マーケティング管理とは何ですか?

マーケティング管理について知っておく必要があるすべて。 マーケティング管理は、マーケティングの分野ですべての管理機能を実行します。

マーケティング管理は、市場機会を特定し、それらの機会を収益性の高い方法で探索するための適切な戦略を提示します。

マーケティングプログラムを実装し、マーケティングミックスの有効性を継続的に評価する必要があります。 マーケティング計画、ポリシー、および手順の実際の実行で観察された欠陥を除去する必要があります。 企業のマーケティングシステムを管理します。

管理とは、物事を組織的かつ効率的に行うプロセスです。 マーケティング管理は、マーケティング活動の効率的な運営を目指しています。

マーケティング管理は、売り手から買い手への商品とサービスの所有権の交換プロセスを円滑にします。 マーケティング管理は、他のすべての管理分野と同様に、計画、編成、調整および管理の機能を備えています。

以下について学習します。1.マーケティング管理の定義2.マーケティングコンセプト3.機能4.重要性5.機能6.プロセス7.範囲8.マーケティングミックス9.マーケティングの意思決定10.オリエンテーション11.問題。

マーケティング管理とは:はじめに、定義、概念、重要性、機能、プロセス


コンテンツ:

  1. マーケティング管理の概要
  2. マーケティング管理の定義
  3. マーケティングコンセプト
  4. マーケティング管理の機能
  5. マーケティング管理の重要性
  6. マーケティング管理の機能
  7. マーケティング管理のプロセス
  8. マーケティング管理の範囲
  9. マーケティングミックス
  10. マーケティングの意思決定
  11. マーケティング管理のオリエンテーション
  12. マーケティング管理の問題

マーケティング管理とは-はじめに

マーケティングシステムの個々の販売単位がどのように機能するかを検討する際に、「マーケティング管理とは」という質問を調査します。 一部の読者は、マーケティング管理に参加しようとする学生であり、他の読者は既にマーケティングマネージャーであり、さらに他の読者は、管理能力または規制能力のいずれかでマーケティング管理に関連する関連活動を行っています。

彼らのすべてのニーズを満たすために、私たちの主な目的は、それをよりよく理解するために読書と経験を整理できる管理マーケティングの構造、「理論」を開発することです。

この理解は2つの目的に役立ちます。 まず、将来の仕事で獲得する経験から新しい洞察を得るのに役立ちます。 必然的に、彼らは経験からそのような構造を発達させて、とにかくこの重要なニーズに応えるので、新しい経験と新しい知識から利益を得ることができます。 ただし、このような構造を経験のみから取得することは、時間がかかり、多くの場合不確実なプロセスです。 正式な教育は、彼らがこれをスピードアップするのを助けることができるので、彼らはマーケティングスキルをより速く成長させます。

第二に、マーケティング管理を理解することで、多くの国が真剣に求めている経済発展におけるマーケティングの役割をよりよく理解できるようになります。 この構造はカルチャーフリーであり、あらゆる環境に適用できます。 一般に、マーケティング管理の研究は、消費者のニーズを満たすパフォーマンスに関してマーケティング活動のより良い評価につながります。

マーケティング管理は、マーケティングシステム内のどこかで、マーケティングコンセプトの観点から企業のマーケティングの側面を決定、計画、および制御するプロセスです。 このプロセスの詳細のいくつかを検討する前に、2つの側面についてのコメントが役立つ背景となります。

マーケティングの概念は原則としてシンプルですが、完全に実装することは不可能ではないにしても、非常に難しいことがよくあります。 上で引用したアダム・スミスのコメントは、それと最も一致しています。 コンセプトは、顧客の好みを満たすために、マーケティング活動のさまざまな側面を明示的に統合する場合、企業はより効果的に独自の目的に役立つことができるということです。

会社の慣行に不慣れな人にとって、コンセプトを実装する必要性とそれを実行する能力は、議論に値しないほど明白であると思われます。

マーケティング管理のこのプロセスは、マーケティングシステム内の「どこか」で行われます。 マーケティングシステムが描かれているのを見て、「どこか」がそれを構成する多くの多くの企業(製造、卸売、小売)のいずれかの中にあることがわかるでしょう。 それらのすべてでマーケティング管理が実践されています。

単純化するために、私たちが検討しているマネージャーがマーケティング管理職に就いているため、直接的な意味で製造レベルのみに関心があると仮定します。

マーケティング管理プロセスを構成する3つの要素(意思決定、計画、管理)のそれぞれの性質は何ですか?


マーケティング管理とは何ですか–定義:マーケティング管理研究所とフィリップコトラーによって提供されます

伝統的に、市場は売り手と買い手の間の相互の利益のための商品とサービスの交換の場と見なされていました。 今日、マーケティングは売り手と買い手の間の価値の交換です。 価値とは、交換される商品やサービスに関連する価値を意味します。 買い手が何らかの価値を持っている場合、買い手は商品の代金を支払う準備ができています。

マーケティングは、市場の需要のレベルと構成を制御するビジネス機能です。 組織の商品やサービスに対する需要の作成と維持を扱います。

マーケティング管理とは、「許容可能な利益を生み出す手段として企業の製品提供またはサービスの需要を創出し、満たすように設計されたマーケティングプログラム、ポリシー、戦略、および戦術の計画、編成、制御、および実装」です。

需要の創出と規制、価値に見合う価格を支払う意思のある顧客への商品の提供を扱っています。

マーケティング管理は、マーケティングの分野ですべての管理機能を実行します。 マーケティング管理は、市場機会を特定し、それらの機会を収益性の高い方法で探索するための適切な戦略を提示します。 マーケティングプログラムを実装し、マーケティングミックスの有効性を継続的に評価する必要があります。 マーケティング計画、ポリシー、および手順の実際の実行で観察された欠陥を除去する必要があります。 企業のマーケティングシステムを管理します。

イギリスのマーケティング管理研究所は、マーケティング管理を「マーケティング管理とは、消費者のニーズを評価し、それに応える研究開発を開始することにより、貿易と雇用を促進する創造的な管理機能です」と定義しています。 商品やサービスの生産と流通のリソースを調整し、最終的なユーザーに利益をもたらすために必要な総努力を決定し、指示します。」

