広告メディアの種類

広告メディアの種類と分類について知っておく必要があるすべて。 広告は、創造的なデバイスによって生成される科学と芸術の両方として実際に適用されるマーケティングの道具です。

社会経済環境における広告プロセスの成長は、現代のビジネス時代における最も重要な成果の1つです。 このように、広告は、現代社会の価値で作られた最も目に見える側面の1つとして識別されます。

広告はマスコミュニケーションの一形態です。 製品またはサービスについて顧客に伝えたいスポンサー(売り手)から支払われます。

スポンサーは、広告主が収益性の高い販売を獲得できるように、読者、視聴者、またはリスナーに何らかの行動をとるように説得し、誘導します。

広告メディアのタイプのいくつかは次のとおりです-

1.テレビ放送2.ラジオ広告3.印刷メディア4.新聞広告5.雑誌広告6.インタラクティブメディア

7.オンライン広告8.プレス広告9.ブロードキャストメディア10.印刷メディア11.屋外および輸送12.ダイレクトメール。


広告媒体の種類と分類:放送媒体、印刷媒体、屋外媒体と輸送媒体、その他いくつか

広告メディアの種類–テレビ放送、ラジオ広告、印刷メディア、新聞広告、雑誌広告、インタラクティブメディア

広告主は、ブロードキャストメディアまたは印刷メディアとして広く分類された特定のメディアフォームを使用して、ターゲットオーディエンスにリーチします。 テレビとラジオは、侵入型の方法で広告の視聴覚または音声露出のみを可能にする放送メディアのタイプです。 視聴者は、情報検索に積極的に関与することなく、受動的な方法で情報を受け取ります。

一方、新聞や雑誌はメディアの印刷形式であり、読者が情報検索のイニシアチブを示し、読者の意図に従ってより制御された方法で広告が表示される、関与度の高いメディアです。 広告の大半は、これらの従来のメディア形式で行われます。

実際のところ、メディア産業は、ルピーの範囲で大きな広告収入を生み出しています。 10, 000クロール。 このうち、ほぼ90%がテレビと印刷メディアで占められています。 残りは屋外、映画、インターネット、ラジオからのものです。 しかし、冒頭の物語は、変化するシナリオに向かって正しく示している一例です。

広告メディアとして最近探求されている非伝統的なメディア形式には、インターネット、購入ポイント、映画内広告、屋外広告、店内広告、およびプロモーション製品が含まれます。 これらは現在、従来のメディア形式のサポートメディアとしてだけでなく、パイでのシェアが徐々に増加しています。

90年代半ば、さまざまな企業のメディア部門は、メディア形式で革新するための創造的なスキルを示しました。 メディアの革新は、新しいメディア形式の調査と、ブランドコミュニケーションのための既存のメディアの使用の両方の観点から実施されました。

そのようなメディアイノベーションを見て、ブランドのサクセスストーリーの作成におけるこれらのイノベーションの役割を理解してみましょう。

I.グレーのメディア部門は、ジョンソンとジョンソンの制酸薬の広告を、対象となる視聴者にリーチする方法として、ムンバイのユビキタスランチ配達員が職場に持って行ったダバに貼り付けました。

II。 レオ・バーネットは、2枚の布を主要な全国の日刊紙に貼り付けることにより、印刷媒体を革新的に使用しました。 布片の1つを洗剤で洗って、主婦にArielが作った違いを感じさせました。

III。 赤井は、株式市場の暴落後に空いている買いだめを引き継いだときに、ブランド名を認めました。 同社は、看板にブランド名をペイントするためにわずかな額を支払いました。 これは、その寛大な買戻し提案とともに行われました。

IV。 カンヌでメディアカテゴリが初めて導入されたとき、Kodakの革新はO&Mにゴールドメディアライオンを獲得しました。 賞のショーでの映画の放送中にフリーズフレームを使用することは、コダックの瞬間としてブランド化されました。

タイプ# 1.テレビ放送

テレビは広告媒体の最も理想的な形態と見なされており、他の広告媒体の中で最も急速な成長を見せています。 視覚的な画像、音、動き、色を組み合わせることができるため、広告主はあらゆる媒体の中で最も創造的で想像力に富んだ魅力を引き出すことができます。

近年、さまざまな製品を扱うさまざまな組織によるこの媒体の使用が大幅に増加しています。 ハイテクからローテクに至るまで; 耐久性のあるものから非耐久性のあるものまで; 有形から無形、社会財から個人財、消費者向け製品からビジネス利用まで、テレビ媒体は、意思決定プロセスに影響を与える可能性のあるすべての人に手を差し伸べる広告主の主要な選択肢と考えられています。

インドでは、テレビでの広告が活況を呈しています。 毎月220近くのチャンネルと3600近くのブランドがテレビで宣伝されています。 新しいカテゴリの製品とサービスを集めています。 保険、電気通信、石油の規制緩和は、これらのプレーヤーによる広告の市場成長をもたらしました。

新しい製品カテゴリは、携帯電話サービス、携帯電話、フェアネスクリーム、成形家具、口清涼剤など、広告費の大きな貢献者となっている全国規模の広告を正当化します。 オートバイや自動車の再販、PC、浄水器などを含む多数の製品カテゴリの予防保守および年間保守契約サービスプロバイダーなど、テレビには新しい分類の波があります。 これらは通常、画面の下端でプログラム中に実行されるティッカーとして表示されます。

2004年には、「Rashtriya Sakshara Mission」とユニオン人材開発省が実施した全国的なリテラシーキャンペーンが大きな支出であり、それぞれの広告支出で1位と2位になりました。 2.43クロールとRs。 2.31クロール。 地元では、テレビの支出は、レストラン、食料品店、デパート、家具店、学校、その他の教育機関などを含む小売業者によって行われています。 テレビは、小売業者の間での低価格化と割引への傾向が高まっているため、競争の手段と見なされています。

