さまざまな市場での収益曲線(図付き)

ここで、さまざまな市場状況での収益曲線の性質を調べてみましょう。

(i)完全競争下の収益曲線:

完全競争とは、個々の買い手または売り手(市場)が市場で取引されたビジネス全体のごくわずかなシェアを表し、取引する商品の価格に知覚可能な影響を及ぼさない状況に適用される用語です。

したがって、価格は個人の影響を受けない市場の需要と供給の集合的な力によって決定されるため、完全な競争では個々の企業が価格を引き受けます。 価格が商品のすべてのユニットで同じ場合、当然のことながらAR(価格)はMRに等しくなります(AR = MR)。 競合企業の収益スケジュールを表5に示します。

表5では、出力が増加しても、ARは同じ、つまりRsのままであることがわかります。 5.総収益は増加しますが、一定の割合です。 限界収益も一定、つまりRsです。 5およびARに等しい。

副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example

TR = AR x Q

また、TR = MR x Q [AR = MR以降]

図8では、X軸で数量を取り、Y軸で収益を取ります。 価格OPで、売り手は任意の量の商品を販売できます。 この場合、平均収益曲線は水平線です。 限界収益曲線は平均収益と一致します。

追加のユニットが以前と同じ価格で販売されているためです。 その場合、AR = MR。 注目すべき点は、OPの価格は業界の需要と供給によって決まるということです。

会社は次のとおりです(下図を参照)。

(ii)独占下の収益曲線:

独占は完全な競争の反対です。 独占下では、AR曲線とMR曲線の両方が下方に傾斜します。 商品のより多くのユニットを販売するには、独占者が価格を下げる必要があることを示しています。 これは、表6を使用して表示できます。

純粋な独占の場合、AR曲線は図9に示すように長方形の双曲線になります。この状況では、生産者は出力を異なる価格で販売することにより、消費者に関心を持たせることができます。商品。 この場合、AR曲線は長方形の双曲線です。 独占者のTRは、価格に関係なく同じままであることを意味します。 AR曲線の各ポイントの下の面積は互いに等しくなります。 TRが一定の場合、図9に示すように、MR曲線はOX軸で表されます。

(iii)不完全な競争の下での収益曲線:

企業が独占または不完全な競争の条件下で働いている場合、その需要曲線またはAR曲線は完全に弾力的ではなく、正確な弾力性は売り手の数と製品の性質によって異なる市場状況で異なります。

つまり、需要/ AR曲線は負の勾配を持ち、MR曲線はその下にあります。 これは、売主が売り上げを伸ばすにつれて、独占販売者は通常、自分の製品の低価格を受け入れなければならないためです。

競争条件が不完全な場合、総収益は減少率で増加します。 最大になり、その後減少し始めます。

さまざまな収益曲線の位置を表7に示します。

表7では、2ユニットをRsの単価で販売できます。 5、Rsの総収入をもたらします。 10. 3ユニットが販売されると、ユニットあたりの価格はRsに引き下げられます。 4より多くの数量を販売できるようにします。 この場合の総収益はRsです。 12。

限界ユニットはRsを持ち込みません。 4、その価格ですが、ルピーのみ。 2.これは、追加の1ユニットがReで販売されているためです。 1つ少なく、Rsで販売できた最初の2台。 5はRsでも販売されています。 4.すなわち、Re。 1つ少ない。

図10Aは、限界ユニットだけでなく他の以前のユニットでも価格が下がったときに追加ユニットが販売されることを示しています。 その結果、限界ユニットはその価格に等しい収益をもたらしません。 図 10 B. TRは減少率で増加し、ポイントNで最大になり、その後減少し始めます。 これは、曲線TRで表されています。 TR曲線上の任意の点でのARは、その点を原点に結ぶ直線の傾きで与えられます。 たとえば、TR曲線の任意の点NでのARは、直線の勾配で与えられます

(iv)Ol占下の収益曲線:

oligo占市場の状況下では、売り手の数は少ない。 ある企業による価格の引き下げまたは延長は、他の企業に影響を与えます。 売り手が自分の製品の価格を引き上げると、他の人は彼に従いません。 彼らは、同じ価格に従うことで、より多くの利益を得ることができることを知っています。 価格を引き上げた生産者は、製品の需要が低下するため、損失を被る可能性があります。

この場合、図11に示すように、AR曲線はKの後に非常に弾力的になりますが、Kの前はより弾力性が低くなりました。AR曲線は、bから不連続に上昇します。 その後、再びより高いレベルでコースを取ります。

(b)企業に需要曲線がねじれている場合、つまり他の企業が続くと予想される場合、価格を引き下げます。 その場合、MR曲線はキンクの点で不連続になります。 これは、図12を使用して表示できます。

oligo占状態の場合、売り手は製品の価格を引き下げます。 彼のライバルも彼の製品の価格を下げることで彼に従います。 もしそうなら、彼は売り上げを上げる立場にないかもしれません。 したがって、ARカーブはKから先ほど弾力性がなくなり、それに対応してMRカーブはaからbに垂直に落ち、それから低いレベルで傾斜します。

したがって、上記の分析から、次のように結論付けることができます。

1.完全競争下では、平均収益曲線は水平の直線であり、MRと同じです。

2.純粋な独占では、AR曲線は長方形の双曲線であり、MR曲線は水平軸と一致します。

3.他のすべての市場では、AR曲線は下向きに傾き、MR曲線はその下にあります。 ただし、oligo占では、AR曲線を明確に描画することはできませんが、実際には、下向きに傾斜したARおよびMR曲線を描画します。

 

コメントを残します