金融政策:意味、目的、範囲、役割、目標| 経済

この記事では、以下について説明します。-1.金融政策の意味2.金融政策の目的3.最終目標と中間目標4.限られた範囲5.発展途上国での役割6.より速い経済成長の促進7.目標。

金融政策の意味:

金融政策は、お金と信用の供給の変化に関係しています。 これは、特定の目的を達成するための金銭的手法の助けを借りて、お金やクレジットの可用性、コスト、使用に影響を与えるために政府または中央銀行が講じる政策措置を指します。 金融政策は、主に2つの主要な変数、すなわち(a)マネーサプライまたはクレジットサプライ、および(b)金利を通じて、経済の経済活動に影響を与えることを目的としています。

金融政策の手法は、中央銀行が自由に使える信用管理の手法と同じです。 したがって、金融政策のさまざまな手法には、銀行レート、公開市場操作、変動現金準備要件、選択的な与信管理が含まれます。 RPケントは、完全雇用などの特定の目的を達成するという明確な目的のために、流通するお金の量の拡大と縮小の管理として金融政策を定義しています。

AJシャピロによると、「金融政策は、経済政策の目的を達成するための手段としてのマネーサプライに対する中央銀行のコントロールの行使です。」DCローワンの言葉では、「金融政策は、当局は、(a)お金の供給、(b)費用または利子率、および(c)お金の入手可能性に影響を与えるように設計されています。

金融政策はそれ自体が目的ではなく、目的を達成するための手段です。 それは、所定の目的を達成するために政府の一般的な経済政策を促進するためのお金と信用の管理を伴います。 金融政策の目的は、国によって時期や経済状況によって異なります。

異なる目標は互いに衝突し、国の金融政策に適切な目標を選択するという問題があります。 金融政策の適切な目的は、金融当局が経済の特定の条件と要件を考慮して選択することです。

金融政策の目的

金融政策の目標とは、合理的な物価の安定、高い雇用、経済成長率の向上などの目標を指します。 金融政策の目標は、銀行の信用の供給、金利、お金の供給などの変数を指します。

これらは、目的(目標)を達成するために金融政策の手段を使用することにより変更されます。 金融政策の手段は、銀行レート、レポレートおよびその他の金利の変動、公開市場操作(OMO)、選択的信用管理および準備率の変動(VRR)です。 [目標を達成するために機器を使用してターゲットを変更します。]

金融政策の4つの最も重要な目的は次のとおりです。

1.ビジネスサイクルの安定化

金融政策は、実際のGDPと潜在的なGDPの両方に重要な影響を及ぼします。 先進工業国は、ビジネスをコントロールすることで経済を安定させるために金融政策に依存しています。 しかし、それは深刻な不況では無力になります。

ケインズは、景気後退の際に金融政策がその有効性を失うことには次の2つの理由があると指摘しました。

(i)流動性トラップ状況の存在(すなわち、金銭需要の無限の弾力性)および

(ii)(自律的な)投資の低金利弾力性。

2.合理的な価格安定性

価格の安定は、おそらく金融政策を使用することで最も効果的に追求できる最も重要な目標です。 インドのような発展途上国では、農業生産の低下に直面して投資活動が加速すると、価格に過度の圧力がかかります。 インドの食糧インフレはこれの証拠です。 このような状況では、金融政策は短期的な物価の安定に大きく貢献します。

インドのような発展途上国の経済構造のさまざまな変化により、ある程度のインフレは避けられません。 そして、生産者と投資家に必要なインセンティブを与えるには、穏やかなインフレまたは価格の機能的上昇が望ましい。 PAサミュエルソンが言うように、年率3%から4%の緩やかなインフレは貿易と産業の車輪を潤し、より速い経済成長を促進します。

国の国際収支を改善するには、価格の安定も重要です。 C.ランガラジャンの意見では、 「経済の開放性の向上、対外債務の返済の必要性、および 非常に競争の激しい外部環境での輸出シェアの改善の 必要性 により、国内価格レベルが不当に上昇することが許されない」。 これは、インドの主要な貿易相手国が近年価格の安定を達成する際に顕著な成功を収めているという事実を考慮すると、よりそうです。