テレビの広告ラッシュは、部分的には活況を呈している製品市場での競争によるものです。 視覚媒体の費用対効果と影響により、視覚媒体の価値がさらに高まります。 テレビは興奮と高いインパクトを生み出し、それによりユーザーは、特に地域レベルで競合他社よりも際立っています。 チャネルの急増により、特定のコンテンツと言語を使用して特定の地理的領域に到達できます。 したがって、小さなセグメントをターゲットとする小さな広告主も小さな画面での広告に惹かれます。

テレビの広告オプション

広告主は、メディアミックスの一部としてテレビを使用するための多くのオプションを利用できます。 広告主は、全国、地域、または地方ごとにメディアの時間を購入できます。 全国レベルでは、広告主は全国ネットワークの放送時間を購入し、プログラミングのために指定された時間に広告が配置されます。

全国的なネットワークの代わりに、またはそれに加えて、広告主はスポット広告を使用し、個々のテレビ局から直接購入したテレビ時間について交渉します。 全国の広告主が行うすべての非ネットワークテレビ広告は、全国のスポット広告として知られています。テレビの時間は、ネットワークではなく市場間ベースで購入されるためです。

ネットワーク広告には、購入プロセスの簡素化、高度なプログラム視聴率、および大規模なリーチが含まれます。 一方、スポット広告は、現地の市場の状況や要件に柔軟に対応できます。 全国の広告主が求めているメリットの種類に応じて、テレビ媒体の広告オプションが計画され、それに応じて組み合わされます。

ローカル広告(ローカルスポットとも呼ばれる)には、小売業者、銀行、レストラン、自動車ディーラーなどの地元企業に放送時間が販売されることが含まれます。 地理的に、ローカル市場はビジネスが行われている地域に限定されているため、広告主はローカルチャネルを使用して広告を出します。

ローカル広告の多くはスポットアナウンスで構成されており、その多くは小売業者がスポンサーしている協同広告ですが、メーカーが支払っています。 ローカルビジネスの規模が十分に大きい場合、広告主はテレビ広告を効率的に使用します。

ネットワークモードまたは非ネットワークモードでの国内または地域ベースでのメッセージの送信に関する決定に加えて、広告主はメッセージ配信に割り当てる時間を決定する必要があります。 ここで、広告主は、プログラム全体のスポンサーになるか、プログラムに参加するか、プログラム間でスポットアナウンスメントを使用するかを決定できます。 プログラムのスポンサーと参加は、ネットワークまたはローカルマーケットベースで利用できますが、スポットアナウンスはローカルステーションからのみ利用できます。

広告主が特定のプログラムのスポンサーになると、広告主だけでなくコンテンツに対しても全責任を負います。 コストとリスクが高いにもかかわらず、広告主はスポンサーシップの取り決めを採用して、高品質のプログラムの威信を活かして会社とその製品のイメージを高めています。 また、スポンサーシップにより、コマーシャルの数、配置、コンテンツをより高度に制御できます。

参加とは、各パートナーが特定のショーの数分を購入するように、広告時間のコストをさまざまなパートナー間で分割する方法です。 広告主は、特定のプログラムに1回または数回、定期的または不定期に参加できます。

この方法は、予算内に収まる任意の数の参加スポットを購入するために支出を調整できるだけでなく、予算を多数のプログラムに分散できるため、メディアスケジュールの範囲を広げることができるため、継続性を提供します。 参加は、ネットワークとスポットの両方で購入できます。

スポット広告はスポット広告と同じではありません。 前者はテレビ番組に散在する個々のメッセージを指し、後者はメッセージの発信元の地理的領域に関するものです。 スポットアナウンスメントを使用すると、広告主はさまざまなタイムスポットや市場に資金を振り分けることができますが、プログラムコンテンツの制御はより制限されます。

メッセージの送信の配置およびメッセージの配信に割り当てられた時間に関係なく、テレビ媒体の使用が広告主に提供する特定の利点。

タイプ# 2.ラジオ広告

ラジオは、テレビと同様の方法で番組を提示し、放送時間を販売する他の放送メディアです。 全国ネットワーク、スポットおよびローカル広告は、ラジオ広告のブロードキャストオプションです。 音を視覚と動きの両方と組み合わせるテレビとは異なり、ラジオは完全に音に依存しています。 そのため、通常、多くの広告主にとって最適なメディアではありません。

しかし、特に民営化と新しいFMチャンネルの出現後、ラジオのリスナーが急増したため、広告主は非常に特定のオーディエンスグループにリーチするために、ラジオを広告媒体として創造的に検討しています。 他のメディアオプションと比較して、ラジオ広告が広告主に提供する他の多くの利点があります。

タイプ# 3.印刷媒体

印刷メディアは、メッセージ配信の目的で広告主が利用できる古いメディアです。 印刷媒体という用語は、一般に新聞や雑誌を指すために使用されます。 読者の積極的な学習を伴うため、関与度の高いメディアと見なされます。

大量の情報を同時に配信できるテレビやラジオとは異なり、印刷メディアは、メッセージが徐々に個人的に読み上げられるため、1つずつ情報を提供します。 情報の意図的な検索には、主に印刷媒体の使用が含まれます。

広告は、印刷メディアハウスの主要な収入源であり、広告メッセージとその配信を開発するための多数の印刷機能を提供することができます。 広告媒体としての新聞の可能性について最初に議論し、次に広告主にとっての雑誌の利点について議論します。

タイプ# 4.新聞広告

新聞は、視聴者数と広告収入の点で、他の形式のメディアと広く競合しています。 長年にわたり、新聞業界は市場の要件に対応し、地理的地域、職業、ビジネス、年齢などの要件を満たすさまざまな新聞の追加の導入などの変更を導入してきました。 新しい機能とコンテンツの追加は、広告に適した環境を提供するために時間の経過とともに行われたいくつかの他の革新的な変更です。

使用に基づいて、新聞広告には、表示、分類、スペシャル、および挿入物の4つのカテゴリがあります。

私。 ディスプレイ広告:

これは、新聞の編集ページを除くどこにでも配置できる最も支配的なタイプの新聞広告です。 ディスプレイ広告は印刷広告の最も厳格な形式であり、見出し、本文コピー、イラストなどのさまざまな要素を創造的に開発するための広範な計画と準備が必要です。

