技術的代替の限界率(MRTS)の原則

下記の記事は、技術的代替の限界速度(MRTS)の原理に関する概要を提供します。

限界技術置換率(MRTSまたはMRS)の原則は、2つの要因を一定のレベルの出力を生成するように可変比率で置換できる生産関数に基づいています。

SalvatoreはこうしてMRTSを定義します:

「技術的代替の限界率とは、企業が他のインプットの量を1単位増やすことによってあきらめることができ、同じ等量に留まるアウトプットの量です。」

2つの要因С(資本)とL(労働)MRTS間の技術的代替の限界率は、生産量を変更せずに、良好なXの生産でСをLで代替できる率です。 等量に沿って右下に移動すると、その上の各ポイントは資本の代わりに労働力を表します。

MRTSは、特定の資本単位の損失であり、その時点で追加の労働単位によって補償されるだけです。 言い換えれば、資本の労働の技術的代替の限界率は、ある点での等量の勾配または勾配です。 したがって、勾配= MRTS、 LC = – ∆С / ∆L。これは、表2の等量スケジュールを使用して理解できます。

上記の表は、出力を100単位で一定に保つための2番目の組み合わせでは、3単位の資本を削減するには5単位の労働力、MRTS LC = 3:5を追加する必要があることを示しています。 3番目の組み合わせでは、2単位の資本の損失が、さらに5単位の労働力によって補償されます。

図9のポイントBでは、技術的代替の限界率はAS / SB、ポイントQではBT / TG、HではGR / RHです。

等量AHは、労働単位が因子の組み合わせに連続的に増加して100単位の良好なXを生成するにつれて、資本単位の減少がますます小さくなることを明らかにしています。 これは、技術的代替の限界率が低下していることを意味します。

限界技術的代替率の減少(DMRTS)のこの概念は、無関心曲線手法における限界代替率の減少の原則と平行しています。

要因の限界代替可能性が減少するこの傾向は、表2および図9から明らかです。MRTSLCは3:5から1:5に減少し続けています。 GR <ВТ<ASになるように下に移動します。 したがって、労働が資本の代わりになるため、技術的代替の限界率は低下します。 これは、isoquantが各点で原点に対して凸でなければならないことを意味します。

 

コメントを残します