フィリップコトラーによると、「マーケティング管理は、ターゲット市場を選択し、それらと収益性の高い関係を構築するための芸術と科学です。 マーケティング管理は、分析、計画、実装、および制御を含むプロセスであり、商品、サービス、アイデアを対象とし、目標は関係者に満足をもたらすことです。」

上記の定義から、マーケティング管理は、組織の目標と目標を達成するためのマーケティングプログラムの管理プロセスであると結論付けることができます。

マーケティング管理に含まれるもの:

1.マーケティングの目標と目的の設定、

2.マーケティングプランの作成、

3.マーケティング機能の整理、

4.マーケティング計画を実行し、

5.マーケティングプログラムの管理。

マーケティング管理は科学であると同時に芸術でもあります。 マーケティングの責任者は、マーケティング、コミュニケーション、分析のスキルと顧客との効果的な関係を維持する能力のさまざまな概念と実践を十分に理解し、マーケティング計画を計画および実行できるようにする必要があります。

個人販売、販売促進、広告などの分野で継続的に実践することで、アーティストになることができます。 マーケティングの科学的および芸術的側面は互いに影響し合い、マーケティングマネージャーの新世代につながります。


マーケティング管理とは-コンセプト

このコンセプトは、メーカーが消費者に焦点を当てて仕事を始めるべきだと主張しています。 彼は主に消費者を研究し、消費者のニーズ、要望、要件、利便性を理解する必要があります。 製造業者は、消費者のニーズや要望などを念頭に置いて、新製品を設計するか、既存の製品を改良する必要があります。 製品は消費者を正確に満足させるものでなければなりません。

したがって、製造業者は、消費者が簡単に製造できる製品ではなく、消費者に受け入れられる製品を設計および製造する必要があります。 消費者は基本的に気難しいと気まぐれです。 これにより、消費者を理解し、適切な製品を設計するという作業がはるかに困難になりますが、これが製造業者が競争市場で成功できる唯一の方法です。

販売の前に、顧客調査、マーケティング調査、製品開発を行う必要があります。 全体の焦点は、消費者と彼のニーズにあるべきです。

「何らかの販売の必要性は常にあると推測できます。 しかし、マーケティングの目的は、販売を無駄にすることです。 マーケティングの目的は、消費者を十分に理解して理解することであり、製品またはサービスが消費者に適合して販売されるようにします。 理想的には、マーケティングは購入の準備ができている顧客をもたらすべきです。 必要なのは、製品またはサービスを利用可能にすることだけです」– Peter Drucker。

この概念は、顧客志向とも呼ばれます。

現在の状況でほとんどの企業が実践している現代のマーケティング概念とも呼ばれるマーケティング概念は、実際には他のすべての概念の組み合わせです。 現代のマーケティングコンセプトは、マーケティング担当者が消費者のニーズを特定し、適切に設計された製品を通じてそれらを満足させるための総合的な取り組みで構成されます。 、価格設定など。

「マーケティングのコンセプトは、組織の目標を満たすための鍵として顧客満足を生み出すことを目的とした統合マーケティングに裏打ちされた顧客志向です」。 –フィリップコトラー

「現代のマーケティング概念は、最大の長期企業利益を生み出すという基本的な目的のために、他の企業機能と結びついているすべてのマーケティング機能の統合と調整を主張する企業の心の状態です。」-フェルトン

マーケティングコンセプトの特徴は次のとおりです(モダンマーケティングコンセプト、統合マーケティングコンセプト、顧客志向)。

私。 顧客のニーズに焦点を当てる–消費者のニーズが調査され、これらが設計、価格設定、流通、パッケージングなどのすべての製品関連の活動の基礎になります。

ii。 消費者の満足度の提供–すべての組織は、彼のニーズを理解し、適切な製品を設計することにより、最大の消費者満足度を提供することを目指しています。 組織の成功は、それが提供する消費者満足度に直接関係しています。

iii。 統合されたマーケティング管理–マーケティング管理は、財務管理、生産管理、人事管理など、組織の総管理機能の一部にすぎません。これらの機能はすべて、消費者に最大限の満足を提供するために統合されます。 したがって、組織のすべての機能領域が統合されます。

iv。 組織の目標の達成–現代のマーケティングでは、組織は消費者満足度の最大化を目指す必要があり、その過程で成長、市場シェア、合理的な利益または投資利益率などの目標を達成できると述べています。

v。イノベーション-イノベーションは、消費者に満足を提供するための重要なツールです。 消費者を理解し、適切な製品を設計し、消費者に提供するには、革新的な方法を使用する必要があります。


マーケティング管理とは何ですか–機能:管理プロセス、消費者中心、研究分析、計画と開発、その他

1.管理プロセス

マーケティング管理は、計画、編成、意思決定、予測、指示、調整、および管理を含む管理プロセスです。 Stanley Vanceは、経営を意思決定と管理のプロセスとして定義しています。 消費者のニーズや要望の特定からターゲット顧客の特定、製品の企画、開発、価格設定、プロモーション、流通プロセスまで、マーケティングのあらゆる側面には計画、意思決定、調整、管理が必要です。

2.消費者中心

すべてのマーケティング活動は消費者中心です。 消費者は王様です。 マーケティング活動は、「市場が望むものを作る」という前提に基づいています。 マーケティングの主な目的は、新しい顧客を作成し、現在の顧客を維持することです。 マーケティング管理は、潜在的な顧客を実際の顧客に変換するタスクを実行します。

これは、適切なタイミングで便利なチャネルを通じて、顧客のニーズや要望に応じて適切な商品やサービスを提供することで、顧客のニーズや要望を満足させることで可能になります。

3.研究分析

マーケティングの基本機能は、消費者のニーズと要望の識別です。これには、マーケティング活動に関連するデータの継続的かつ体系的な収集、分析、およびデータの報告が必要です。 これにより、経営者は、企業のマーケティングミックス戦略に対する消費者のニーズ、要望、好み、行動を理解できます。 これは、将来の行動方針の予測と計画に役立ちます。