ディスプレイ広告は、全国広告または地方広告として開発されています。 地方の広告と比較して、全国の広告はより高いレートで運ばれるため、多額の予算とメディアの慎重な選択が必要です。

レート差は、ディスプレイ新聞広告の重要な特徴であり、広告主は特定の代替手段を介してそれに対処しようとします。 協同組合広告は、全国の広告主が地域の広告主と一緒に料金の差額の恩恵を享受するそのような取り決めの1つです。

ii。 クラシファイド広告または「希望広告」:

これは、読者の興味に応じて配置されたプロタイプの広告です。 通常、このような広告には見出しやイラストはなく、さまざまな広告で単一サイズです。 クラシファイド広告は一般に、新聞の広告収入のかなりの部分を占めています。

iii。 特別広告:

これには、一般通知、公示、法的通知、政治および政府のレポート、財務レポートが含まれます。 これらはディスプレイ広告よりも高い料金で請求され、ニュースやストーリーとは異なるように見せるために、単語広告が一番上に書かれています。

iv。 挿入物:

これらは、編集コンテンツの隣に配置されていない新聞の補足です。 挿入物は週を通して、特に日曜日の新聞に掲載されます。 挿入物は挿入物出版社によって印刷され、新聞ベンダーに配信され、特定のエディションで機械または新聞社によって挿入されます。 低価格で読者数が多いため、挿入物は広く使用されている広告媒体です。

タイプ# 5.雑誌広告

原則として、新聞広告は市場のほとんどの人々に届きますが、ほとんどの雑誌は市場の特定のセグメントにしか届きません。 Reader's Digestのような雑誌は、非常に特定の視聴者を対象としたあらゆる形態の広告メディアの中で最も専門的なメディアを提供します。 人口統計学的および心理学的な違いに関係なく、あらゆるタイプの消費者にアピールする一般化された雑誌もいくつかあります。

広告主には、さまざまな種類の雑誌に広告を掲載するための幅広いオプションがあります。 選択は、視聴者のタイプ、地理的範囲、および編集コンテンツによって異なります。 対象者は、消費者、またはビジネスハウス(貿易パターンを含む)、専門家、または産業です。

雑誌のサイズ、使用する紙の品質、印刷の品質、雑誌の配布と流通のパターンなどの雑誌の物理的特性は、メッセージ配信のために広告主が雑誌の種類を選択する他の考慮事項です。

タイプ# 6.インタラクティブメディア

インタラクティブテクノロジーは、選択性を可能にし、多くのオーディエンスグループにリーチする新しい形式の広告メディアです。 ラジオやテレビとは異なり、インタラクティブテクノロジーは双方向通信を提供し、受信機は情報の処理をより詳細に制御します。

インターネットは最も広く使用されているインタラクティブメディアの形式であり、インターネットを介した広告はさまざまな形式で行われます。 販売メッセージ、バナー広告、スポンサーシップ、ポップアップ、インタースティシャル、プッシュテクノロジー、およびWebリンクを配信するWebページは、インターネット広告の一般的な形式です。

Interactive Advertising BureauとPrice Water House Cooperの調査によると、インターネット広告は2006年上半期に記録的な80億ドルを記録しました。これは検索関連広告が40%増加したことによるものです。 インターネットは広告主を印刷広告から引き離し続けたため、オンライン広告も大幅に増加しました。


広告メディアの種類 -屋内広告、屋外広告、直接広告、プロモーション広告

1.屋内広告(プレス、ラジオ、テレビ、チラシ)

2.屋外広告(ポスター、ディスプレイ、リーフレットなど)

3.直接広告(販売レター、ストア出版物)

4.宣伝広告またはディスプレイ広告(ウィンドウディスプレイ、展示会など)

1.屋内広告

新聞、雑誌、ラジオ、テレビ番組などを介して広告が行われ、人々が自宅でメッセージを受け取れるようにすることは、屋内広告として知られています。

2.屋外広告

視聴者を動かしている人々にメッセージを伝えます。 一般的に、ほとんどすべての人は何らかの目的、たとえばオフィス、散歩、観光などに出かけます。これは、永続的で低コストであり、そのスタイルとカラフルな外観。

タイプ-ポスター、広告ボード、車両広告、電気ディスプレイ、リーフレット(チラシ)など。

3.直接広告

直接広告の目的は、顧客と直接接触することです。 広告主は、メール広告を介して自分の製品に興味を持つはずの顧客や一般の人々と密接な関係を保つことができます。 この書面によるコミュニケーションでは、つまり、手紙が使用されます。 そのメリットは、顧客との個人的な関係を維持できることです。

タイプ-セールスレター、回覧、小冊子、カタログなど

4.プロモーション広告

プロモーション広告の目的は、売り上げを増やすことです。 これらはディスプレイ広告とも呼ばれます。 これで、製品は見物人の注意と注意を引き付けるために体系的に場所に保たれます。 見物人を惹きつけ、店全体が魅力的に見えるので有益です。 柔軟性があり、消費者は製品とその機能を自由に調べることができます。

種類-ウィンドウディスプレイ、屋内ディスプレイ(ガラスで閉じたボード)、ショールーム、展示会など


広告 メディアの 種類 -トップ10の種類:壁画広告、プレス広告、映画広告、ラジオ広告、テレビ広告、その他

(1)壁画広告:

壁画または屋外広告の寿命は長いです。 それは一般的で幅広い魅力を持っています。 多くの人々の注目を集めることができます。 見込み客に思い出させるのは良いことです。 広告主は、広告で彼のスキルと芸術を使用する十分な範囲を持っています。

ただし、屋外広告には一定の制限があります。 長いメッセージを持つことはできません。 選択的な広告や特殊な製品には役立ちません。 保持値が低い。 その有効性を正確に測定することはできず、かなりの無駄につながる可能性もあります。 ビルの掲示板や買いだめは、世論に反対するため、今日は高速道路では歓迎されません。 (彼らは自然の美しさと環境を台無しにします)。

(2)プレス広告:

