関心のある上位7つの理論(ダイアグラム付き)

以下のポイントは、関心のある上位7つの理論を強調しています。

理論は次のとおりです。1.生産性の関心理論2.禁欲または待機の関心理論3.オーストリアまたはアギオの関心理論またはボーム・バヴェルクの「時間選好理論」4.フィッシャー教授の時間選好理論5.古典理論利子または資本の利子理論およびその他の需要と供給。

興味の理論#1. 生産性の興味の理論:

この興味の理論は、JBクラークとFHナイトによって説明されました。 さらにマーシャル、JBセイ、フォントゥネンはこの理論を支持した。

この理論によると、資本の生産性のために関心が生じます。

労働者が資本財の助けを借りて生産する量は、一般的に、単独で働くときに生産できる量よりも多い。 機械とツールは、それらを使用する人々の収入を常に増加させます。 それが、彼らが個々の雇用主から要求されている理由です。

さらに、一部の古典的な経済学者は、利子は生産的であるため資本に支払われる報酬であると考えています。 実際、資本の生産性から利子が支払われます。 より多くの資本が労働およびその他のリソースとともに使用されると、全体的な生産性が向上します。

借り手(起業家)がより高い生産を獲得する資本を採用することにより、彼はこの追加生産の一部を資本の所有者に利子の形で支払うべきです。 理論は、生産的であるために資本が要求されることを意味します。 そして、その価格は生産的であるため、すなわち、利息を支払わなければなりません。

その批判:

この理論の重要な批判は次のとおりです。

私。 この理論は一方的です:

エコノミストはこの理論を一方的なものと呼んでいます。 資本の需要の側面にのみ関連しており、供給側を完全に無視しているため、それは半分真実です。 ただし、資本の供給が豊富な場合、資本生産性がどれほど大きくても、利子の問題は発生しません。または、少なくとも、利子は通常になります。

ii。 資本の生産性の向上のみを考慮します。

次に、この理論は、資本の生産性が高い場合、利子が支払われることを示唆しています。 それどころか、資本が不足している場合、相対的な不足は大きくなり、金利は高くなります。

iii。 資本の生産性は異なります:

繰り返しますが、資本の生産性は産業や取引によって異なります。 これは、金利が産業ごとに異なるべきであることを意味します。 しかし、実際には、純粋な金利は市場全体で同じであり、借り手はあらゆる用途で資本を借りることができます。

iv。 正確な生産性の測定が難しい:

資本は労働やその他の要因の助けなしでは何も生産できないため、資本の正確な生産性を測定することは困難です。

v。 消費ローンに対する利子はいくらですか?

この理論は、消費ローンに支払われる利子を説明することに失敗します。 実際には、利付ローンも消費目的で作られていることがわかっているためです。

興味のある理論# 2. 禁欲または待っている興味のある理論:

この理論は、18世紀に著名な経済学者NWシニアによって説明されました。 彼によると、 「資本は貯蓄の結果です」。 彼は、後に資本財に具体化された貯蓄が、犠牲と呼ばれた「禁欲」を伴うことを指摘した最初の経済学者でした。

人々は、収入のすべてを現在の商品の消費に費やすことができます。 しかし、彼らが救うとき、彼らは現在の消費を「控え」ます。 そのような禁欲は嫌です。 したがって、人々を救うように誘導するために、私たちは彼らに彼らの犠牲の代償としていくらかの誘導を提供しなければなりません。 したがって、関心は禁欲の補償です。

マーシャルは禁欲を「待つ」という言葉に置き換えた。 貯蓄とは、個人が収入の一部を貯めたときに、消費を永遠に控えないことを意味します。 彼は消費を一定期間だけ延期します。つまり、貯蓄の成果がその後増加するまでです。

その間彼は待たなければならず、原則として人々は待つことを好まない。 節約するだけでなく、あらゆる種類の生産的な活動には待機が伴います。 作物をまく農民は、作物が収穫されるまで待たなければなりません。 種を植えた庭師は、種が木に成長して果物を収穫し始めるまで待たなければなりません。

したがって、待機は生産の必要条件です。 したがって、それは生産の別の要素であり、他の要素に置き換えることができます。 待機は生産の要因であるため、その価格は限界分析によって決定されます。 つまり、利子率は、貯蓄の限界増分を要求するのに必要な報酬と等しくなる傾向があります。