4.計画と開発

マーケティングには、商品とサービスの計画と開発が含まれます。 組織は、消費者の需要、嗜好、嗜好の変化に対応するために、製品とサービスの計画、開発、革新に向けて継続的な努力を行っています。

5.マーケティングフレームワークの構築

マーケティング活動は、生産者から最終消費者への商品やサービスの所有権の販売と配布だけではありません。 しかし、それは研究分析、生産、開発と革新、広告とプロモーションの価格決定、販売と流通、顧客関係、アフターサービスなどの一連の活動を伴います。

マーケティングのこれらすべての機能領域は、最良の結果を達成するために効果的に計画、編成、および構築されなければなりません。 マーケティング構造は、企業の規模、事業の地理的範囲、製品ラインの数、製品の性質、顧客の規模に依存します。

6.組織の目的

すべてのマーケティング活動は、全体的な組織目標に基づいています。 マーケティング担当者は、高い利益と販売の最大化を達成するという組織全体の目標と、ニーズを満たすという消費者の関心との間のギャップを埋めます。

7.プロモーションおよびコミュニケーションプロセス

企業の究極の目的は、販売量と利益を最大化することです。 これは、商品とサービスに関するプロモーションとコミュニケーションを通じて達成できます。 マーケティング管理のこの機能により、企業は製品に関する情報を顧客に提供できます。

8.アクティビティの制御

マーケティング管理は、マーケティング活動を制御する機能を実行します。 マーケティング管理者は、マーケティング担当者と計画の効率を判断するために、マーケティング活動の有効性を評価します。 このプロセスでは、標準を使用して実際のパフォーマンスを測定し、偏差を特定して是正措置を講じます。


マーケティング管理とは何ですか-重要性:市場機会の分析、ターゲット市場の決定、計画と意思決定、その他

マーケティング管理は、売り手から買い手への商品とサービスの所有権の交換プロセスを円滑にします。

1.市場機会の分析

マーケティング管理は、消費者のニーズ、要望と需要、競合他社のマーケティング戦略、変化する市場の傾向と好みに関する情報を収集して分析します。 これは、市場機会を特定するのに役立ちます。

2.対象市場の決定

マーケティング管理は、組織が製品を提供したいターゲット市場を識別するのに役立ちます。

3.計画と意思決定

マーケティング管理は、将来の行動方針を準備するのに役立ちます。 計画は、製品の導入、多様化に関連しています。 価格設定、プロモーションミックスの選択、流通チャネルの選択に関する意思決定は、マーケティング管理者が行います。

4.顧客の作成

消費者は市場の将来を決定します。したがって、消費者の好みに応じて最高の製品を消費者に提供することは、マーケティングの重要なタスクです。 マーケティング管理は、新規顧客の創出と現在の顧客の維持に役立ちます。

5.利益の増加に役立ちます

マーケティングは、消費者の多様で無制限のニーズに対応します。 マーケティング管理は、利益と販売量の増加に役立ちます。 これは、市場の拡大と顧客の増加によって達成されます。

6.生活の質の改善

マーケティング管理の目的は、革新的な製品とサービスを顧客に提供することです。 マーケティング担当者は、製品に新しいテクノロジーとメカニズムを組み込み、顧客に以前よりも高い満足度を提供するよう継続的に努力しています。 これにより生活の質が向上し、消費者の生活が以前よりも簡単になります。

7.雇用機会

マーケティングプロセスは、マーケティング環境、製品の計画と開発、プロモーション、顧客への製品の流通、アフターサービスの評価などのさまざまな活動の組み合わせです。 マーケティングプロセスには、研究者、プロダクションエンジニア、さまざまな流通仲介業者が必要であり、営業担当者も広告セクションで雇用機会を創出します。 このように、マーケティング管理はさまざまな雇用の道を開き、雇用機会を創出しました。


マーケティング管理とは-機能:マーケティング機会の評価、マーケティング活動の計画、マーケティング活動の組織化、その他

マーケティングは市場に関連しているため、マーケティング管理では市場のさまざまな要素を統合する必要があります。 これらの要素を効果的なオペレーティングシステムに編成して、顧客と企業の両方に効果的にサービスを提供できるようにするタスクがあります。

マーケティング管理のさまざまな機能は次のとおりです。

1.マーケティング機会の評価

企業のマーケティング目標の決定とマーケティング機会の評価は、マーケティング管理の重要な機能です。 絶えず変化する市場の状況と機会により、マーケティング管理者は課題に対応し、機会を獲得するために計画された計画を策定することが不可欠です。

2. マーケティング活動の計画

計画は重要な管理機能です。 マーケティング活動の計画は重要なタスクであり、多くのステップが含まれます。 これには、望ましいマーケティング目標を達成するための効果的な戦略を計画することが含まれます。 製品、価格、流通経路、販売促進策、目標販売の予測などに関するポリシーの策定に関係しています。計画は、企業の効果的なマーケティングの基礎を提供します。

3. マーケティング活動の組織化

マーケティングのもう1つの重要な機能は、マーケティング目標が達成されるように、実行するさまざまなアクティビティを決定し、これらのアクティビティを適切な人物に割り当てることを意味することです。 マーケティングの概念の変化に照らして、組織構造が柔軟で柔軟であることが必要です。 これは、組織と環境の間のより良い相互作用に役立ちます。

4. 企業のさまざまな活動の調整

組織のさまざまな活動間で不適切な調整が行われた場合、最良の計画を立てても報われません。 マーケティングにはさまざまな活動が含まれ、これらは相互に関連し、相互に依存しています。 製品の決定、価格設定戦略、チャネル構造の研究活動にはすべて、適切な調整が必要です。 そうして初めて目標を達成できます。

5. 従業員の指導と動機付け

マーケティング機能を効果的に実行するには、良い方向性が必要です。 方向は、作品の正当なパフォーマンスに役立ちます。 部下を導くために、さまざまなリーダーシップスタイルが実践されています。 リーダーは部下を指揮し、効果的な監督を通じて、パフォーマンスが計画された仕様どおりであることを保証します。 同時に、雇用主が適切に動機付けられていることが必要です。 動機は、従業員のパフォーマンス向上に役立つだけでなく、従業員を長期間組織に引き留めます。