新聞は一般的で幅広い魅力を持っています。 これは非常に一般的な宣伝方法です。 新聞は柔軟でタイムリーです。 繰り返し広告が可能です。 サイズと内容の定期的な変更も簡単です。 ある程度の選択的な広告が利用可能です。 広告の有効性は、キー付き広告を持つことで推定できます。 新聞は販促支援を提供します。 それらは市場情報の最良のソースです。

新聞は、読み書きのできる人のほとんどにとって本当に生き方です。 閉店時間が短い。 締め切り時間とは、コピーを提出する必要がある発行前の期間を指します。 新聞の場合、この期間はわずか24時間です。 「見ることは信じる」という格言は、新聞広告に適用されます。 威信と信ability性を高めます。

しかし、新聞の寿命は短いです。 広告の無駄は相当なものです。 非識字はその効用に影響します。 雑誌や業界誌は、報道機関の広報手段です。 彼らは色付きの魅力的な広告に最適です。 寿命が長く、保持価値が高く、参照価値があります。 選択的アピールが可能です。

特定の市場セグメントにアプローチできます。 無駄を減らすことができます。 ただし、事前の計画が必要であり、広告の繰り返しを促進しないでください。 流通が制限されています。 連絡先あたりの単価が高くなります。

(3)映画広告:

それは幅広い魅力を持っています。 言語の壁を乗り越えることができます。 視聴覚(音と視覚)技術は、視聴者に最大の影響を与えます。 音と視力の両方が私たちのメッセージを伝えるために採用されています。 繰り返し広告が可能です。 ただし、スライドとフィルムの配布コストだけでなく、生産コストも非常に高くなります。 選択的な広告はできません。 有効性は測定できません。 映画の宣伝の無駄は相当なものです。

(4)ラジオ広告:

すべてのメディアの中で、ラジオのクローズ時間は最も短くなっています。ラジオはオーディオ(音)信号のみを使用します。 コピーは放映時間まで提出できます。 発表は非常に迅速に行うことができます。 ディーラーサポートを確保できます。 それは非常に幅広い魅力を持っています。 読み書きのできない人にも適しています。 メッセージの繰り返しは非常に一般的です。 話し言葉は、書き言葉よりも大きな影響を与えます。 ただし、ラジオは選択的な広告を許可できません。

詳細な情報を提供することはできません。 メモリ値が低い。 人々は、聞くものよりも見るものをはるかに覚えています。 そのコストは高いです。 リスナーは気に入らないかもしれないので、あまり効果的ではないかもしれません。 多くの場合、彼らは繰り返しメッセージに飽きています。 メディアの時間の長さは一時的です。 無線がチューニングされていない場合、メッセージが失われる可能性があります。

(5)テレビ広告:

テレビは、ビデオ(視覚)とオーディオ(音声)の両方の信号を使用します。 テレビには、ラジオのすべての利点、つまり音と説明、さらに視覚の利点があります。 目だけでなく耳を通しても訴えることができます。 製品は説明付きでデモンストレーションできます。 テレビは、個人的な対面の接触のように視聴者に届きます。

その程度までは、個人的なセールスマンシップのようなものです。 製品のデモンストレーションとセールスポイントの拡大と音声によるプレゼンテーションの機会が十分にあります。 それは本当に市場を作るためのマスコミュニケーションの素晴らしい手段です。 テレビは、コミュニケーションのすべての要素を組み合わせています。(1)イラスト、(2)音楽、(3)話し言葉、(4)書き言葉。

エンターテインメントと広告を組み合わせたスポンサー付きプログラムだけでなく、短いコマーシャルも用意できます。 セールスマンシップと広告の典型的な組み合わせを表します。

ただし、テレビの市場カバレッジは限られています。 テレビでの広告は高価です。 時間のコストに加えて、テレビ番組の制作コストはかなりのものです。 ラジオとテレビの両方のメッセージには、印刷された形式のメッセージのような寿命はありません。 テレビに長い広告コピーを含めることはできません。

(6)トランジット広告:

乗換案内広告は、バス、地下鉄、鉄道、およびバスまたはその他の公共交通機関の正面、側面、背面および輸送ターミナルに表示される屋外ディスプレイ内にあるカーカード広告で構成されます。 トランジット広告は最も低コストのメディアです。 地理的選択性と季節的選択性を提供します。 読者が多い。

歩行者や旅行中の一般の人々に届きます。 ただし、非ライダーは車両内にあるカーカードにさらされません。 カーカードはサイズが小さく、短いコピーのみを運ぶことができます。 トランジット広告は、運行中の公共車両の数によって数量が制限されています。

(7)ダイレクトメール:

ダイレクトメールとは、販売レター、フォルダー、パンフレット、小冊子、カタログなどを含む、メールで送信される広告(郵便送信)です。 ダイレクトメールは、最も個人的で選択的なメディアです。 希望する見込み客にのみ届きます。 最小限の個人用機能があり、コピーは非常に柔軟です。

個人的な連絡先がなくても、最大限の個人的機能を備えています。 製品またはサービスに関する詳細な情報を提供し、印象を持続させることができます。 その有効性は測定可能です。 広告主の意志によりタイミングを合わせることができます。 それは最大の個人的な魅力を持っています。 郵便局で許可されている任意のサイズ、形状、または形式を取ることができます。

ライバルの問題と直接競合するものではありません。 郵送全体が送信される前に、製品、価格、アピール、またはその他の要因について広範なテストを行うことができます。 ダイレクトメール広告の結果は、メールを組み込んだオファーを使用して確認できます。 ただし、ダイレクトメールは高価です。 適切なメーリングリストがない場合があります。 受信者は、エンターテイメントの価値がない可能性があるため、ジャンクメールと見なす場合があります。 それはマスコミュニケーションの良い手段ではありません。

(8)広告の専門:

これらには、カレンダー、本、マッチ、ペン、鉛筆ナイフ、キーホルダー、日記、メモ帳、シガーライター、吸い取り紙、ペーパーウェイト、財布、雨よけなど、さまざまなアイテムが含まれます。 彼らは費用や義務なしに広告ターゲットに与えられます。 広告主の名前、住所、電話番号、空売りメッセージが商品に刻印されています。

