利益最大化理論(ダイアグラム付き)

以下の記事では、利益最大化理論の概要を説明しています。

利益最大化理論

企業の新古典理論では、企業の主な目的は利益の最大化です。 会社は、2つのルールを満たしたときに利益を最大化します。 MC = MRであり、MC曲線はMR曲線を下からカットします。最大利益とは、平均生産コストを上回る余剰である純利益を指します。

経営者の賃金を含む生産のすべての要素に支払いを行った後に起業家に残された金額です。 言い換えれば、それは彼の通常の利益以上の残余収入です。

企業の利益最大化条件は次のように表現できます。

pを最大化(Q)

ここで、p(Q)= R(Q)– C(Q)

ここで、p(Q)は利益、R(Q)は収益、С(Q)はコスト、Qは販売される出力の単位です。上記の2つの限界ルールと利益最大化条件は、完全に競争力のある企業と独占企業へ。

仮定

利益最大化理論は、次の仮定に基づいています。

1.企業の目的は、利益が企業の収益とコストの差である場合に、利益を最大化することです。

2.起業家は会社の唯一の所有者です。

3.消費者の嗜好と習慣が与えられ、一定です。

4.生産のテクニックが与えられます。

5.会社は、完全に分割可能な標準化された単一の商品を生産します。

6.会社は、各価格で販売できるアウトプットの量について完全な知識を持っています。

7.会社自身の需要とコストは確実に知られています。

8.新規企業は、長期的にのみ業界に参入できます。 短期的には企業の参入は不可能です。

9.会社は、一定の期間にわたって利益を最大化します。

10.短期的にも長期的にも利益は最大化されます。

これらの仮定が与えられれば、企業の利益最大化モデルは完全な競争と独占の下で示されます。

完全競争下での利益最大化

完全な競争の下で、同社は多数の生産者の1つです。 製品の市場価格に影響を与えることはできません。 それは、価格を決める人と数量を調整する人です。 市場価格で販売される出力についてのみ決定できます。

したがって、完全な競争の条件下では、企業のMR曲線はAR曲線と一致します。 価格は市場によって設定され、企業はその価格で出力を販売するため、MR曲線はX軸に対して水平です。

したがって、MC = MR = AR(価格)の場合、企業は均衡状態にあります。 完全な競争下での利益最大化企業の均衡を図1に示します。MC曲線は、最初にポイントAでMR曲線を切断します。

MC = MRの条件を満たしますが、ポイントAの後、MC曲線はMR曲線より下にあるため、最大利益のポイントではありません。 OMを超えて生産することでより大きな利益を得ることができる場合、企業は最小生産量を生産するために支払いません。

ただし、企業が両方の均衡条件を満たしているOM 1レベルの出力に達すると、それ以上の生産を停止します。 OM 1を超える生産を計画している場合、平衡点Bの後で限界費用が限界収益を超えるため、損失が発生します。したがって、企業はM 1 B価格および出力レベルOM 1で利益を最大化します。

独占下の利益最大化:

独占下の製品の売り手が1つあるため、独占企業は業界そのものです。 したがって、顧客の嗜好と収入を考えると、製品の需要曲線は右下がりに傾斜しています。 価格を最大の利点に設定できる価格設定ツールです。 しかし、企業が価格と生産量の両方を設定できるという意味ではありません。 2つのことのいずれかを行うことができます。

企業が出力レベルを選択した場合、価格は製品の市場需要によって決まります。 または、製品の価格を設定する場合、その出力は消費者がその価格で取るものによって決定されます。 いずれにせよ、独占企業の究極の目的は、利益を最大化することです。 独占企業の均衡の条件は、(1)MC = MR <AR(価格)であり、(2)MC曲線はMR曲線を下からカットします。

図2では、出力の利益最大化レベルはOQであり、利益最大化価格はOP(= QA)です。 OQ出力以上が生成される場合、MCはMRよりも高くなり、利益のレベルは低下します。 コストと需要の条件が同じ場合、企業は価格と生産高を変更するインセンティブを持ちません。 会社は平衡状態にあると言われています。

利益最大化理論の批判:

利益最大化理論は、次の理由で経済学者によって厳しく批判されています。

1.不確実な利益:

利益最大化の原則は、企業が最大利益のレベルについて確信していることを前提としています。 しかし、収益は、収入の受け取りと将来のコストの負担との差から生じるため、最も不確実です。 したがって、企業が不確実性の条件下で利益を最大化することは不可能です。