最近の組織は、モチベーションポリシーに関する限り、非常に深刻です。 従業員が最高のサービスを提供できるように、新しい動機付けの方法が導入されています。

6.マーケティング活動の評価と制御:

収益性の高いベンチャーを実現するために、マーケティングマネージャーは継続的にマーケティング活動を評価する必要があります。 これは、もしあれば欠陥を知るのに役立ち、事前に修正することができ、変化する環境で適切な調整を行うことができます。 制御は、実際のパフォーマンスと標準パフォーマンスの比較に関連する管理機能であり、欠点がある場合はそれを特定し、最終的に是正措置を講じて欠点を克服します。


マーケティング管理とは-プロセス

マーケティング管理プロセスには以下が含まれます。

1.管理マーケティングプロセスは、企業全体のミッションと目標の決定から始まり、達成すべきマーケティング目標を定義します。

2.長所と短所に基づいて企業の能力を評価します。

3.資本化する必要があるマーケティング機会を決定します。 私たちは、不満で潜在的な顧客のニーズと欲求を特定し、評価しなければなりません。 市場のセグメンテーションにより、努力を集中できるターゲット市場を選択できます。 マーケティングの機会は、マーケティング環境、競争、政府の政策、マスメディア、消費者、世論、流通構造などの影響を受けます。

4.企業がマーケティングの機会に関する完全な情報を入手したら、ミッション、目標、および目標を達成するための動的なアクション指向の公式計画の形式でマーケティング戦略を策定できます。 戦略は、目的とポリシーのパターン、限られたリソースに直面して明確に述べられた目的を追求するための計画された一連の行動、およびインテリジェントな競争です。

マーケティング戦略は、マーケティングアクションプランにおけるマーケティング活動のレベル、構成、および配分を示します。 同社は、ターゲット市場ごとに適切なマーケティングミックスを持っています。 マーケティングミックスは、競合他社よりも多く売れると予想されます。

5.マーケティングアクションプランまたはプログラムは、適切なコミュニケーション、調整、およびマーケティング担当者の動機付けによって実装されます。

6.計画に従ったパフォーマンスは、効果的なマーケティング管理によって適切に保証されます。 マーケティング戦略の実際の結果を測定および評価するには、効果的な制御システムが不可欠です。 結果は、目的に照らして評価されます。 評価のフィードバックにより、マーケティング管理者は、評価のフィードバックに基づいて目標と目的を修正、採用、または変更し、再計画することができます。

7.マーケティングプロセスは継続的または動的であり、絶えず変化する環境ニーズに適応する必要があります。

ノート:

1.マーケティングプログラムは製品コンセプトから始まり、顧客の要望が十分に満たされるまで終了しません。

2.顧客の長期的および繰り返し購入に対する収益性の高い販売は、マーケティングの成功に不可欠です。

3.マーケティング調査とマーケティング情報サービスのみが、マーケティング管理のすべての決定において効果的なツールとして機能します。

4.マーケティングポリシーは、マーケティング分析と調査、製品分析、マーケティングチャネル、個人販売、販売促進と広告、価格設定と非価格競争を対象としています。


マーケティング管理とは–範囲:マーケティング調査、目的の決定、マーケティング活動の計画、製品の価格設定、その他

マーケティング管理は、他のすべての管理分野と同様に、計画、編成、調整および管理の機能を備えています。

1.マーケティング調査

マーケティング調査には、対象顧客のニーズ、好み、好みの特定が含まれます。 マーケティング管理は、企業のマーケティングミックス戦略、ビジネス環境に対する消費者の行動を継続的に分析します。 将来のマーケティング活動を効果的に計画するための競合他社のマーケティング戦略。

2.目標の決定

マーケティング管理は、マーケティング目標を設定するタスクを実行します。 マーケティング目標は、利益最大化の全体的な組織目標に従って設定されます。 マーケティング目標は、新規顧客の獲得、現在の顧客の維持、顧客ベースの拡大、新製品の導入、旧製品の改善などに関連しています。 マーケティング管理は、顧客に高い満足度を提供することにより、顧客の価値を最大化することを目指しています。

3.マーケティング活動の計画

計画には、将来の行動方針の決定が含まれます。 計画は、体系的な方法で目標を達成するのに役立ちます。 マーケティング活動の計画は、製品ライン戦略の決定、製品の多様化の計画、広告および販売促進活動、販売および流通プロセスに関連する計画に関連しています。

計画は、要件に応じて、短期、中期、および長期ベースで実施できます。 計画は、変化するビジネス環境に適応できるように柔軟でなければなりません。

4.製品の計画と開発

製品はマーケティングの基本要素です。 製品とは、ニーズや要望を満たすために顧客に提供される商品またはサービスです。 製品は顧客志向であり、要件と好みに応じて顧客に提供されます。 製品計画には、新製品開発、製品革新、製品多様化計画が含まれます。

5.製品の価格設定

価格設定は、マーケティング管理の複雑な機能です。 ほとんどの場合、価格は購入決定の意思決定基準を形成します。 価格決定は、製品の製造と流通のコスト、競合他社の価格戦略、製品に対する顧客の支払い意思、製品に関する顧客の認識に基づいています。

6.プロモーション

販売を最大化するには、プロモーションと広告が不可欠です。 プロモーションと広告は、製品に関する情報を顧客に提供し、新しい顧客を引き付け、製品について顧客に注意を促し、購入を継続し、製品の改善または新しいブランドの紹介に関する情報を提供するために不可欠です。 マーケティング管理は、製品を宣伝するための新しいテクニックとツールを開発します。

7.配布

流通プロセスは、適切なタイミングで、適切で便利な場所で、顧客が商品やサービスを簡単に利用できるようにします。 流通チャネルの選択は、製品の性質、製品の価格、流通の仲介者の可用性、および流通プロセスに伴うコストに依存します。