広告主は、市場の500の専門分野から選択できます。 広告の専門はリマインダータイプのプロモーションです。 彼らが顧客の注文と再注文につながることが望まれます。 ただし、販売メッセージに使用できるスペースは限られています。 彼らはまた高価です。

(9)購入の広告材料:

それは実際に販売促進デバイスを表します。 それは広告プログラムで使用されるディスプレイ素材をカバーしています。 そのような購買ポイントの資料には、パッケージの広告、ウィンドウバナー、シェルフトーカー、商品タグ、パッケージスタッファー、情報フォルダー、小冊子、およびその他の表示資料が含まれます。

(10)リーフレット、フォルダーなどは、工業製品の場合に使用されます。


広告メディアの種類–上位5つの広告メディア:放送メディア、印刷メディア、屋外および輸送、専門およびダイレクトメール

マーケティング担当者はさまざまな広告メディアを利用できます。

(1)放送メディア

(i)ラジオ

(ii)テレビ

(2)印刷媒体

(i)新聞

(ii)雑誌

(3)アウトドアとトランジット

(4)専門

(5)ダイレクトメール。

タイプ#1.ブロードキャストメディア:

広告主は、ラジオとテレビの2種類のメディアを使用して、電波で対象の消費者にリーチします。

(i)ラジオ

ラジオの媒体を使用する広告主は、国内または地方の広告主として分類される場合もあります。 ラジオはわが国では広告の傑出した手段であり、総広告予算の大部分を占めています。

ラジオは、国内または大規模な地域市場ではなく、主に地元の市場で使用されます。 多くの小規模広告主がラジオを使用しています。 大規模な組織も同様です。

テレビが広告シーンの要因になったとき、一部の業界のオブザーバーは、ラジオ広告が取るに足らないものになるか、消えることさえあると感じました。

これはそうではありませんでした。ラジオ事業者は、地元の聴衆にアピールする音楽などを特集するプログラムを提供することにより、この課題に応えてきました。 消費者はこのアプローチに非常に好意的に反応しています。 さらに、テレビは私たちの国ではあまり報道されていません。

ラジオ広告の利点は、即時性、低コスト、柔軟性、実用性、低コストの視聴者選択、およびモビリティです。 ラジオは非常にモバイルな放送媒体です。 それは、トランジスタラジオなどのポータブルレシーバーのために、自宅、車、または他の場所にいるほぼ全員に届き、大衆市場に到達する手段を提供します。

市場セグメントに到達する機会を提供するのに十分選択的であり、多くのステーションは特定の利益団体に焦点を当てています。 マーケティング担当者は、コマーシャルに最適な特定の時間帯と曜日を選択することにより、選択性を達成できます。 無線は多くの組織にとって安価な媒体です。

マーケティング担当者はコマーシャルタイムを購入できます。 さらに、非常に柔軟なメディアであり、商業資料の提出期限が最新です。 雑誌など、広告主が一般に公開される数か月前に広告主にメッセージを送信することを要求する場合があります。

無線の短所には、断片化、使用不能、将来の参照のための広告メッセージの使用、およびより少ない研究情報が含まれます。 ラジオのメッセージは短時間しか続きません。 その期間中に消費者が影響を受けない場合、コマーシャルの効果全体が失われます。

さらに、ラジオは聴覚にのみ訴えかけます。 テレビや印刷メディアのように、メディアは視覚的なコミュニケーション手段を利用できません。 個々のラジオコマーシャルの視聴者を見積もることは非常に困難です。 ラジオはマスメディアですが、視聴者全体のわずかな部分を超える単一の放送局や番組はありません。 実際、非常に選択的な媒体です。

異なるステーションは、異なる視聴者に向けてプログラムを目指しています。 ラジオメッセージは、短期間で準備または変更される場合があります。 したがって、広告主はラジオ広告のタイミングに大きな柔軟性を持っています。

(ii)テレビ:

最近のインドでは、ますます多くの広告メディアがテレビになりました。 わが国では、放送のタイミングが夕方のみであるため、テレビでの商業広告は厳しく制限されています。 テレビは視覚と音声のユニークな組み合わせであり、他のメディアよりも深い影響をもたらします。 これは、製品のデモが必要な広告主にとって特に有利です。

テレビ広告には、インパクト、マスカバレージ、繰り返し、柔軟性、名声という利点があります。 私たちの国では、誰もがテレビを持っているわけではありません。 したがって、すべての人に届くわけではありません。

さらに、人口の80%が住んでいるインドの田舎では、共同センターを除き、テレビもほとんどありません。また、電気が利用できる場所もそうです。 さらに、私たちの国のテレビ番組はあまり選択性を提供していません。 伝送は限られており、多くのセンターにはテレビ塔がありません。

テレビは音と視覚の両方の感覚に訴えます。 その結果、この2つを組み合わせて、インパクトのあるコマーシャルを制作します。 最後に、製品またはサービスがテレビで宣伝されているという事実は、製品とそのスポンサーの名声を高める可能性があります。 テレビを見ることから得られる喜びは、少なくとも潜在的に、媒体を通じて配信される広告メッセージに移すことができます。

The disadvantage include relinquishing control of the advertising message to the telecaster (who can influence its impact), high cost, high mortality rates for commercials, some evidence of public distrust and lack of selectivity. Only a limited message is possible because of the limitations on time.

It is not as selective as some of the other media. Consumers may easily ignore commercials by leaving the room where the set is located to attend to other matters. TV time is expensive, and it is not easy to get prime time.

Quite apart from the cost of TV time, the cost of producing commercials is very high. Production costs include the fee for such items as talent and filming, which must be borne by the advertiser. Commercial TV announcements are, however, in their infancy in our country, though they are fast catching up.

Type # 2. Print Media:

The print media carry their messages entirely through the visual mode. These media consist of newspapers, magazines and direct mail.

(i) Newspapers:

A sizable share of the total advertising budget is spent on advertising in newspapers. Newspapers in our country virtually reach most of the homes in the cities and many members of the family read them.

Their messages can be longer than those on the radio and TV and the message may therefore be more complex and lengthy. Since newspapers are local, marketers can easily use them to reach particular markets.