3.より速い経済成長

金融政策は、信用をより安く、より容易に利用可能にすることにより、より速い経済成長を促進できます。 産業と農業には、運転資本のニーズを満たすための短期クレジットと固定資本のニーズを満たすための長期クレジットの2種類のクレジットが必要です。

これら2種類のクレジットの必要性は、商業銀行と開発銀行を通じて満たすことができます。 低金利でのクレジットの容易な利用は、社会の生産能力の投資または拡大を刺激します。 これにより、経済は以前よりも速く成長できます。

4.為替レートの安定性:

「開かれた経済」、つまり国境が商品、サービス、および金融の流れに開かれている経済では、為替レートシステムも金融政策の中心的な部分です。 現在の変動相場制の下で米ドルやその他の外貨に関してルピーが大幅に下落または上昇するのを防ぐために、中央銀行は適切な金融手段を採用しなければなりません。 保護区によるインド

目的間の矛盾:

長期的には、最初の2つの目的、つまり物価の安定と経済成長の間に矛盾はありません。 実際、価格の安定は、より速い経済成長を達成するための手段です。 インド経済の文脈において、C。Rangarajanは次のように書いています。「成長が起こり、社会正義が保証される適切な環境を提供するのは価格の安定です。」

ただし、短期的には、価格の安定と経済成長の間にはトレードオフがあります。 より低い金利での信用の利用可能性を高めることにより、より速い経済成長が達成されます。 これは、マネーサプライの増加に相当します。

しかし、マネーサプライの増加とそれに伴う消費者需要の増加により、インフレ率が高くなる傾向があります。 これは、成長を遅らせる要因として作用しないインフレの最低許容率とは何かという問題を提起します。 質問は未回答のままです。

為替レートの安定と経済成長の間にも矛盾があります。 ルピーがドルで下落した場合、RBIは金銭的なねじを締める必要があります。つまり、金利を上げ、銀行(融資元)の過剰流動性を減らす必要があります。

一方、より速い経済成長を促進するために、RBIは金利を引き下げ、民間投資を奨励するためにより多くのクレジットを利用可能にしなければなりません。 したがって、RBIはしばしばジレンマの状況に直面します。

究極のターゲットと中間ターゲット:

国の中央銀行が支配権を行使したい最終目標は、雇用率(レベル)、一般物価水準(またはインフレ率)、経済成長率などの3つの主要なマクロ経済変数です。は実質GDPの年間増加率で測定されます。

問題は、RBIがそのようなターゲットに対してどの程度効果的に行動するかということです。 真実は、RBIが彼らに直接行動する立場にないということです。 この主な理由は、経済運営の不完全な監視です。 これは、重要な変数に関する適切で必要なタイムリーな情報が不足しているためです。

それでは、RBIは何をしますか? 他のオプションはありませんが、中間ターゲットを制御することで、最終ターゲットに間接的に影響を及ぼし、もちろん予測可能な方法で影響を及ぼします。 重要な中間ターゲットは、3つのマネーサプライコンセプト(集計)、つまりM 1 、M 2またはM 3 、そしてもちろん金利です。

RBIはマネーサプライを制御することでインフレ率を制御しようとしますが、金融(流動)資産ではなく物理的資本に投資するインセンティブを変更する金利構造を変更することにより、経済成長に影響を及ぼします。

動作モード

通貨集約の中間ターゲティングに関する限り、RBIの動作モードは単純です。 各四半期の初めに、世銀はマネーサプライの成長率を修正します。これは、最終目標、つまり合理的な価格水準の安定性とより速い経済成長と非常に一致すると考えています。

RBIは過去の実績に関するデータに基づいて決定し、次の四半期または1会計年度全体についても予測します。 RBIは、この固定目標を達成するために、ポリシーアクションを適切に選択します。 次の四半期の初めに、RBIはマネーサプライ目標の見直しを行い、過去の実際の経験に基づいて適切に調整します。

1998年、RBIはマネーサプライターゲティングから特定の広範な政策指標のリストに突然切り替えました。 この広範な金融集約(主にM)にもかかわらず、現在はおそらく*その政策スタンスの中で最も重要です。