8.マーケティング活動の評価と管理

マーケティング管理は、マーケティング活動の評価と制御のタスクを実行します。 評価により、マーケティング計画とアクションの有効性を特定できます。


マーケティング管理とは–マーケティングミックス:製品ミックス、価格ミックス、プロモーションミックス

マーケティングマネージャーは、制御可能な変数と制御できない変数のフレームワーク内でマーケティングプランを作成します。 制御不可能な変数は、マーケティング戦略に影響を与える社会的、技術的、政治的、文化的および法的要因です。 制御可能な要因は、製品、価格、プロモーション、流通経路です。 マーケティングミックスは、マーケティングプログラムを成功させる4つの制御可能な変数の組み合わせです。

(a) 製品ミックス:

製品の物理的属性とその製品の使用に関連する利点を扱います。 製品の所有権は、消費者に誇りと満足感を与えます。したがって、製品は適切に設計、色付け、梱包する必要があります。

(b) 価格ミックス:

価格設定は、マーケティングマネージャーが行う重要な決定です。 製品の価格設定中、管理者は、コスト、法的枠組み、競合他社が請求する価格、消費者が支払う準備ができている価格などの要因を考慮します。 管理者は、コストを回収して合理的な資本利益率を得るために製品の価格を設定する必要があります。 これにより、企業の長期的な存続と成長が保証されます。

(c) プロモーションミックス:

これは、製品に関する消費者との企業のコミュニケーションを指します。 彼らは商品を購入する動機を与えます。

販売は、次の3つの方法で促進できます。

(i)広告:

製品の詳細をメディアを通じて消費者に提示します。 これは非個人的なコミュニケーション手段です。

(ii)個人販売:

売り手は買い手と直接連絡を取り、商品とサービスを購入するように説得します。

(iii)販売促進:

販売を促進する手段として、広告と個人販売を補完します。 コンテスト、宝くじなどを開催することで売り上げを増やします。

ある時点で、販売促進手法のさまざまな組み合わせを使用できます。

(d) チャンネルミックス:

製品の設計、価格設定、広告が行われた後、消費者の購入への関心が高まります。 チャネルミックスは、商品が売り手から買い手に転送されるパスまたはルートを識別します。 売り手は買い手に直接、または卸売業者と小売業者の仲介を通じて販売することができます。 同時に複数の流通チャネルを採用できます。 たとえば、卸売業者は小売業者を通じて販売することも、消費者に直接販売することもできます。

チャネルミックスは、流通チャネルを選択するだけでなく、販売担当者が従う販売慣行の一貫性を確保するためにも維持します。


マーケティング管理とは-マーケティングの意思決定:製品のバリエーション、マーケティングチャネル、価格、プロモーション

マネージャーは、自分がコントロールできるもの、つまりコントロール可能なものについて決定を下します。 非常に一般的な言葉で、彼は何を決めますか? 大まかに言うと、彼は生産する製品の種類、使用する流通システムの種類、課金する価格、広告メッセージとメディア、および彼らが電話をかける顧客へのセールスマンのメッセージを決定します。

これらの決定を行う際に、彼は経験から学んで、業務を簡素化し、実質的なフラストレーションを回避する動作原理を使用します。 それは、アリストテレスのゴールデン・ミーンやゴールデン・ルールなどの他の行動ルールのように、マーケティング管理の「法則」と呼ばれることもあります。

マーケティング管理のこの「法則」は、制御可能なものとそうでないものがあるため、制御可能なものを制御不可能なものから分離し、制御不能なものを変えようとして時間とエネルギーを無駄にしないでください。 Rather attempt to understand it so you can adapt the controllable to the uncontrollable in such a way as to satisfy your company's needs as effectively as possible. The application of this law is an art in which analytic tools from science can aid.

As suggested by the discussion of the marketing system, there is a complex of more or less uncontrollable forces operating on the manager. These can be summarized, as in the outer hexagon of Figure 6, as competition, demand, non-marketing cost, structure of distribution, public policy, and company organization. Underlying these are, of course, the much more fundamental forces of technological, social, political, and economic change. While over the long term these factors will share the nature of the uncontrollable forces, the manager is forced by such aspects as convenience and lack of adequate data to concern himself mainly with the immediate uncontrollable item.

The inside pentagon of Figure 6 portrays the controllable elements, the ones about which the marketing manager can decide. The art of marketing management is the effective adaptation of these elements to the uncontrollable in the marketing environment so as to optimize the company's welfare. This optimum welfare can be thought of as the maximum area attainable in the inner pentagon within the constraints of its environment, the outer hexagon.

With Figure 6 for perspective, we will first examine each of the controllables.

これらは次のものに関連します。

(1) Product or service variation,

(2) Selection and management of marketing channels for distributing the product,

(3) Setting prices, and

(4) Fixing and allocating the promotional budget to advertising and selling.

(1) Product Variation:

A company's modification of the nature of its offering is achieved through product and service decisions which are essentially of two types. Some decisions are concerned with change of an existing product to conform more nearly to the demands of the market. These changes may be superficial or fundamental (for example, the use of a new package as opposed to a revolutionary redesign of the product).

Other decisions concern dropping or adding an item to the product line. These decisions of product change and change in product line are common, since few companies in the United States produce a single product. They are also serious decisions for most firms. A marketing manager must be constantly on the alert to exploit new-product opportunities and to avoid continuing an unprofitable item.

(2) Marketing Channels:

All companies must choose the set of channels they think will be most effective. The possibilities, as we have seen, are almost unlimited. Selecting the correct channel requires careful analysis, particularly since the decision usually involves a heavy investment of time by managers and salesmen and goes far in fixing the rest of the marketing plan for some time into the future.

The spatial aspects of the structure of distribution, for example, the geographical concentration of buyers in each market, will make a great difference in determining the best set of channels for a particular situation.

(3) Prices:

Prices must be set. Competitors' prices typically establish significant limits to the range of choice, but there is usually some discretion. There are many pricing problems. Not only must a number of products be priced, but if a marketing channel other than direct-to-user is employed, consideration must often be given to the prices set at each level of the marketing channel. Finally, some buyers may receive a different price (or discount as it is usually called), based on such factors as the quantity they purchase.

(4) Promotion:

Most companies must use some type of promotional effort. The function of both types of promotion—advertising and personal selling—is to provide potential buyers with information about the product—its quality, its availability, and its price. A salesman may well perform other functions, such as delivery and repair, but, to simplify he will be viewed here as a conveyer and receiver of information.