その批判:

この理論は、次の理由で批判されています。

私。 この理論は、資本の生産性を考慮していません。

実際、ここでは借り手は生産的であるため、資本を使用して支払います。

ii。 この犠牲では測定できません:

この理論では、犠牲の感覚や貯蓄の実際のコストを測定することはできないため、この理論によって特定の利子率がどのように達成されるかを見るのは困難です。 この理論は主観的であり、実際には受け入れられません。

iii。 彼らは十分なお金を持っているので、この豊かで不便をほとんど経験しません:

私たちが経験したように、資本の大部分は収入の余剰がある裕福で裕福な貸し手から来ているので、消費の不便や犠牲をほとんど経験せず、彼らは素晴らしい収入で何をすべきかわからないので貯蓄します。 したがって、単なる犠牲は、利息の支払いを正当化するものではありません。

iv。 犠牲の感覚の強さも個人によって異なります。

多くの場合、小さな手段を持っている人は貯蓄に喜びを感じることがあります。贅沢な金持ちは貯蓄しなければならない場合、大きな喜びを失うかもしれません。 この批判への答えとして、マーシャルは、理論上の「禁欲」を置き換える「待機」という用語を提案しました。当分の間、これは補償されなければなりません。 しかし、キャナンは「待つ」という言葉を支持しませんでした。 彼の意見では、「waiting1」は、不作為と不作為が実際の生活では何も生成しないことを意味します。

v。 この理論は一方的と呼ばれてい ます。

貯蓄や資本の需要につながる要因を無視して、供給側のみを強調しているためです。 したがって、消費を控え、資本形成のためのリソースを節約するための報酬として利息を支払うことができます。 おそらく、これは特定の現代の経済にも当てはまります。

興味のある理論# 3.オーストリアまたはアギオの興味のある理論、またはボーム・バヴェルクの「時間優先理論」:

ジョンレイは1834年にこの理論を詳しく説明しました。さらに、ボームバヴェルクはこの理論を精巧な方法で開発しました。 オーストリアのエコノミストであるボーム・バヴェルクは、時間選好に基づいて利子を説明しようとするこの理論の主要な指数です。

この理論によると、関心はアギオに対する報酬の時間の価格、すなわち時間の好みです。 人間は一般に、将来の収入と消費よりも現在の収入を好むと主張されてきました。 将来の消費と比較して、現在の消費には「アジオ」またはプレミアムがあります。

将来の満足度は現在から見ると割引になるため、人々は現在の商品を将来の商品よりも楽しむことを好みます。 興味はこの割引であり、人々にお金を貸し、それによって現在の満足を将来に延期させるために支払わなければならない。 したがって、興味は、人々が現在から未来に自分の時間選好を変えるように誘導するために作られた報酬です。

Bohm-Bawerkによると、人々の肯定的な時間選好は、次の理由に起因する可能性があります。

a。 未来の欲求または遠隔の欲求と比較して、現在の欲求は人々により強く感じられます。

b。 将来の欲求は、誘惑に抵抗する意志力の欠如、想像力の欠如、楽しむことができるかどうかについての未来に関する不確実性などのさまざまな要因のために、人々によって過小評価されることがよくあります。

c。 現在の商品はすぐに投資し再投資できるので、現在の商品は資本主義の生産方法において将来の商品よりも技術的に優れているようです。 このように、資本の生産性が高いため、近い将来に多くの商品を蓄積することができますが、将来の商品は遠く離れた将来にのみ投資および再投資できます。

興味のある理論# 4.フィッシャーの時間選好理論:

フィッシャーの時間選好理論は、ボーム・バヴェルクの修正理論です。 この理論は、ボーム・バヴェルクの関心理論に基づいています。 この理論を説明しながら、フィッシャー教授は次のように述べています。時間選好理論は、ローンの供給は、将来よりも特定の金額を好むという事実に依存しているという考えを強調しています。

人々は通常、現在の商品よりも将来の商品に低い評価を付けます。 時間の好み(つまり、未来よりも現在の好み)のため、人々は現在の消費に収入を費やすことを切望しています。 したがって、誰かが誰かに貸すとき、彼は彼の現在の消費をあきらめなければなりません。

