置換の限界率の減少| 無差別曲線| 経済

経済理論の重要な原則は、良いXが良いYに置き換えられるにつれて、Yに対するXの限界置換率が減少することです。言い換えると、消費者はますます良いXを持っているため、代用の限界率を減少させる原理を図8.4に示します。 図8.4(a)で、消費者が無差別曲線上でAからBにスライドすると、良好なXのΔXの補償ゲインに対して良好なYのAY 1を放棄します。

したがって、限界置換率(MRS xy )はここではΔY1 /ΔXに等しくなります。 しかし、消費者が曲線をさらに下にスライドすると、長さΔYはますます短くなり、長さΔXは同じに保たれます。 したがって、図8.4(a)から、ΔY2がΔY1より小さいことがわかります。 ΔY3はΔY2未満です。 そして、ΔY4はΔY3より小さい。

つまり、消費者のXの在庫が増加し、Yの在庫が減少するにつれて、Xの所定の増分に対して、Yの減少をますます少なくすることを意味します。消費者はXが多く、Yが少ない。YのXの限界置換率が減少することは、無差別曲線の異なる点で接線を描くことからもわかる。

無差別曲線上の点での置換の限界速度は、その点での無関心曲線の勾配に等しいため、接線がX軸と作られた角度の接線を調べることで見つけることができます。 図8.4(b)では、3つの接線GH、KL、MNが、それぞれの無差別曲線上の点P、Q、Rに描かれています。

接線GHの勾配はOG / OHに等しくなります。 したがって、ポイントPでYをXに置換する限界速度はOG / OHに等しくなります。 同様に、ポイントQでの限界置換率はOK / OLに等しく、ポイントRではOM / ONに等しくなります。 OK / OLはOG / OHよりも小さく、OM / ONはOK / OLよりも小さいことがわかります。 消費者が無関心曲線を下にスライドすると、MRS xyは減少します。

置換の限界率が低下することは、表8.2からも明らかです。 最初は、XからYへの限界置換率は4であり、Xがますます多く得られ、Yが少なくなるにつれて、MRS xyは低下し続けます。 BとCの間では3です。 CとDの間では2です。 そして最後にDとEの間で1です。

さて、問題は、限界置換率の減少を説明するものです。 言い換えれば、消費者は、曲線上を下にスライドするときに、Xの所定の増分に対してYをますますあきらめようとするのはなぜですか?

次の3つの要因が、限界置換率の低下に関与しています。

第一に、特定の商品に対する欲求は飽き飽きしているので、消費者がますます良い商品を手に入れると、その商品に対する欲求の強度は低下します。 これは、たとえばXなどの財の欲求の強度が低下したため、消費者の在庫が増えると、Xの増分ごとに次第に良いYを控える準備が整うためです。

当初、消費者の商品Yの在庫が比較的多く、商品Xの在庫が比較的少ない場合、商品Yに対する消費者の限界的重要性は低く、商品Xに対する限界的重要性は高くなります。 良いXの限界的重要性が高く、最初の良いYの限界的重要性が低いため、消費者は、良いXの単位増加に対してより多くのYをあきらめます。

しかし、良いXのストックが増加し、それに対する欲求の強度が低下すると、彼の良いXの限界的重要性は減少し、他方、良いYのストックが減少し、それに対する欲望の強度が増加すると、良いYが上がります。 したがって、結果として、個人がYをますますXに置き換えると、Xの単位増加に対してYをますますあきらめるようになります。

限界代替率の低下の2番目の理由は、商品が互いの不完全な代替品であることです。 2つの商品が互いに完全な代替品である場合、それらは1つの同じ商品と見なされるため、一方の数量が増加し、他方の数量が減少しても、商品の限界的重要性に違いは生じません。品。 したがって、商品の完全な代替可能性の場合、増加と減少は事実上同じものであり、互いに相殺されるため、代替の限界率は同じままで、減少しません。

第三に、限界交代率を減少させる原則は、一方の財の量が増えても他方の財の満足度を上げない場合にのみ有効である。 良いXの在庫の増加に伴って、良いXの満足度が増加する場合、消費者の満足度が変わらないように、良いXの単位の増加に対して、ますます多くの良いYをあきらめる必要があります。

 

コメントを残します