Thus advertising and personal selling are alternative methods of performing the function of conveying information, but a particular blend of the two may be more effective than either of them alone. In many companies promotion decision require much of the marketing manager's time.

Advertising is concerned with deciding how much advertising to use, what media to use (newspapers, radio, television, direct mail, billboard, car cards, point-of-purchase display, etc., ); the frequency with which the advertisements will appear (daily, weekly, monthly, etc., ); and the message to be employed (this involves the artwork and copy prepared for printed media and the commercials prepared for radio and television. Personal selling deals with the selection, supervision, and training of salesmen; the allocation of salesmen to territories; and the evaluation of salesmen.

“Promotion” is also often used in the trade literature in a restricts sense of special pricing arrangements to retailers and consumers.

The uncontrollable or environmental elements that the decision maker must adapt to, as shown in the outer hexagon of Figure 6, are not uncontrollable in an absolute sense. Instead they can best be viewed as controllable, but only at a cost.

彼らです:

(i) Demand,

(ii) Competition,

(iii) Non marketing costs,

(iv) Structure of distribution,

(v) Public policy, and

(vi) Company organization.


What is Marketing Management – Orientation: Production, Product, Selling, Marketing and Societal Marketing Orientation

Marketing is all about interacting with markets, notwithstanding whether it is for profit or for non-profit. Firms such as Hindustan Unilever Limited (HUL) and Procter & Gamble (P&G) operate in consumer markets whereas Schneider Electric and Larsen & Toubro (L&T) are business to business marketers.

Humans have various ideas as to how life should be conducted. Some kind of philosophical core governs behaviours setting up moral and ethical boundaries. It is this philosophical idea that sets apart right from wrong and what is acceptable and what is not.

The absence of a strong philosophical core is likely to render a person inconsistent and confused. In a similar vein, organizations need philosophy to guide their thinking and behaviour. Organizations can be distinguished in terms of their corporate mindset or business orientation.

The orientation, in case of a person, influences his or her fundamental attitude, belief, feeling, and action with respect to a particular subject or issue, whereas an organization's interaction with its market in terms of extended responses is influenced by its governing philosophy or orientation.

This implies that an organization can choose to conduct its business or marketing activity in different ways. Five different philosophies or concepts have been distinguished, namely production concept, product concept, selling concept, marketing concept, and societal marketing concept.

The ideas contained in these concepts give rise to different cultures in terms of how business is conducted with consumers. These concepts suggest that there are different ways to achieve organizational goals.

私。 Production Orientation:

Production concept is probably the oldest business governing idea, which dates back to the period of short supply of goods. Earlier when demand exceeded supply, there was no incentive for the firms to factor in consumers into their operation. A business that is run on production oriented philosophy works with markets with the belief that product availability and affordability are key determinants of consumer buying.

This assumption creates strategic orientation that a firm should focus on while making the product available and affordable. The availability and affordability imperative brings two functions, namely distribution and production, at the centre of marketing strategy.

Accordingly, the first management task is to find an efficient distribution strategy that ensures product availability so that consumers can buy products with ease. Second, work on the production systems to bring down cost so that more consumers could buy them. The cost reduction creates affordability and thereby expands market.

The production concept was common to firms during the early period of industrialization when different products were born. Ford in its early times practised production concept where the company sought to bring down car prices so that it could attract a large number of customers.

Ford's Model T was among the early cars that was manufactured on an assembly line, which reduced the car's production cost by efficiencies in production processes. Production concept could still hold true in industries where consumer buying is predominantly done on the basis of price (they do not attach importance to non-price differentiation) and ease of buying.

Such a situation is often seen in commodity markets such as sand, cement, and iron ore. Mergers and acquisitions in the field of commodities such as cement, aluminium, and steel are guided by a motive to create large production systems that become instrumental in driving the cost of production down through economies of scale and experience curve effects.

ii。 Product Orientation:

Businesses operate in a dynamic environment. Two of the important marketplace forces are consumers and competition. With the passage of time the consumer and competitive conditions evolved. As participating firms in a market went up so did the product availability.

The markets gradually shifted from excess demand to surplus supply. In this new evolved scenario, the old mantra of availability and affordability became ineffective. The ideas enshrined in production concept gradually got diffused across different firms rendering participating firms similar in their marketing approach.

This called for revisiting the business orientation and discovering something new which would allow firms to deal with the emerged scenario effectively. The key ideas of availability and affordability were found to be necessary but not sufficient to succeed. This led to a change in business orientation and product concept came into existence. The product concept shifted the focus to product quality, thus stating that 'the consumer would favour products with the highest quality at a given price'.

The product concept is based on the belief that consumers are motivated to buy those products that offer most quality. This proposition changed the marketing focus to developing better products and improving them over time. Prima facie this concept makes good sense. People do look for better quality products and services.

This concept created a kind of product obsession wherein production managers sought to concentrate on quality improvement and built better product than ever before. However, soon this blind faith in the power of product quality exposed its fallacy. The belief that a better product is always bought by consumers actually turned out to be wrong.

Ralph Waldo Emerson wrote, 'If a man can write a better book, preach a better sermon, or make a better mouse-trap than his neighbour, though he build his house in the woods, the world will make a beaten path to his door'.

This statement probably inspired the product concept, which lays absolute faith in the power of quality so much so that it blinds its followers to the reality. For many marketing companies product orientation turns out to be a trap. The advice given by Emerson that if you build a better mouse-trap the world would make a beaten path to your door wrongly shifts marketing focus from consumer to product.

What guarantees that a better mouse-trap will always get sold? Suppose somebody manages to invent an excellent quality mouse-trap, does it mean that people would flock at his door to take it? The answer is no, unless they face the menace of mice. People are not interested in products, rather they want a solution to their problems.

The better mouse-trap is a fallacy that may wrongly orient an organization into believing that people buy products when instead they buy solutions of their problems.

The product concept ignores the role of other marketing activities. People are unlikely to throng to buy a superior quality product automatically. The creation of superior quality product cannot be a 'be all' strategy. Even if a good quality product has been created for people to make a beaten path to firm's door, many other enabling things will have to be done to make that happen.