彼は、何らかの報酬を提供された場合にのみ、現在の消費を残す準備をすることができます。 この報酬は興味です。 現在の消費に費やす意欲が高いほど、金利は高くなります。 したがって、利子率は、時間選好または現在の消費に収入を費やす意欲に依存します。

実際、フィッシャーは「将来の収入1ドルに対する現在の1ドルに対するコミュニティの選好の指標」として関心を定義しました。現在の収入に対する人々の選好の強さは、主観的および客観的要因のホストに依存すると述べました。

これらは以下にグループ化されています。

(i)意欲、および

(ii)機会。

このように、フィッシャーは興味の彼の理論に基づいて、2つの原則、すなわち:

1.焦りや意欲の原則

2.投資機会の原則。

彼は、利子は将来の収入に対する現在の収入に対する人々の選好によって決定され、それは意欲の原則と投資機会の原則によって決定されると定めた。

(a)焦りや意欲の原則:

これは、次のようないくつかの要因に依存します。

(i)収入の大きさ、

(ii)収入の構成、

(iii)収入の分配、

(iv)将来の収益の不確実性要素、

(v)先見、注意などの個人属性

これらの要因の中には、人々の忍耐を促すものもあれば、焦りを引き起こすものもあります。 たとえば、収入が十分な場合、人々は現在の欲求にもっと満足し、より低いレートで未来を割り引くでしょう。 将来の不確実性が高度に推定される場合、焦りの割合は高くなる傾向があります。

意欲率が市場金利よりも低い場合、人は自分の収入に喜んでなり、将来利益を得ることを望みます。 しかし、市場金利が意欲率より低い場合、その人はお金を借りてそれを現在の消費に使いたいと思うでしょう。

(b)投資機会の原則:

この原則は、金利のもう1つの決定要因です。 この原則は、特定の意味で見たコストに対する収益率を指します。 この現象を説明するために、個人が、代替である2つの収入源を暗示する代替投資提案に直面していると仮定しましょう。 したがって、彼が別の収入源に置き換えるためにある収入源を撤回するとき、その撤回で経験した損失は「コスト」であり、採用された新しい収入源から生じる利益は「リターン」です。

したがって、コストに対する収益率は割引率であり、投資機会の現在の正味価値を均等化します。 さまざまな投資提案のランキングは、金利に関連して決定されます。

割引率が市場金利よりも高い場合、2つの代替案のうちの1つは放棄されます。 コストよりも収益率が高い投資機会は受け入れられ、収益率の低い投資機会は拒否されます。

要するに、意欲率と限界収益率は、将来の収入ではなく現在の収入に対する人々の選好を決定し、それが金利を決定するということです。この設定。 このように、フィッシャーの理論は、時間選好を資本供給と利子率の唯一の重要な決定要因と見なします。

その批判:

フィッシャーの今回の選好理論は、多くの著名な経済学者によって厳しく批判されてきました。

重要な批判は次のとおりです。

私。 この理論は一方的です:

現代の経済学者はこの理論を一方的なものと呼んでいます。 資本に供給価格がある理由は説明されていますが、資本に需要がある理由は説明されていません。 資本の生産性の側面を完全に無視します。

ii。 この理論は、銀行の信用の入力を認識できません。

貯蓄だけの結果として資本の供給を考慮し、説明します。 銀行システムおよび商業銀行による信用創造が投資および利子率に与える影響を認識していません。

iii。 ここで、時間選好には実際的な意味はほとんどありません。

エーリッヒ・ロールなどのエコノミストは、時間選好の存在自体が疑わしいと述べており、たとえ存在していても、関心の決定における時間選好の正確な意味を知ることは非常に難しい。

iv。 この理論は「不正な視覚化」と呼ばれています。

一部の批評家にとって、人は常に将来の消費よりも現在の消費を好むため、延期に対して支払われるプレミアムを常に主張するのは適切ではない、または間違っていると言うのは間違っています。 それどころか、奇妙なことに、非常に多くの場合、人は現在の消費よりも将来の消費に大きな満足を感じていることがわかります。 したがって、これらの議論では、経済学者はこの理論を金利決定の正しい原則とは呼んでいない。

興味のある理論# 5. 興味のある 古典的な理論、または資本の興味のある理論の需要と供給:

この理論は、ピグー教授、マーシャル教授、ワルラス、ナイトなどの著名な経済学者によって説明されました。この理論によれば、利子は、物理的資本の限界生産性に等しい資本の生産的使用に対する報酬です。

