総供給とそのコンポーネントに関する注記| マイクロ経済学

総供給とそのコンポーネントに関する注意!

総供給は、特定の期間中に経済で購入できる総生産量の金銭的価値です。 表現されたとき。

物理的に言えば、総供給とは、経済における財とサービスの総生産を指します。 短期的には、商品の価格は変化せず、供給の弾力性は無限であると想定されています。

特定の価格レベルで、すべてのリソースが完全に使用されるまで出力を増やすことができます。

深く掘り下げると、総供給は国民所得で表されることがわかります。 どうやって? 最終生産物の金銭的価値は、生産物の生産に役立つ生産要素の中で、家賃、賃金、利子、利益として分配されることを知っています。 生産者の観点から見ると、生産物の販売から回収しなければならないのは商品やサービスの生産コストです。 そうでない場合、出力は生成されません。

国家レベルでの要素所得(家賃、賃金、利子および利益)の合計は国民所得と呼ばれるため、したがって、総供給(AS)、産出および国民所得は同じです。 または、AS = Y(Yは国民所得)。 したがって、収入または総生産は、商品およびサービスの総供給を測定します。

総供給=出力=収入

コンポーネント:

総供給の主な構成要素は、消費と貯蓄の2つです。 収入の大部分は財とサービスの消費に費やされ、バランスは節約されます。 したがって、国民所得(Y)または総供給(AS)は、消費支出(C)と貯蓄(S)の合計です。

方程式の形式で入れます:

AS = C + S、つまりY = C + S

AS曲線を図8.2に示します。X軸に総供給または国民所得を、Y軸に総支出(消費+貯蓄)を示します。 AS曲線は、なぜ原点から45°の線で人為的に表現されているのですか? このライン上のすべてのポイントは、X軸とY軸から等距離にあり、両方の軸で同じスケールを取っているため、このライン上の各ポイントは支出(AD)=収入(AS)を示します。

したがって、45°線(ガイド線とも呼ばれます)は、2つの変数がグラフィカルに等しく表示される場合の平衡を識別するのに役立ちます。 これが、AS曲線が45°の線で表されているため、AD曲線が交差するとADがASに等しくなる理由です。 したがって、45°線上のすべての点はAD = AS(すなわち、平衡)を表します。

繰り返しになりますが、45°の線は、消費と貯蓄の合計(C -I- S)が常に所得レベル(Y)に等しいことを意味します。 留意すべきもう1つの点は、技術は短期間は一定であると想定されるため、より多くのリソース(主に労働力)を使用することによってのみ、生産量(または総供給量)を増加できることです。 したがって、総供給は雇用の増加に正比例して増加します。

ここで、総供給の古典的およびケインズ的概念には特別な言及が必要です。

総供給の古典的およびケインズ的概念

総供給の古典的な概念:

Classicalによれば、総供給は価格レベルに関して完全に弾力的ではないため、価格レベルの変化は総供給に影響を与えません。 これは、JB Sayの市場の法則と賃金価格の柔軟性によるものです。 その結果、古典的な総供給曲線は、隣接する図8.3に示すように、生産のフル雇用レベルでのY軸に平行な垂直線です。

曲線ASは総供給曲線であり、OQは産出の完全雇用レベルです。 明らかに、総供給曲線の垂直形状は、出力の完全雇用レベルがOQで同じままであるため、価格レベルの変化が総供給に影響を与えないことを示しています。

ケインズの総供給の概念:

ケインズのアプローチでは、総供給は生産の完全雇用レベルまで価格レベルに関して完全に弾力的です。 これは、企業が生産の完全雇用レベルに達するまで、実勢価格レベルで任意の量の生産を喜んで生産することを意味します。

この点を超えると、経済のすべてのリソースがすでに完全に使用されている(使用されている)ため、生産をさらに増やすことはできません。 その結果、隣接する図8.4に示すように、総供給曲線ASは、出力の完全雇用レベルで完全に非弾性になります。 総供給レベルは一定であり、短期的には与えられるため、総需要は生産、収入、および雇用のレベルを決定します。

 

コメントを残します