First, people who could buy the product must be made aware and be informed about its superiority. Second, the product needs to be attractively designed, packaged, priced, and made available so that consumers can see, touch, and feel and become willing to buy it.

iii。 Selling Orientation:

As time progressed several industries witnessed expansion of production capacity. This intensified competition and put pressure on firms to offer better quality products. It tilted the marketing situation in favour of the buyers. Reluctance was observed on the part of the buyer to respond promptly to marketed products and services.

The failure of earlier ideas in getting consumer response caused managers to rethink what they thought to be the key to doing business. This search led to the discovery of selling concept. The selling concept reposed faith in the power of persuasion. The followers of selling orientation have the belief that 'it is a belief that consumers will not purchase or purchase enough of an organization's product unless their interest is stimulated and they are persuaded to buy.'

The selling concept starts with an assumption that consumers are indifferent or reluctant to marketed products or services. This is especially true for things that are perceived to be inessential. Several products and services such as insurance and preventive health check-ups face consumer resistance because they are perceived to be unnecessary.

Two categories of products can be distinguished, namely bought products and sold products. Bought products are the ones consumers are self-motivated to buy for their perceived importance and interest (eg, cosmetics and spectacles), whereas sold products are the ones consumers are unlikely to buy on their own.

It is for this indifference and reluctance that the sold products are pushed or offloaded on to buyers by putting in selling efforts. People rarely buy insurance and maintenance contract out of their self-motivation.

The sales orientation lays stress on overcoming consumer resistance through information, persuasion, and often hard selling. Selling is based on the premise that a consumer can be manipulated and cajoled into buying what is being sold. It reposes great faith in the power of salesmanship and advertising.

Consumers can be either psyched out or lured into giving a favourable response. It is not uncommon to come across aggressive pushy salesmen in trades such as car dealerships, insurance, credit cards, real estate, fund raisers, and grocery stores. The selling orientation exclusively focuses attention on ways to push the product across with little or no regard for consumer interest. A practitioner of selling is guided by his own self-interest rather than the interest of the buyer.

The selling concept can have disastrous consequences in the long term. A customer can be lured into buying by the power of persuasion or aggression only once but not repeatedly. The customers victimized by the power of seller aggression become dissatisfied and vent their anger by spreading negative word- of-mouth publicity.

The negative publicity influences future sales by turning potential customers into non-customers. This can erode future business opportunities. Selling approach can yield successful outcomes in situations when an organization enjoys unending supply of customers and it does not have to depend upon repeat sales.

This orientation is practised by sellers at the railway stations and places of tourist attraction. Their survival does not depend on repeat business from the same customer.

iv。 Marketing Orientation:

Selling orientation is likely to be ineffective when an organization has to depend upon repeat business. The constraint of repeat business changes the marketing paradigm in favour of the customer. It becomes a legitimate concern of businesses to discover what actually is critical to get the customers to keep coming back.

The new reality of competitive intensification and market saturation led to the discovery of marketing concept in 1950s that placed the customer at the centre of the marketing universe. The earlier philosophies were centred on something that belonged inside the firm such as product, technology, production, or sales effort.

The marketing concept reversed the inside-out approach to outside-in approach, which implied that the business of an organization is not dictated by insiders or managers rather is dependent on outsiders or customers. The marketing concept believes that

'It is fundamental for the organization to determine the needs and wants of target customers and develop and deliver satisfaction better than competitors.'

The marketing concept holds customer satisfaction as the key to achieving organizational goals. The dominant business logic according to marketing concept is that an organization depends upon customers for its survival. It is the customers who open up revenue streams.

Revenue is not found inside an organization rather it resides outside, in the customer's pocket. Customer is the source of revenue. The only way to get customers to open their wallet is to offer those satisfying products and services. Therefore, customer satisfaction becomes the first precondition to do business in a competitive scenario. Customers do not patronize a dissatisfying organization if they have an option.

Let us consider how a customer chooses a product such as a toothpaste or a mobile phone. The choice is generally based on a subtle or elaborate calculation as to which out of the available brands offers the best satisfaction. Therefore, customer satisfaction is an essential starting point for doing business in the current business environment.

Marketing concept was initially met with a lot of resistance by managers because it sought to create a power shift from managers to customers. The earlier belief that decisions like what to produce, how to produce, how to sell, and where to distribute were the prerogative of people inside the organization and customer's role was confined to 'take it or leave it'.

In the absence of choice, customers were forced into compliance or subordination by organizations. Marketing concept makes customer supreme and seeks to achieve organizational goals through customer satisfaction. Profit goals will only be achieved if customers willingly accept product or services.

Getting the customer to do business with the firm is supreme and that is likely to happen only when managers give up their ego and work with subordinates as a team to target customers. Marketing ensures that all decisions are taken for customer satisfaction.

The essence of marketing concept is that the business of an organization is not what managers want it to be rather what customers want it to be. Customers are the ultimate arbiters who decide whether the decisions taken in an organization are correct or not. In marketing, a product or service represents condensation of all decisions taken by managers.

These are put to test at the point of purchase. For instance, in compact detergent market Surf competes with Ariel; these brands essentially represent the condensation of decisions made by their respective managers, which include decisions regarding colour, quality, packaging, price, brand name, form, communication and availability.

The correctness of these decisions is determined not by managers who take them rather customers. A positive customer response affirms that the managers' decisions regarding that particular brand were right. A situation where the managers claim correctness of their decisions but the customer does not respond favourably is not possible. A decision is right only if it creates a satisfied customer.

Marketing concept introduced a paradigm shift that the whole business has to be seen from the point of its final result, that is, customer's point of view. The marketing concept is put into practice by shifting the focus of value creation process to market or customers.

The processes are- (i) choice of the market (eg, Apple operates in mobile handset market), (ii) selection of the target customer group (eg, Apple does not cater to all customers in mobile handset market rather it targets the premium ones), (iii) determination of what customers in the target group need and want or what constitutes the concept of satisfaction (eg, Apple understands what its target customers want in terms of usage ease, product touch and feel, instrument looks, and communication eco system), (iv) develop products or services in response to customer needs and wants (eg, Apple devices like iPhone 6 is an outcome of product development in consonance with customer expectations), (v) plan how the product or service in question offers better satisfaction than competition (eg, Apple devices score over its competitors in a number of customer significant ways such as aesthetics, appeal, and imagery).