したがって、古典的な見方をしているエコノミストは、「金利は資本の需給によって決まる」と述べています。 資本の供給は時間選好によって支配され、資本の需要は資本の予想される生産性によって支配されます。 時間の選択と資本の生産性の両方は、待機または節約に依存します。 したがって、この理論は、待機または節約の需給理論としても知られています。」

資本の需要:

資本の需要は、貯蓄の需要を意味します。 これらの資金を使用して行われる資本プロジェクトは非常に生産的であるため、投資家はこれらの貯蓄に利子を支払うことに同意するため、実現される投資収益は借入コスト、すなわち利子を超えます。

要するに、資本は生産的であるために必要とされます。つまり、コスト、つまり利子をカバーした後でも収入を生み出す力を持っているからです。 したがって、資本の限界生産性曲線は、資本の需要曲線を決定します。 ポイントの後のこの曲線は、下向きの傾斜曲線です。 しかし、起業家は投資について決定する際に、資本の限界生産性を一般的な市場金利と比較します。

資本の限界生産性=資本の限界物理的製品x製品の価格。

金利が下がると、資本の限界生産性が金利に等しくなるまで、起業家はより多くの投資をするように誘導されます。 したがって、金利が低下すると投資需要が拡大し、金利が上昇すると投資需要が縮小します。 そのため、投資需要は金利の逆関数とみなされます。

資本の供給:

資本の供給は、基本的に経済における貯蓄の利用可能性に依存します。 貯蓄は、人々の貯蓄する意欲と能力から生まれます。 シニアのような一部の古典的なエコノミストにとって、フィッシャーのようなエコノミストが貯蓄行動をとるには、消費の禁欲が不可欠です。 時間の選好は、救う人々の基本的な考慮事項であることを強調します。

両方の見解において、金利は貯蓄の決定において重要な役割を果たします。 化学経済学者は一般的に、貯蓄率は金利の直接関数であると考えています。 つまり、貯蓄は利子率の上昇とともに拡大し、利子率が下がると貯蓄契約になります。 貯蓄関数または貯蓄曲線の供給は上方に傾斜する曲線であることに注意する必要があります。

均衡金利

均衡金利は、資本の需要と供給の両方が等しい時点で決定されます。 言い換えれば、投資が貯蓄と等しくなる時点で、均衡金利が決定されます。

これは、次の図に示されています。

ここで示される図では、ORは貯蓄曲線の供給が投資需要曲線と交差する点で決定される平衡利子率であり、OQの貯蓄量が供給され、投資されます。 これは、資本OQの需要が、均衡金利ORでの資本OQの供給に等しいことを意味します。

実際、資本の需要は、資本の生産性と資本の供給に影響されます。 節約は、コミュニティのth約習慣によって条件付けられます。 このように、古典的な利子理論は、経済における実質要因、th約、生産性が利子率の基本的な決定要因であることを意味します。

その批判:

古典派経済学者の利子理論は、ケインズなどによって厳しく批判されてきました。

重要な批判は次のとおりです。

私。 関心は純粋に金融現象です。

ケインズによれば、利子は純粋にお金の現象であり、お金の使用に対する支払いであり、利子率は貯蓄に対するリターンではなく、流動的な現金との別れ(すなわち、嫌悪感)に対する報酬です。 ケインズは、貯金されていないが先祖から受け継いだお金を貸すことで関心を得ることができると言っています。

金利の決定に対する金銭的要因の影響を完全に無視しています。 古典的な経済学者は、お金を商品やサービスの交換媒体としての「ヴェール」と見なしていました。 彼らはお金を価値のストアとして考慮に入れませんでした。

ii。 興味のある理論は混乱し不確定です:

ケインズは、古典的な興味の理論は混乱を招き、不確定だと言っています。 貯蓄と投資のスケジュールを知らない限り、利子率を知ることはできません。これは、利子率が分からない限り知ることができません。 したがって、理論は決定的な解決策を提供できないと言うことができます。

iii。 この理論は非現実的であり、ダイナミックな経済には適用できません。

消費に費やさない所得は必然的に投資に振り向けられるべきであると想定しているため、貯蓄が蓄えられる可能性を無視しています。 貨幣理論を経済理論の一般的な本体に統合することはできません。

iv。 古典主義者は、利子率を貯蓄と投資の間の均衡化要因として説明しています。

しかし、ケインズによれば、「金利は、現在の消費を控える準備をして投資する資源の需要を均衡に導く価格ではありません。 富を現金の形で保持したいという欲求を均衡させるのは価格です。」

v。 この理論は範囲が狭い:

消費ローンを無視し、生産的な目的に使用される資本のみを考慮しているためです。

vi。 ケインズは、利子率の定義と決定についても、古典的な経済学者とは異なります。

ケインズは、利子は特定の期間の流動性との別れの報酬であると述べています。 彼は、利子が資本の需要と供給によって決定されることに同意しません。 これらの議論により、ケインズは利子の古典理論を完全に間違っていて不適切であるとして完全に却下しました。 彼は、決して分類主義者の見解に同意したことがありません。

利子の理論# 6.ローン可能基金の利子の理論:

新古典派または貸付基金理論は、スウェーデンの有名な経済学者であるノットウィックセルによって説明されました。 さらに、この理論は、オーリン、ロバーソン、ピグーおよびその他の新古典派経済学者によって詳述されました。 この理論は、古典的な興味の理論を改善する試みです。 この理論によると、利子率は、貸付可能な資金の需要と供給によって決まる信用の価格です。

ラーナー教授の言葉では:

「価格は、「クレジット」または貯蓄プラス期間の金額の純増加の供給を、その期間の「クレジット」または投資プラス正味の「買い入れ」の需要に相当します。」

ローン可能資金の需要:

貸付可能資金の需要には、主に3つのソースがあります。

(i)政府、

(ii)ビジネスマン、および

(iii)投資、買いだめ、消費の目的でそれらを必要とする消費者。

政府は、公共事業の建設または戦争準備または公共消費のために(法律と秩序、管理、正義、教育、健康、娯楽などを維持するため)資金を借りています。 うつ病の際の赤字予算を補うため、または他の開発目的に投資するため。 一般的に、政府が融資可能な資金を要求することは、金利の影響を受けません。

ビジネスマンは、資本財の購入と投資プロジェクトの開始のために借ります。 ビジネスマンや企業は、生産を実行または拡大するためにさまざまな種類の資本財を必要とします。 ビジネスマンがこれらの資本財を購入するのに十分なお金を持っていない場合、彼らはローンを取ります。

貸付可能資金に対するビジネスマンの投資需要は、その生産量に依存します。 一般に、貸付可能資金に対する利子と企業の投資需要は反比例の関係にあります。 これは、高い金利に対する需要が少なくなり、低い金利に対する需要が増えることを意味します。

消費者は消費目的でローンを取ります。 彼らは現在の消費を好み、現在の収入が許すよりも多くの消費、商品を購入したいと望んでおり、そのためにローンを取ります。 彼らは主に2種類の消費財を購入するためにローンを取ります。

第一に、耐久消費財であり、第二に日常使用の消費財を購入することであり、彼らは通常、売り手との口座を開設し、信用ベースで商品の購入を続けます。 これらに加えて、彼らは投資や投機目的でもローンを取ります。 この背後には、利益の動機があります。

貸付資金への供給:

貸付可能な資金の供給は、貯蓄、ディスホーリングおよび銀行信用から来ています。 個人貯蓄と個人貯蓄は、貯蓄の主な源泉です。 個人の貯蓄は収入レベルに依存しますが、与えられた収入のレベルを取りますが、彼らは金利弾力性とみなされます。 金利が高いほど、貯蓄への誘因は大きくなり、逆もまた同様です。

金利と貸付資金の供給の間には、前向きな関係があります。 これは、より高い利子でより多くの貸付資金が供給され、より低い利子でより少ない供給があることを意味します。 したがって、貸付可能な資金の供給曲線は、左から右へ上向きに傾斜する曲線になります。

金利の決定:

貸付資金の需要と供給の間の均衡(または貸付資金の需要曲線と供給曲線の交点)は、市場金利の決定を示します。 ここに示されている図に示されています。

図では、貸付可能資金の需要曲線(DL)と貸付可能資金の供給曲線(SL)がポイントEで交わっています。したがって、Eは平衡点になり、ORは平衡金利になります。 この利子率では、貸付可能資金の需要と供給は両方ともOLに等しい。

