独占対独占的競争(図付き)

独占と独占の競争の比較分析は、次の側面で行われました。

1.製品の性質:

独占のもとでは、生産された製品は均質であってもなくてもよい。 しかし、独占的な競争の下では、常に製品の差別化が行われます。

2.買い手と売り手の数:

独占では、多くの買い手がいますが、売り手は1人だけです。 一方、独占的な競争下では、製品の密接な代替品があるため、製品の売り手が多くいます。

3.出入り:

独占の下では、新規企業の参入には強い障壁があります。 一方、独占的な競争の下では、新しい企業が市場に参入し、市場から撤退する可能性があります。 しかし、それは短期的にではなく、長期的にのみ可能です。

4.知識の程度:

独占では、売り手と買い手が市場活動に関する完全な知識を持っていると想定しています。 しかし、独占的な競争の下では、買い手と売り手の側の知識が不完全です。

5.収益曲線:

独占下では、ARとMRは異なります。 ARは価格を指し、MRは限界収益を指します。 これらの曲線は弾性が低くなります。 これは、売上(需要)のわずかな増加に対して、独占者が大幅に価格を引き下げなければならないことを意味します。 収益曲線の弾力性が低いことを意味します。 図15は、弾力性の低いARとMRを示しています。 独占的競争の下でも、収益曲線は異なりますが、この場合、収益曲線はより弾力的です。 それは価格の小さな下落を意味し、需要の大きな増加につながります。 図14は、独占的競争下のARとMRを表しています。

6.意思決定:

独占競争と独占競争の下では、企業は価格と生産の両方を同時に決定することはできません。 独占的な競争の下では、会社は販売コストにより多くを費やさなければなりません。 一方、独占下では、会社は販売コストに少額を費やさなければなりません。

7.利益の性質:

短期的には、独占的競争と独占的競争の両方で、企業は超正常利益、正常利益を享受するか、損失を維持することができます。 しかし、長期的には、独占的競争下にある企業は通常の利益しか享受できません。

独占的競争の利点:

独占的競争の利点に関して、この問題は多くの面で分析できます。

簡単な説明は次のとおりです。

1.経済的観点:

経済的側面から言えば、販売費はお金の流通速度を高め、雇用を増加させると主張されるかもしれません。 ここで、雇用を増加させるより安価で威厳のある方法があり、この議論は完全雇用の時代に完全に崩壊し、さらにインフレの時代にさらに崩壊することが指摘されました。

2.社会学的視点:

社会学的側面では、広告はそれ自体が娯楽と文化的価値を持ち、安価な雑誌、新聞、ラジオ、テレビという形でマスコミュニケーションを促進すると主張されるかもしれません。 ボールディング教授は、この価値の重要性も疑っています。 したがって、彼は「この議論を社会学者に任せてうれしい」と言った。

3.単調性に基づいて:

多くの論争と正直な疑念がこれらの問題を取り囲んでいました。 一部のエコノミストは、独占的な競争による無駄は実際には少ないと考えています。 他の人は、製品の差別化が消費者の多様性と幅広い選択に対する欲求を満たし、純粋な競争がどこにでもある場合、製品の均質性は低コストを意味すると主張します。 人生は退屈ではないでしょうか? 人口全員が制服を着て制服の兵舎に住むようになった場合、膨大な量のリソースが解放されますが、何のためですか?

異なる市場構造の比較:

 

コメントを残します