Marketing concept offers a pragmatic solution as to how to survive in a competitive situation by putting customer at the centre of the business universe and singularly committing to create customer satisfaction the marketing concept can inadvertently jeopardize societal interest.

v. Societal Marketing Orientation:

The marketing concept adopts a narrow perspective of exchange as a transaction that happens between an organization and customer. It dictates that determining a customer's needs and wants and delivering desired satisfactions is the key to achieve organization goals. There are two problems with this limited perspective.

The marketing concept legitimizes every product and services if it creates customer satisfaction. This means if a customer group demands hard drugs or firearms selling the same then becomes justified. Therefore, this logic ignores larger societal effects of such business.

From social perspective, drugs are undesirable because their use causes addiction with a host of personal and family ramifications. Marketing of firearms without adequate checks may promote crime and killings.

Some of the products that have attracted criticism for their undesirable social effects include fast food (eg, hamburgers and fries) and high calories laden drinks for causing poor health; tobacco, alcohol drinks, and cigarette for causing addiction; plastic containers and bottles for causing environmental degradation; high pollution and gas guzzling SUVs for causing pollution; fur and rare animal skin as well as exotic meat for threatening animal welfare; mining for causing ecological disturbance; blood diamonds for human rights violation; gambling services for causing addiction and insolvency; and prostitution for causing exploitation.

Societal marketing originated after it was realized that what is good for an individual customer or a select group may not be good for society. This concept seeks to insert societal interest in the marketing concept so that customer satisfaction does not compromise societal well-being in the long run.

The societal marketing concept holds that the 'key to achieving organization goals is in determining customer needs and wants and delivering satisfaction better than competitors in a manner that it preserves or enhances long term well-being of consumer and society'.

Marketing concept takes an individualistic perspective to business with a complete disregard for society. On the other hand, societal concept introduces the concept of what economists call 'externality'. One of the categories of goods in economics is 'demerit goods'. These goods refer to the goods whose consumption results in incurring of costs by those who actually do not consume them.

For instance, people who get addicted to drugs become a cost burden to either their family or the state. Smoking is a major cause of a variety of health problems, which requires expensive treatment. Societal marketing concept introduces an element of conscience into marketing and urges organizations to factor in the social effects of their actions.


What is Marketing Management – Issues: Size, Number of Buyers, Demographic Grouping and Geography

The best way to understand marketing is to visualize it as a practise that marketing firms undertake while working with markets. For instance, a company like Pepsi develops products, packages, distributes, and advertises them to satisfy consumers. These are all practices that fall within the ambit of marketing.

A market is a place or space that is made up of all present or potential buyers. A number of issues are connected to the concept of market such as size, consumer diversity and geographic spread, type of demand, volume and value.

1. Size:

The number of buyers in a market gives rise to its size, which can either be expressed in terms of volume (eg, number of cars sold in India in a given year) or value (eg, total car sales expressed in rupee terms). Markets differ in terms of their value and volume size. Commodities such as rice and wheat enjoy big size in terms of volume, whereas a product like gold does not have a big volume but has large value. These differences are caused by per unit value that a product commands.

2. Number of Buyers:

Size is also related to the number of buyers in a market. For instance, there are specialized products that appeal to a limited number of customers like shoes for astronauts or watches for deep divers. When a market consists of a small number of customers with highly specialized needs it is often labelled as niche market.

3. Demographic Grouping:

Consumers in a market can be divided into different groups based on their demographic aspects such as age, income, occupation, and gender. Presence of demographic groups in the market creates differences in demand that may render one product differently attractive to these groups. For instance, Fair and Handsome brand of fairness cream is targeted at the male segment of consumers.

4. Geography:

Consumers can be geographically located at different places, which can create differences in their needs and wants. This can be discerned by studying the consumption basket of consumers situated at different locations. For instance, air conditioner and refrigerator sellers' market their products in tropical locations with 'tropicalized' compressors that are equipped to work in hot weather.

Market is a complex concept, which makes working with the markets a challenging task. The process of satisfying consumer needs and wants cannot be haphazard and instinctual. The process of dealing with the markets must be properly managed or else both effectiveness and efficiency of the process will get compromised.

Accordingly, marketers properly analyse, plan, organize, implement, and control their marketing efforts. Marketers set targets in terms of sales or profits that eventually get converted into a number of exchanges with the customers. This requires a systematic analysis, planning, implementation, and control of marketing efforts or programmes.

Marketing is not an expense free activity. It requires resource spending on different activities and programs designed to achieve mutually satisfying exchanges between marketers and customers.

Accordingly, proper marketing requires the following activities:

私。 分析:

Marketing begins with identification of the market in which a marketer wants to enter. It requires a detailed investigation and examination of various markets and selection of an attractive target. Some of the aspects include opportunity identification by evaluating market size, growth rate, competition, distribution channels, profit potential, and other trends. Market analysis is the first essential step in determining where the firm seeks to market its product or service.

ii。 Planning:

Once the market has been selected, the marketer has to plan how it will satisfy customers in the selected market. This requires planning about different marketing tools and their combinations that shall be mixed to achieve desired results.

Some important questions that need to be addressed include what product to make, its quality level, price to be charged, promotion elements, and how it will be made available. Essentially, marketing planning is about determining strategy that requires detailing the steps that would be undertaken to achieve the set marketing goals.

iii。 Implementation:

Once planning is complete the marketer should move from drawing board to action. This requires organizing of marketing activities and their execution. For instance, a distribution plan execution of a company like Pepsi will include undertaking activities such as handling of cartons at factory, loading on trucks, transportation, and delivery at sale points.

iv。 Control:

Control is needed to ensure that actual execution is done as planned. Deviations are possible due to a variety of factors. Therefore, keeping a track of the progress of marketing activities is required for achieving the marketing goals. For instance, brands are advertised to create awareness, the effectiveness of which is assessed through control mechanism such as recall and recognition measures. The deviations are then identified and corrective action is undertaken.


 

コメントを残します