貸付可能資金の供給を考えると、貸付可能資金の需要が増加すると、金利も上昇し、貸付可能資金の需要が低下すると、金利も低下します。 同様に、貸付可能資金の需要を考えると、金利は貸付可能資金の供給の低下とともに上昇し、貸付可能資金の供給の上昇とともに低下します。 したがって、SL = DLの場合、均衡金利が決定されます。

その批判:

この理論の重要な批判は次のとおりです。

私。 不定説と呼ばれています。

ハンセン教授は、古典的およびケインズ的利子理論のような貸付資金理論は不確定であると主張します。 この理論によると、金利の決定は貯蓄に依存するためです。 しかし、貯蓄は収入に依存し、収入は投資に依存し、投資自体は金利に依存します。

ii。 この理論では、貸付可能な資金の需要と供給の間の均衡は、金利の変化によってもたらすことはできません。

貸付資金の需要への投資と貸付資金の供給の節約は重要な要素です。 貯蓄と投資の両方は、所得水準の変化の影響を受けるため、金利の影響をあまり受けません。

これに加えて、銀行が融資可能な資金の需要と供給の変化に伴い、必ずしも金利を変更することは必須ではありません。 銀行は非常に多くの要因を考慮して金利を決定しており、頻繁に変更することは望んでいません。 この状況では、金利の変化を通じて貸付可能な資金の需要と供給に均衡をもたらすことは困難です。

iii。 この理論は、貯蓄に対する金利の影響を誇張しています。

この理論に関して、批評家は、人々は通常、利益のためではなく予防的な動機から貯蓄すると主張します。その場合、貯蓄は利子非弾性です。

iv。 弾力性のない現金残高の可用性:

貸付可能資金の理論では、貯蓄の現金残高を解放することにより貸付可能手の供給を増加させることができ、貯蓄に現金残高を吸収することにより減少させることができます。 これは、現金残高がかなり弾力的であることを意味します。 しかし、これは正しい見方ではないようです。なぜなら、コミュニティで利用可能な総現金残高は固定されており、いつでも総供給量に等しいからです。 現金残高に変動があるときはいつでも、それらは実際、コミュニティとの現金残高の量ではなく、お金の流通速度にあります。

v。 需要に対する政府の影響:

政府は、貸付資金の需要と供給に重要な影響を及ぼします。 そして、政府が常に金利を考慮して決定を下すことは必須ではありません。 むしろ政府は一般に、金利ではなく公益を考慮して決定を下します。

ローン 基金理論 古典理論よりも優れていますか?

弱点にもかかわらず、以下の理由で、貸付資金理論は古典理論よりも優れており、より現実的です。

a。 貸付資金理論は、古典理論よりも現実的です。

ローン基金理論は、貨幣と同様に実数で記述されていますが、古典理論は実数でのみ記述されています。 金利は金融現象です。 したがって、金銭で述べられた理論はより現実的に思えます。

b。 貸付可能資金の理論は、現代経済におけるお金の積極的な役割を認識しています。

古典的な学校にとって、お金は単に「ベール」であり、金利に影響を与える受動的な要因です。 貸付可能資金の理論は、金利を決定する上で金銭を積極的な要素とみなすため、優れています。

c。 マネーサプライの構成要素としての銀行信用の役割:

古典派の考え方は、貸付資金理論の重要な要因である金利に影響を与えるマネーサプライの構成要素としての銀行信用の役割を無視しています

d。 買いだめの役割:

古典主義者もこの意見であり、買いだめの役割も考慮していません。 貸付可能資金の需要にお金を貯めたいという願望を含めることにより、貸付可能資金の理論はより現実的になり、ケインズの流動性選好理論により近くなります。

利子の理論# 7.ケインズの流動性選好の利子または利子の理論は、純粋に通貨現象です。

ケインズによると、関心は純粋に金融現象です。 それは買いだめの報酬ではなく、指定された期間の流動性を手放したことに対する報酬です。 消費を控える準備をして投資する資源への需要を均衡させるのは「価格」ではありません。 富を現金の形で利用可能にするという欲求を利用可能な現金の量と均衡させるのは「価格」です。

ここで、流動性選好理論は、お金の供給と需要によって決定されます。 お金の供給は銀行と政府から来ます。 一方、お金の需要は流動性を優先します。 ケインズによると、人々はお金を貯めるのが好きです。