This selectivity is easily available. The closing times for ads in newspapers are not rigorous. Some are in the twelve-hour range. From the viewpoint of the advertiser, newspapers offer several advantages – they are local in content and appeal, and provide opportunities for direct communication between a product and its local dealers or distributors.

Because newspapers supply news, they offer an atmosphere of factual information and of currency that may be favourable for some advertising situations. Advertisers can reach a very broad audience through newspapers, which offer great flexibility.

The advertiser may- choose the specific areas to be covered, and the advertisement can be placed in newspapers at very short notice as compared with other media

Much of the advertising carried by newspapers is local promotion by retail stores, cinemas and other local organizations.

A disadvantage of using newspapers is that the cost of reaching a national or large regional market may turn out to be high. In addition, the printed copy does not reproduce the ad as finely as a magazine does.

Further, consumers do not keep the issue for long periods of time, nor do they pass it on to others, as they often do with a magazine. Finally, in the eyes of consumers, newspapers do not have the prestige of TV and some magazines.

(ii) Magazines:

Magazines are a means of reaching different markets, both regional and national, and of general and specific interest. An organization may approach national markets through such publications as the Dharmayug, the Business Week, and Femina.

Sports Week, and Film/are Regional magazines are available for those marketers who do not want a national coverage. Some marketers divide their markets on the basis of such variables as age, educational level and interests. They are likely to be concerned with special interest magazines.

Magazines are divided into those that serve business, industrial consumers, ladies, sports, etc. The diversity of magazines is tremendous. Some offer news or other “general interest” content to huge audiences. Others are highly specialized, technical or even exotic. In general, magazines offer advertisers the opportunity to reach highly selective audience.

The primary advantages of magazine advertising are- selectivity of market targets; quality reproduction; long life; the prestige associated with some magazines; and the extra services offered by many publications. The quality of magazine reproduction is usually high.

Consumers sometimes keep individual copies for long periods of time, reread them, or pass them on to others. Some magazines have prestige value. The marketer can cover national or large regional markets at a low cost per contact (per individual reached). Magazines generally offer high-quality printing for advertisements.

The paper used and the presses employed in magazine printing make possible the reproduction of the right colour, sharp details, etc. Another feature of potential interest to the advertiser is the mood or atmosphere created by some magazines.

Advertisements may be read more carefully and with greater depth of interest in a magazine than elsewhere, both because magazines tend to be kept longer and sometimes read repeatedly, and because of the specialized character of their contents.

The primary disadvantage is that magazines lack the flexibility of newspapers, radio and TV. Another disadvantage is the high cost. Because of the high cost factor, many small advertisers do not employ this medium.

Another problem is waste circulation, that is, individuals who are not target consumers are exposed to the advertising. Finally, magazines have long closing periods, sometimes as long as a month.

Business publications, popularly called trade journals or trade magazines, are also used for advertising. Business publications may be classified as general or specialized. Generally, they are specialized and have specialized appeals.

Advertisers hope that their advertisements will be more carefully and thoroughly read than those in consumer magazines. Additionally, the nature of many business publications is such that their editorial content is often relevant or related to the advertisements that are carried.

On occasion, editorial comment may be directly devoted to the specific products that have been advertised, especially to new products or processes.

The advertising rates of business publications are generally low – but their smaller circulation indicates that the cost per reader is high. From the advertiser's viewpoint, however, the latter is offset by the fact that these journals are meant for very specific audience groups such as doctors, engineers, etc.

Type # 3. Outdoor and Transit Media:

These reach consumers at points other than in their homes.

(i) Outdoor Advertising :

Outdoor advertising involves the use of signs and billboards, posters or displays (such as those that appear on a building's wall), and electric spectaculars (large, illuminated, sometimes animated signs and displays). The marketers may purchase billboards on the basis of showings.

A showing indicate the percentage of the total population of a particular geographic area that will be exposed to it during a one month period. The highest showing is 100. Here, the number of billboards is as would attract approximately 90 per cent of the local population about 20 times during a month. Signs are usually smaller than billboards and are erected and maintained by the marketer rather than by the advertising media.

This form of advertising has the advantages of communicating quick and simple ideas, of repetition, and of the ability to promote products that are available for sales. Outdoor advertising is particularly effective in metropolitan and other high-traffic areas.

Another advantage of outdoor advertising is that the advertiser can use this medium to bring the product to the attention of consumers; or to remind them of the product, while they are on shopping trips or are disposed toward shopping.

Consumers see the billboards or signs many times as they drive to and from work, shop, and run errands. Advertisers may utilize this medium to economically reach a large mass of people or small-local markets.

The medium is “disadvantaged” by the brevity of its message and by the public concern over aesthetics. Usually, the message is short, not over eight words, otherwise those who drive by would not have time to read it. Also, the future of the industry is subjected to some doubt. The public's adverse reaction to what it considers to be the clutter of signs and billboards is fairly strong.

Finally, auto-drivers and passengers are confronted with numerous distractions, including other cars; scooters, scenery, other billboards, and conversation inside the vehicle. Thus, many consumers do not perceive the advertisements clearly. Signs are common that specify the name and nature of the business and that promote merchandise (window signs), especially at the retail level.

Some are distinctive and are useful in generating interest in the establishment and in aiding consumers in locating it. Marketers should design signs that can be easily seen by passerby and that stand out from other signs. The sign should be easily visible from a block away and contrast nicely with other nearby signs that are in different colours.

Window signs are a possible means of generating consumer interest in particular items. The products that are on sale or that are new lend themselves to special promotion efforts. Signs indicating that a new product is available, or that some products are on sale, or that additions to the stock have been made might be of special interest to consumers.

(ii) Transport Advertising:

Transport advertising appears on the inside or outside of taxis, buses, railways, streetcars, and other modes of passenger transportation. Marketers may use transit advertising to attain high exposure to particular groups-commuters on their way to and from work, and tourists.

Repeat exposure is possible, for a majority of the people in our country use public transport on a recurring basis. Transport advertising is useful in reaching consumers at an advantageous point in time -while they are embarking on a shopping trip. This medium is a low cost medium.

