5経済学の基本概念

経済学の基本概念のいくつかは次のとおりです。

経済学のコンセプト#1.値:

通常、価値の概念は効用の概念に関連しています。 効用とは、物を使用または消費するときに物の品質を満足させることです。 したがって、効用は商品の使用価値です。 例えば、水は渇きを癒します。 喉の渇きを癒すために水を使用するとき、それは水の使用価値です。

経済学では、価値とは、財とサービスが他の財とサービスを交換しなければならない力、つまり交換価値を意味します。 1本のペンを2本の鉛筆と交換できる場合、1本のペンの値は2本の鉛筆に等しくなります。 商品に価値を持たせるには、次の3つの特性を備えている必要があります。

1.ユーティリティ:

ユーティリティが必要です。 腐った卵は何とも交換できないため、実用性はありません。 交換価値はありません。

2.希少性:

単なるユーティリティは、希少でない限り価値を生み出しません。 財またはサービスは、その需要に関連して希少です(制限されています)。 ペン、本などのすべての経済財は希少で価値があります。 しかし、空気のような無料の商品には価値がありません。 したがって、希少性のある品物には価値があります。

3.譲渡可能性:

上記の2つの特性に加えて、財はある場所から別の場所に、またはある人から別の人に移すことができなければなりません。 したがって、交換価値を持つ商品は、実用性、希少性、および譲渡性の品質を備えている必要があります。

経済学の基本概念#2.価値と価格

共通言語では、「値」と「価格」という用語は同義語として使用されます(つまり同じ)。 しかし、経済学では、価格の意味は価値の意味とは異なります。 価格は金銭で表される価値です。 価値は他の商品の観点から表されます。 1本のペンが2本の鉛筆に相当し、Rs.10に1本のペンを使用できる場合。 1本のペンの価格はRs.10で、1本の鉛筆の価格はRs.5です。

価値は、価格の概念と比較した相対的な概念です。 これは、値の一般的な上昇または下降はあり得ないが、価格の一般的な上昇または下降はあり得ることを意味します。 ペン1本=鉛筆2本だとします。 ペンの価値が上がると、1本のペンが引き換えにもっと多くの鉛筆を買うことができることを意味します。

1ペン= 4本の鉛筆にします。 鉛筆の価値が低下したことを意味します。 そのため、ある商品の価値が上がると、他の商品の価値は下がります。 したがって、値の一般的な上昇または下降はありません。 一方、商品の価格が上昇または下降し始めると、それらは一緒に上昇または下降します。 一部の商品の価格は、他の商品よりもゆっくりまたは迅速に上昇または下降する可能性があることも別のことです。 したがって、価格は一般的に上昇または下降する可能性があります。

経済学の基本概念#3.富

一般的に使用される「富」という用語は、お金、財産、金などを意味します。しかし、経済学では、価値のあるすべてのものを記述するために使用されます。 商品が富と呼ばれるためには、実用性、希少性、譲渡性を認識しなければなりません。 1つの品質さえ欠けている場合、それを富と呼ぶことはできません。

富の形態:

富には次の種類があります。

1.個人の富:

個人が所有する富は、車、家、会社などの個人または個人の富と呼ばれます。

2.社会的富:

社会が所有する商品は、学校、大学、道路、運河、鉱山、森林など、社会的または集団的富と呼ばれます。

3.国家または実質の富:

国家の富には、個人および社会の富がすべて含まれます。 それは、社会が所有する物質的資産から成り立っています。 国の富は本当の富です。

4.国際的な富:

国連機関と世界銀行、IMF、WHOなどのさまざまな機関は、すべての国がその活動に貢献しているため、国際的な富です。

5.金融資産:

金融資産とは、社会の個人がお金、株、債券などを保有することです。 金融資産は国の資産から除外されています。 これは、個人が富として保有している金銭、株、債券などが互いに主張し合うためです。

いくつかの違い

富は資本、収入、お金とは異なります。

富と資本:

価値のある商品は富と呼ばれます。 しかし、資本は、富のさらなる生産に使用される富の一部です。 家庭で使用される家具は富ですが、家賃に与えられるのは資本です。 したがって、すべての資本は富ですが、すべての富は資本ではありません。

富と収入:

富は株式であり、収入は流れです。 収入は富から得たものです。 会社の株式は富ですが、彼らに受け取った配当は収入です。

富とお金:

お金は硬貨と紙幣で構成されています。 お金は流動的な富の形です。 すべてのお金は富ですが、すべての富はお金ではありません。

経済学の基本概念#4. 株式とフロー

ここでは、ストック変数とフロー変数を区別できます。 在庫変数には時間ディメンションがありません。 その値は、ある時点で確認されます。 在庫変数には、特定の期間の指定は含まれません。 一方、フロー変数には時間ディメンションがあります。 指定された期間に関連しています。

したがって、国民所得は流れであり、国民の富は株式です。 一定期間にわたって測定できる変数の変化は、フローに関連しています。 この意味で、在庫は在庫ですが、フロー内の在庫は変化します。

在庫とフローの他の多くの例も与えることができます。 お金は株式ですが、お金の支出は流れです。 政府債務は株式です。 1年間の貯蓄と投資および営業黒字はフローですが、過去1年に関連する場合は在庫です。 しかし、特定の変数は、NNP、NDP、付加価値、配当、納税、輸入、輸出、純外国投資、社会保障給付、賃金、給与などのフローの形式のみです。

経済学の基本概念#5. 最適化

最適化とは、特定の制約を受けるリソースの最も効率的な使用を意味します。リソースのすべての可能な使用から最良の結果を得るための選択であり、目的関数の最大化または最小化のタスクであり、消費者が使用する手法です意思決定者としてのプロデューサー。

消費者は、固定収入を制約条件として、目的関数が効用を最大化することである場合に、消費財の最良の組み合わせを購入したいと考えています。 同様に、生産者は、原料、資本などを制約として、利益を最大化するために最適なレベルの出力を生成したいと考えています。

これに対して、企業は、人的資源、資本などを制約条件として、生産要素の最適な組み合わせを選択することにより、生産コストを最小化するという目標を立てることができます。 したがって、最適化とは、目的関数の最大化または最小化の決定です。

 

コメントを残します