経済的問題としての希少性と選択(ダイアグラム付き)

この記事では、経済的問題としての希少性と選択について議論します。 この記事を読んだ後、以下について学習します。1.希少性の問題2.選択の問題。

希少性の問題:

私たちは希少な世界に住んでいます。 人々はさまざまな商品やサービスを望み、必要としています。 これは、貧しい人々にも豊かな人々にも等しく当てはまります。 それは、人間の欲求は無制限であることを意味しますが、それらを実現する手段は限られています。 いつでも、限られた量の商品とサービスしか生産できません。 これは、既存のリソースの供給が非常に不十分だからです。 これらのリソースは、土地、労働、資本、起業家精神です。

生産または投入のこれらの要素は、経済的財と呼ばれる一片の財やサービスの生産に使用されます。 これらの事実は、すべての社会の主要な問題としての希少性を説明し、希少性の法則を示唆しています。

選択の問題:

希少な世界に住んでいるので、社会は人々が望む商品やサービスのほんの一部しか生産できません。 したがって、リソースの不足は、選択の基本的な経済問題を引き起こします。 社会は人々のすべての欲求を満たすのに十分な商品やサービスを生産できないため、選択をしなければなりません。

1つの財を生産するという決定には、他の財をより少なく生産するという決定が必要です。 したがって、選択には犠牲が伴います。 このように、すべての社会は、最も望む商品を生産するために何を犠牲にするかを決定するという基本的な問題に直面しています。

たとえば、学校が建設するために、国が熱資源を建設することを決めた道路が増えるでしょう。 したがって、他の商品を生産する別の方法がある場合、選択の問題が発生します。 財(道路)の生産における代替物(学校の建物)の犠牲は機会費用と呼ばれます。

個人であれ、企業であれ、政府であれ、人々が行う選択から生じる可能性のある多くの問題があります。 選択肢または選択肢(または機会費用)は、生産可能性曲線の観点から説明されます。

生産可能性曲線は、リソースが完全かつ効率的に使用されている特定の期間内に社会が生産できる2つの商品のすべての可能な組み合わせを示します。

PP 1は、図1の生産可能性曲線で、国の2つの商品XとYの間の選択の問題を示しています。 Good Xは水平軸で測定され、Good Yは垂直軸で測定されます。 PPキューは、国がすべてのリソースを完全かつ効率的に使用して生産できるXとYのすべての組み合わせを示しています。

国がX個の財をさらに生産することを選択した場合、ある程度の量のY財の生産を犠牲にしなければなりません。 ある量のY財の犠牲は、いくらかの余分な量の財Xを生産する機会費用です。

PP 1曲線は、完全に雇用された経済でより多くの良いXを生成することは、より少ないYの生成を含むため、下向きに傾斜しています。 PP曲線上の点ВからDに移動すると、XXを生成するには、より多くの量の良好なX、YY量の良好なYを犠牲にする必要があります。

ポイントのВとDは両方とも、国のリソースの効率的な使用を表しています。 PP曲線の境界内にあるポイントRは、リソースの非効率的な使用を意味します。 PP X曲線の境界外にあるポイントКは、国がXとYの商品の2つの組み合わせを生産するのに十分なリソースを持っていないため、達成不可能な組み合わせです。

経済の中心的な問題:

リソースが不足しています。 社会は多くの選択をしなければなりません。

社会がしなければならない選択の料金主なカテゴリーがあります:

1.商品やサービスの生産対象と量

2.これらの商品やサービスの生産方法は?

3.誰のためにそれらを生産しますか?

4.リソースはどの程度効率的に利用されていますか?

5.経済は成長していますか?

 

コメントを残します