A disadvantage of transit advertising is that the message conveyed must be short. The marketer who has a long and complex set of communications to transmit, should seek another medium. Transport advertising reaches only that segment of the population who are passengers or in the vicinity of the vehicles as they move by (where the message appears outside the vehicle).

Finally, only a limited amount of advertising space is available. The would-be sponsor may well find that adequate space cannot be had.

From the advertiser's standpoint, outdoor advertising is often viewed as supporting his advertisements in other media. Billboards can reach large numbers of people at relatively little cost, and they serve as reminders, a means of emphasizing ideas, or as prompters of impulse purchases. Messages communicated via outdoor advertising are obviously restricted to a very brief and easily understood content.

The most familiar types of advertising are car cards, displays, and posters found in or on buses and other means of mass of transportation.

Transportation advertising is sold by specialized firms, and the rates are generally based on the number of Vehicles on which, or the other locations in which, the advertising is to be shown. Transportation advertising is often coordinated with outdoor advertising, making use of the same or similar pictures and messages.

Type # 4. Speciality Advertising:

It involves placing the sponsor's name and, often, a short message on novel or useful articles. These include calendars, pens, pencils, desk pads, paper weights, ash trays, drinking glasses, diaries, personalized business gifts of a modest value, shopping bags, memo pads, balloons, yardsticks, key rings, and hundreds of other items.

Ordinarily, marketers use speciality articles to reinforce messages carried by other media, they do not employ them as the prime thrust of their advertising programmes.

This medium is low in cost. It provides the advertisers with an opportunity to remind target consumers of the products offered by him. Consumers are exposed to the message quite frequently (every time that they pick up their pens or look at their calendars.

Finally, the marketer can be selective in directing speciality articles to specific target consumers. Waste circulation can be kept to the minimum, sales persons may be instructed to pass out speciality items only to those prospects who are likely to become good consumers.

Type # 5. Direct Mail:

It is one of the most important classes of advertising media. The concerns that employ direct mail brochures, sales letters, postcards, leaflets, folders, booklets, catalogues and house organs, etc. In a sense, the advertisers act as their own media.

The direct mail offers the advertisers a maximum of selectivity and flexibility. They do not generally use advertising media, such as TV or magazines. Direct-mail advertising is generally much more expensive than advertising in other media, because of the high costs of delivering messages individually.

It also suffers from a lack of prestige- unhappiness with junk mail is widespread. Some prospects consider direct-mail materials to be a nuisance and simply deposit them in a waste paper basket without reading the contents. Marketers often experience difficulty and incur high costs in obtaining a list of good prospects and in updating the list as new prospects appear and old prospects disappear. Further, the cost per contact can be high in relation to other media.

The advantages of directs mail include selectivity, intensive coverage, speed, format flexibility, complete information and the personalization of each mailing piece. Direct mail purchasers also tend to be consistent buyers by mail. There is minimal waste circulation, for the mailing list consists only of those who are likely prospects for the product or service in question.

The marketer can keep down the cost of a direct mail campaign by using a mailing list of limited size (although the cost per contact is then high). There are no media closing dates.

The only restriction as regards time is the time needed to obtain the mailing list, design and reproduce the direct mail pieces and forward them to the prospects. Moreover, direct mail is free from many of the distractions, such as editorial material and other advertisements that appear in the media.

Finally, marketers can tailor the quality of the production work to their exact needs. The quality may range from fliers printed on inexpensive paper to impressive brochures and personalized letters. These cost time. The effectiveness consideration makes direct mail an ideal medium.

A disadvantage of direct mail is its high cost per reader. Direct- mail advertising is, moreover, dependent on the quality of the mailing list.


Types of Advertising Media – Print Media, Electronic Media, Direct Mail, Outdoor Advertising, Point Of Purchase Advertising, Digital Interactive Media and Few Others

Type # 1. Print Media:

It is a media through which people at places and of all types can be reached. Depending upon the circulation, readers, geographical area, cost of space and reputation the selection can be made out of newspapers, magazines and journals. Newspapers are dailies where magazines and periodicals are published periodically for professionals.

Type # 2. Electronic Media:

This consists of radio, TV, and cinema advertising. Radio and TV, are also known as Broadcast media. These are transmitted through radio and television stations. Now, there are All India Radio, FM Radio, number of TV channels. Cinemas, the slides and trailors can be used before the show and in the interval time.

Type # 3. Direct Mail Advertising:

In this media, advertisements literature and materials are sent directly to target group of customers. Business organizations prepare a mailing list and a set of materials are forwarded to them. These include pamphlets, brouchers, price list, catalogues, folders sales letters etc.

Type # 4. Outdoors Advertising:

In this media, the advertisers use posters, billboards, neon signs, electrical displays etc. The posters are posted at various places, bill boards or large hoardings are fixed on busy roads and streets, sign boards are used in vehicles and railways, noen signs are put up at bus shelters railways stations and high rise buildings etc.

Type # 5. Point of Purchase Advertising:

In this media, there is a chance of keeping, pasting and putting the banners, stickers and posters inside the retail shops. Now, the big bazaars and malls make use of this media and influence the customers instantly. In case of any doubts, the customers can consult the salesmen working inside the shops.

Type # 6. Digital Interactive Media:

Now a day, the internet facility has revolutionized the advertisement media. Wide across the globe, the internet has become a common media for advertisement. In this media, the banners and advertisement clippings are tagged to websites. All those who visit the website are going to have a glance on such ads. Because, these clippings are made very effective, influencing and attractive. This internet advertising has created a huge target market. The midst coverage renders this media a cheaper one, and also very attractive one.

Type # 7. Yellow Pages:

In all areas, the organizations and associations of business owners bring out the directories giving detailed information of their businesses. In between the pages of other information the yellow pages are inserted which are meant for advertisements only. Businessmen can avail a full page or half page both on the back of cover pages also. These act as a ready reckoner and provide the necessary information quickly.

Type # 8. Other Media:

There are other media like product placements and infomercials. Product placement refers to the promotion of a product in a movie so as to influence the customers unknowingly entering the subconscious mind of the consumers. In many films, the great celebrities are linked to particular institution or product. For instance, ICICI Bank in Baghban, Cadbury's India in Koi Mil Gaya.