したがって、誰かがお金を貸すとき、彼はこの流動性を犠牲にしなければなりません。 彼が流動性を手放す準備をするために提供される報酬は、利子と呼ばれます。 したがって、ケインズの目には、「特定の期間、流動性を手放すことに対する利益が報酬です」。

流動性選好またはお金の需要:

流動性選好とは、現金またはお金の需要を意味します。 人々はリソースを「液体」に保つことを好みます。 さまざまな形態の資産の中で、お金が最も流動的な形態であるのはこのためです。 お金は、私たちが好きなときに、どんな形でも簡単かつ迅速に交換できます。 10ルピーのメモがあり、小麦、米、砂糖、牛乳、本、または好きな形に変更できるとします。 お金の流動性というこの特徴のため、人々は一般に現金を持っていることを好みます。

流動性への欲求は、3つの動機のために生じます。

(i)取引の動機。

(ii)予防の動機; そして

(iii)投機的動機。

(i) トランザクションの動機:

取引の動機は、「現在の個人およびビジネス取引の取引のための現金の必要性」に関連しています。 さらに収入とビジネスの動機に分けられます。 収入の動機は「収入の受け取りと支払いの間隔を橋渡しする」ことを意味し、同様に、ビジネスの動機は「事業コストが発生する時間と売却収入の受領の時間の間の間隔」を意味します。支出が発生してから収入を受け取るまでの時間は短く、現在の取引で人々が保有する現金は少なくなります。逆もまた同様です。

(ii) 予防の動機:

予防の動機は、 「突然の支出を必要とする不測の事態と有利な購入の不測の機会を提供したいという願望」に関するものです。 個人は、病気、事故、失業、その他の不測の事態に備えて現金を保持しています。 同様に、ビジネスマンは、不利な状況を乗り切るため、または予期しない取引から利益を得るために、現金を準備しておきます。

(iii) 投機的動機:

Money held under the speculative motive is for “securing profit from knowing better than market what the future will bring forth.” Individuals and businessmen have funds, after keeping enough for transactions and precautionary purposes, like to gain by investing in bonds.

Money held for speculative purposes is a liquid store of value which can be invested at an opportune moment in Interest bearing bonds on securities. There is an inverse relationship between interest rate and the demand for money ie, more demands for money at lower Interest rate and less demand at higher interest rate. Hence, the liquidity preferences curve becomes a downward sloping curve.

お金の供給:

The supply of money refers to the total quantity of money in the country for all purposes at any time. Though the supply of money is a function of the rate of Interest to a degree, yet it is considered to be fixed by the monetary authorities, that is, the supply curve of money is taken as perfectly inelastic.

The supply of money in an economy is determined by the policies of the government and the Central Bank of the country. It consists of coins, currency notes and bank deposits. The supply of money is not affected by the Interest rate, hence, the supply of money remains constant in the short period.

金利の決定:

According to the Liquidity-Preference Theory the equilibrium rate of interest is determined by the interaction between the liquidity preference function (the demand for money) and the supply of money, as presented in figure below:

OR is the equilibrium rate of interest. The theory further states that any change in the liquidity preferences function (LP) or change in money supply or changes in both respectively cause changes in the rate of interest. Thus as shown in figure below, it given the money supply the liquidity preference curve (LP) shifts from LP 1 to LP 2 implying thereby an increase in demand for money, the equilibrium rate of interest also rises from to R%.

Similarly, assuming a given liquidity preference function (LP) as in fig. (b) when the money supply increases from M 1 to the rate of interest falls from R 1 to R 2 .

その批判:

The following major criticisms have been levelled against the Keynesian Liquidity Preference theory of interest. By Hansen, Robertson, Knight and Hazlitt etc. This theory has been characterised as “a college bursar's theory”, “at best an inadequate and at worst a misleading account”.

Important among them are as follows:

1. This theory is indeterminate, inadequate and misleading:

Prof. Hansen and Robertson maintain that the Keynesian theory of interest rate, like the classical theory is indeterminate, inadequate and misleading. In the Keynesian version, the liquidity preference function will shift up or down with changes in the level of income. Particularly the liquidity preference for transactions and out of precautionary motive. This being the function of income and with this we know the income level. And to know the level of income we must know the rate of interest. Robertson regards the liquidity preference theory, “as at best inadequate and at worst a misleading account.”

