次条件があります。

一次条件では、限界収益(MR)が限界費用(MC)と等しくなければなりません。 限界収益は、最後の生産単位の販売から得られる収益として定義されますが、限界費用は、生産の追加単位の生産により発生する費用です。 TR関数とTC関数の両方には、出力レベル(Q)である共通変数が含まれます。

一次条件は、利益の一次導関数がゼロに等しくなければならないことを示します。

Π= TR – TCを知っています

Qに関してその導関数をとると、

∂Π/∂Q=∂TR/∂Q–∂TC/∂Q= 0

この条件は、∂TR/∂Q=∂TC/∂Qの場合にのみ保持されます

∂TR/∂Qは、TR曲線の勾配を提供し、これがMRを提供します。 一方; ∂TC/∂Qは、MCと同じTC曲線の勾配を示します。 したがって、利益最大化の1次条件はMR = MCです。

2次条件では、MRが減少しMCが増加する場合に、1次条件が満たされる必要があります。

この状態を図-2に示します。

図-2に示すように、MRおよびMC曲線はTRおよびTC関数から導出されます。 図2から、MR曲線とMC曲線がポイントP1とP2で交差していることがわかります。 MRはポイントP2でMCより小さいため、ポイントP2で2次条件が満たされます。

数値的に、二次条件は次のように与えられます:

∂2Π/∂Q2=∂2TR/∂Q2—∂2TC/∂Q2

TR2TR /∂Q2—∂2TC/∂Q2<0

TR2TR /∂Q2<∂2TC/∂Q2

MRの勾配<MCの勾配

前述の式から、MCはMRまたはMCが下から交差する必要があるよりも急勾配である必要があると結論付けることができます。 したがって、利益は、一次と二次の両方の条件が満たされたときに最大化されます。

利益最大化をめぐる論争

従来の経済学の理論は、組織の唯一の目的として利益の最大化を想定しています。 ただし、現実の世界では、組織によって達成される他のさまざまな目的があります。 組織のその他の重要な目的には、売上の最大化、成長率の最大化、管理ユーティリティ機能の最大化、市場シェアの維持が含まれます。

これとは別に、従来の理論では、組織がビジネス環境、需要、コスト条件について完全な知識を持っていると仮定しています。 しかし、現代のエコノミストによると、組織はビジネス環境に関する完全な知識を持っていないため、価格と生産の決定は確率に基づいています。

利益の最大化に反対する議論は、利益の理論がビジネス組織にとって関連性がない、または重要性が低いことを意味するものではありません。 エコノミストは、利益の最大化を組織の重要なビジネス目標の1つと考えています。 したがって、彼らは利益最大化の重要性に言及する特定の仮説を立てました。

これらの仮説を図-3に示します:

利益の最大化を支持する経済学者によって与えられた仮説(図3を参照)は、次のように説明されています。

私。 利益は組織の生存に不可欠です。

利益は組織の成功に必要な条件として機能することを意味します。 利益が達成されると、組織はそれを最大化しようとします。 組織が生み出したより高い利益は、組織のさらなる成長と発展に役立ちます。

ii。 利益は他の目的の達成に役立ちます。

組織の代替目標、成長率の最大化、売上の最大化、高い市場シェアを利益の助けを借りて達成できることを意味します。

iii。 利益の最大化には、より大きな予測力があります。

利益は、組織の行動の特定の側面を予測するための強力な基盤として機能することを意味します。

iv。 利益は組織の効率性の尺度として機能します。

利益が組織の効率の最も信頼できる尺度であることを意味します。 組織の内部財務の主要なソースとして機能します。 ある調査によると、先進国では、内部資金源が総利益の4分の3以上を占めています。

 

コメントを残します