Infomercials are television (advertisements) commercials that seen as long as a typical programme lasts. It is also known as teleshopping where the advertisement is shown at a time other than peak hours either late at night or early in the morning. These make use of catchy phrases and celebrities as guests or hosts in the advertisements.


Types of Advertising Media – Print Advertising, Mural Outdoor Ads, Interior Display/Counter Display, Fairs and Exhibition

Media of advertisement refers to any device or object used to communicate message, written or oral to potential consumers.

1. Press Advertisement:

特徴:

私。 Most popular medium of advertisement in modern times

ii。 Cheapest media

iii。 Wide circulation.

Forms:

Two forms viz.:

a。 Newspaper Ads.

b。 Magazines/Journal's Ads

2. Mural Outdoor Ads:

These ads attract customers when they are out of home. Mural ads are displayed on roads, buildings etc. Such ads are quite common and widely used. They are complement to Press Ads.

Examples are as under:

私。 Poster – These are paper or card boards pasted on walls, of common places. Posters are prepared in very attractive manner and coloured designs.

ii。 Advertising Boards – These are boards generally made of tin, big in size and painted in attractive, beautiful colours, designs and pictures carrying advertising message in brief. They are placed on or near Main Road Crossings, Railway and Bus Stations, Cinema Halls, Educational Institutions, so as to attract attention of largest number of persons passing through those places.

iii。 Electric Displays – A latest and more attractive form of outdoor advertising. Under it, name, design etc., of product is written in bright colours and illuminated. Such displays attract people's attention specially in night hours.

iv。 Window Display – A very common form of outdoor advertising. Counters/windows are attractively decorated to draw attention of people. They are also fixed at some important places like Cinema Hall, Bus Stand, Railway Station, Airports, etc. Value of a shop is often judged by nature and content of window displays.

3. Direct Mail Advertising:

Here, information about a product is sent to the customer by post. Also called Direct Advertising as this method approaches persons directly. It is also called 'Advertising through Letter Box'. In the words of JWW Cossets “Direct Mail Advertising is using the letter box to tell the right people about right goods at right time in the right way.”

特徴:

私。 Advertisement messages are prepared in writing.

ii。 Messages are addressed directly to some selected persons.

iii。 Message may differ from person to person.

iv。 Such advertisements are read indoor as they are sent to their residential or official address.

Forms/Types:

私。 Circular – Circulars are prepared in large number and contain same matter. It is despatched simultaneously to a large number of persons. Circular may relate to information about arrival of new goods, any special prize scheme, new prices, any policy change etc. A very popular form.

ii。 Business Reply Card – Here, two cards are used of the post card size. One card is used by advertiser to inform the persons about product. Other card is to be used by customer to send reply immediately without loss of time, eg, place the orders.

iii。 Price List – Some businessmen prepare and send by post the list of latest prices of their products. Idea is to inform the customers about changes in prices of products from time to time.

iv。 Booklets – It is a mini book of small size, containing complete details of a particular product or same selected products. It also contains pictures and diagrams specifying the product. It is sent to some selected customers.

v. Catalogue – Catalogue is quite similar to booklet in physical make up except that it is larger and presents wider variety of items. It has more substantial contents and can be kept for a longer period of time and as such serves as a reference.

vi。 Magazines – Some companies particularly big ones bring-out their own magazines at regular intervals. These magazines give complete details about company and its products.

vii。 Sales Letters – Sales letters are meant to induce prospective buyer to buy the given product or avail a given service. These letters are based on 'AID-A' principles viz., A=Attention, I=Interest, D=Desire and A=Action.

viii。 Personal Letters – Businessmen, sometimes, post personal letters to their customers, like letters sent to friends, relatives or family members. These letters contain some details about products, terms and conditions of sale, or some business problems between businessmen and customers.

ix。 Gift Novelties – Some gift items such calendars, pens, pencils, glasses, plastic containers, cigarette cases, ashtrays, openers, diaries, wall clock, utensils samples are sent by businessmen to selected customers. The aim is to win the hearts of customers and build image of firm for a longer period. These items remind customers about the producers and his products, for example –

(a) Calendars hung on walls echo name and products other firm;

(b) Samples even give opportunity of testing the product.

バツ。 Package Inserts – These are small leaflets used to encourage repeated purchases of the allied products or other goods. For example, Colgate Palmolive Company prints on the lap of package 'Use Colgate brush for better results.'

4. Interior Display/Counter Display:

Interior display refers to display inside the shop. To-day, it is regarded as highly significant. Certain types are – Open Displays, Closed displays, Top of Counter Displays, Architectural Displays etc.

メリット:

私。 It is Easier to Find and Buy Products – Customers having gone through newspapers, rush to stores and easily find the products on internal display. This eases their selection and helps salesman also to some extent.

ii。 It helps to sell Allied Products – Along with advertised products, some allied products are put on internal display, these may be high priced products also. And internal display attract customers quite often to buy high priced goods in preference to advertised one.

iii。 Stores Look Bright and Attractive – Interior displays set with bright, colourful and beautified formats make the look of stores / shops fascinating making customers move around internal arrangements. Shopping becomes pleasant and it even regularises the occasional customer.

iv。 Periodical Changes – Progressive business units make periodical changes in interior displays to suit changing seasons and demand pattern. “Changing Face” tailored to seasons/demand patterns create an impression that store is new and fresh. This arouses customers' interests,

5. Fairs and Exhibitions:

An exhibition is a big fair (or mela) where many manufacturers get together to display their product to dealers/consumers. Exhibitions are organised by group of producers, their associations and individuals also. Exhibitions are of local, regional, national or international level. Of late, governments of various countries have taken keen interest in international exhibits.

6. Other Media of Advertising:

私。 Cinema – Cheapest and most popular medium. Advertisers get cinema slides played at the start of film and during interval.

ii。 Loud Speakers – Messages are announced in different localities through loudspeakers placed on hired rickshaws, Tempos, Cars etc.

iii。 Sky Writing – Here, some words are written on sky with the help of a special gas by aeroplane. These words stay on sky for a few seconds. This method is not popular in India.


 

コメントを残します