1948年の産業政策の顕著な特徴

1948年の産業政策の主な特徴は次のとおりです。

(i) 産業のカテゴリー:

大規模産業は4つのカテゴリに分けられました。

(a) 公共部門:

これには、政府が所有および管理する産業が含まれます。 つまり 武器および弾薬の原子力および鉄道。

(b) 官兼民間部門:

石炭、鉄鋼、航空機製造、造船、鉱油、電話、ケーブルおよびワイヤレス産業の6つの基本産業が含まれます。 これらの産業に関連する新しいベンチャーは、政府によって設立されます。 既存のユニットは、今後10年間、民間部門によって管理および開発され続けます。

(c) 管理された民間部門:

には、18の重要な産業が含まれます。 自動車、重機、綿織物、セメント、砂糖、紙、輸送資材、トラクター。 これらの産業は、引き続き中央政府を除く民間部門の下にとどまります。 それらを全体的に制御できます。

(d) 民間および協同組合部門:

残りの産業は、民間所有または政府の協力の下で運営されます。 これらのチェックを続けることができます。

(ii) 小屋および小規模産業:

これらの産業の急速な発展は、雇用機会と消費財の生産を生み出す地元の資源を使用するために強調されました。

(iii) 従業員と雇用主の関係:

従業員と雇用主の関係は友好的であるべきであることが目的でした。 労働者は公正な賃金と社会保障を受ける必要があります。

(iv) 外資の管理:

工業開発における外資の役割が認識されました。 しかし、政府。 国の利益を監視するために外国資本を完全にコントロールしました。

(v) インフラストラクチャの開発:

道路、鉄道、電気、灌漑などの開発に特別なストレスがかけられました。

 

コメントを残します