2.内部組織とは無関係:

企業のこの目的は、企業の内部組織に直接関連することはほとんど、またはまったくありません。 たとえば、一部のマネージャーは、明らかに、会社の所有者の富または利益を最大化するものを超える支出を被っています。 企業の経営者は、企業の総資産の成長と経営活動の目的としてのその販売を強調することが観察されています。

また、企業のマネージャーは、需要が低下した場合に、コスト削減、効率向上キャンペーンを実施します。

3.完全な知識なし:

利益最大化仮説は、すべての企業が自分のコストと収益だけでなく、他の企業についても完全な知識を持っているという仮定に基づいています。 しかし、実際には、企業は事業を行う条件について十分かつ正確な知識を持っていません。

せいぜい、彼らは生産の彼ら自身のコストについての知識を持っているかもしれませんが、彼らは決して市場需要曲線について明確にすることはできません。 彼らは常に不確実性の条件の下で動作し、利益最大化理論は企業がすべてについて確実であると仮定するという点で弱い。

4.曖昧な経験的証拠:

利益の最大化に関する経験的証拠はあいまいです。 ほとんどの企業は利益を主要な目標としてランク付けしていません。 モデム会社の仕事は非常に複雑であるため、利益の最大化だけを考えているわけではありません。 彼らの主な問題は制御と管理です。

これらの企業を管理する機能は、起業家ではなく管理者と株主によって実行されます。 彼らはそれぞれ彼らの感情と配当にもっと興味を持っています。 現代の企業では所有権が支配から実質的に分離されているため、利益を最大化するために運営されていません。

5.企業はMCとMRについて気にしません。

現実世界の企業は限界収益と限界費用の計算を気にしないと断言されています。 それらのほとんどは、2つの用語を認識していません。 他の人は、彼らが直面する需要と限界収益曲線を知らない。

さらに、コスト構造に関する適切な情報を持っていない人もいます。 ホールアンドヒッチによる経験的証拠は、ビジネスマンが限界費用と限界収益について聞いたことがないことを示しています。 結局のところ、彼らは貪欲な計算機ではありません。

6.平均費用の原則は利益を最大化します。

ホールとヒッチは、企業が短期利益を最大化するためにMCとMRの平等のルールを適用しないことを発見しました。 むしろ、彼らは長期的に利益の最大化を目指しています。 このため、彼らは限界主義的なルールを適用しませんが、平均コストの原則に基づいて価格を固定します。

この原則によれば、価格はAVC + AFC +の利益率(通常10%)に等しくなります。 したがって、利益最大化企業の主な目的は、平均コスト原則に基づいて価格を設定し、その価格で生産物を販売することです。

7.静的理論:

会社の新古典派理論は本質的に静的です。 理論は、短期または長期のいずれかの期間を伝えません。 新古典主義企業の期間は、同一の独立した期間で構成されています。 決定は期間に依存しないと見なされます。

これは、利益最大化理論の重大な弱点です。 実際、決定は「一時的に相互依存」しています。 これは、ある期間の決定が過去の期間の決定の影響を受け、それが企業の将来の決定に影響を与えることを意味します。 この相互依存関係は、会社の新古典主義理論によって無視されてきました。

8. oligo占企業には適用されません。

実際、利益最大化の目標は、経済理論において完全に競争力のある、または独占的な、または独占的な競争力のある企業のために保持されています。 しかし、oligo占企業の場合は、批判が平準化されたため、放棄されました。 したがって、企業の理論において経済学者によって提示されたさまざまな目的は、oligo占または複占企業に関連しています。

9.さまざまな目的:

新古典主義企業と現代企業の目的の違いの根拠は、利益最大化の目的が起業家の行動に関連しているのに対し、現代企業は株主と管理者の役割が異なるため、異なる目的に動機付けられているという事実から生じます。 後者では、株主は経営者の行動に実質的に影響を与えません。

早くも1932年に、ベルとミーンズは、経営者は株主とは異なる目標を持っていることを提案しました。 彼らは利益の最大化には興味がありません。 彼らは、株主の利益のためではなく、彼ら自身の利益のために企業を管理します。 このように、現代の企業は、販売の最大化、出力の最大化、ユーティリティの最大化、満足度の最大化、成長の最大化に関連する目標に動機付けられています。

 

コメントを残します