2. Hazlitt's Criticism:

Professor Hazlitt has vehemently criticised the Keynesian theory of interest on the following grounds:

(i) It is one sided theory:

According to Hazlitt, the Keynesian theory of interest appeared to be one sided as it ignored real factors. Keynes considered Interest to be a purely monetary phenomenon and refused to believe that real factors like productivity and time preference, had any influence on the rate of interest. Similarly, the classicists also were wrong in considering Interest purely as a real phenomenon and ignoring the monetary factors.

(ii) Role of saving has been ignored:

Keynes has ignored the element of saving, which he considered Interest as a reward for parting with liquidity. Professor Jacob Viner has said that “without saving there can be no liquidity to surrender. The rate of interest is the return for saving without liquidity.” As such the element of saving cannot be ignored in any theory of Interest.

(iii) The theory has completely failed to explain depressionary situation:

It goes directly contrary to the facts that it presumes to explain. If the theory were right, the rate of interest would be the highest precisely at the bottom of a depression when, due to falling prices, people's preference for liquidity is the strongest. On the contrary the rate of interest is at the bottom during a depression.

(iv) This theory is vague and confusing:

This concept is vague and confusing, because when a man holds funds in the form of time deposits, he will be paid Interest on them; therefore he receives both ie, Interest cum Liquidity.

3. This theory furnishes narrow explanation of the rate of interest:

Keynes' Liquidity-Preference Theory of Interest furnishes too narrow an explanation of the rate of interest. In his view the desire for liquidity—an important factor in determining the rate of interest—arises not only from three main motives (transactions, precautionary and speculative) mentioned by Keynes, but also from several other factors which he has not mentioned in his theory.

4. This theory ignores productivity of capital:

Some critics are of this opinion that Interest is not a reward for parting with liquidity as stressed by Keynes. They have written that Interest is the reward paid to the lender for the productivity of capital. As such, Interest is mostly paid because capital is productive.

5. It focuses attention on short-run ignores the long-period:

The Keynesian theory concentrates only on the short-run and completely ignores the long-period of time. But from capital investment point, it is a long-term rather than a short-term rate of interest which is of course significant.

6. There is fundamental error in Keynesian analysis:

There is confusion in Keynes's analysis about the relation between rate of interest and the amount of money. On the one hand, he says that the demand for money is inversely dependent on the rate of interest and on the other, that the equilibrium rate of Interest is inversely dependent upon the amount of money. Keynes has not made any distinction between the two propositions and often uses them in an identical manner.

In the end it can be said that the Keynesian Theory of Interest is not only indeterminate but is also an inadequate explanation of the determination of the rate of interest. He has emphasised that Interest is purely monetary phenomenon. That is why his theory has been named as “narrow and unrealistic theory.

Can Interest Rate Ever Fall to Zero?

No, the Interest rate, cannot fall to zero, because in the ordinary business of life, I think there is no possibility of the rate of interest ever falling to zero. As we see from the point of view of the demand for loans, zero rate of interest means that marginal net product of capital is nil. As marginal net product is nil, we cannot therefore increase the product further by employing more capital.

We have reached a state in which our productivity has reached the peak. It also means that all our wants have been satisfied. But we cannot conceive of a state of society in which men will have no wants and no desires, so long as these remain, there will always be endless possibilities for employing capital. The rate of interest cannot fall to zero.

Similarly, from the side of supply, a zero rate of interest means that people go on lending without expecting any reward. But there are certain reasons why liquidity-preference will not drop to zero.

As the rate of interest falls, more money will be absorbed to satisfy liquidity- preference on account of the transactions—motive, while the fall in the rate of interest will diminish the loss that one would sustain in keeping larger cash balances in hand.

Hence, “institutional and psychological factors are present which set a limit much above zero to the practical decline in the rate of interest.” But, according to Prof. Schumpeter, the rate of interest would be zero in the static state. Interest arises because entrepreneurs demand capital, lured by the prospect of temporary profits. But profits disappear in the static state. And hence Interest would fall to zero. But this concept is mistaken. Even in such a state, there would be “Implicit Interest” as a result of 'abstinence' in the sense of refraining from accumulation.

 

コメントを残します