これには2つの理由があります。

(i)インフレの正しい予測:

インドでは、インフレ率は卸売物価指数(WPI)によって測定されます。 そして、中間の実行(3〜5年の期間をカバー)では、M 3はインフレのかなり正確な予測因子です。

(ii)透明性:

インドのほとんどの人は、マネーサプライターゲティングについてかなり良い考えを持っています。 マネーサプライターゲティングでは、RBIのポリシースタンスは非常に透明であり、シグナリング機能を実行します。 それは一般市民と政策立案者に明確なシグナルを与えます。 インフレのコントロールは、RBIの信頼性に大きく依存しています。

RBIが発表したとおりのことをすれば、マネーサプライの成長を目標範囲内に維持することで価格の安定を達成するというRBIのコミットメントを人々が信じることになりますか? これはおそらく、人々のインフレ期待を低いレベルに保つことにより、インフレ防止の信頼性を達成する最良の方法です。 金利ターゲティングは、インフレ防止策としては効果的ではありません。

発展途上国の金融政策の限定された範囲:

金融政策は、2つの方法で経済活動に影響を与えます。

1.マネーサプライから直接:

マネーサプライは、経済活動のレベルに直接関係しています。 マネーサプライの増加は、人々がより多くの商品やサービスを購入できるようにすることで経済活動を増加させ、逆もまた同様です。

2.金利を通じて間接的に:

マネーサプライの変化は、金利と投資率への影響を通じて経済活動に影響を与えます。 マネーサプライの増加は利子率を低下させ、それが投資を増加させ、したがって経済活動を促進し、逆もまた同様です。

経済における金融政策は、2つの主要な経済変数、すなわち、マネーサプライと金利を介して機能します。 ただし、金融政策を効率的に機能させるには、次の3つの基本条件を満たしている必要があります。(a)国は、金融当局がマネーサプライと(b)金利は、経済のさまざまな部門の金利に一貫性と均一性が存在するように、管理統制と市場の力の両方によって規制することができます。(c)金利間に直接リンクがあります。金利、投資、および産出。これにより、金利の低下(たとえば)は、投資の増加と制限なしの産出の拡大につながります。

先進国は、金融政策が効率的に機能するために必要なすべての前提条件をほぼ満たしていますが、発展途上国または未開発経済には通常これらの要件がありません。

金融政策は、以下の理由により、発展途上国での範囲が限定されています。

(i)金融政策の成功した作業において大きなハードルとして機能するほとんどの後進国に大きな非金融セクターが存在します。

(ii)小規模で組織化されていないマネーマーケット、および発展途上国の限られた数の金融資産も、金融政策の有効性を妨げています。

(iii)ほとんどの発展途上国では、総マネーサプライは主に流通通貨で構成され、銀行マネーはそのごく一部を形成します。 これにより、中央銀行の銀行政策への影響を通じて基本的に機能する金融政策の運用が制限されます。

(iv)ノンバンク金融機関の成長は、金融政策の効果的な実施も制限します。これは、これらの金融機関が中央銀行の直接の管理外にあるためです。

(v)発展途上国(リビアなど)では、多くの商業銀行が高いレベルの流動性(つまり、現金形式の資金)を保有しています。 これらの場合、金融政策の変更は、そのような銀行の信用政策に大きな影響を与えることはできません。

(vi)外国に拠点を置く商業銀行は、外国の資産を売却することで資源を補充でき、国際資本市場から援助を受けることができるため、金融緩和政策の制限効果を容易に無効化できます。

(vii)金融政策の範囲は、特に構造的供給の硬直性により、低開発国の構造的および制度的現実、金利、投資および産出の間の弱いつながりによっても制限されます。

利子率の低下の結果として投資が増加した場合、不適切な管理、必須の中間製品の欠如、官僚の厳格性、ライセンスの制限、相互依存の欠如など、構造的な供給の制約により、投資の増加は生産を拡大しない可能性があります産業部門。 したがって、生産量を増やすのではなく、投資額を増やすと、価格を上げることでインフレ圧力が発生する可能性があります。

開発途上国における金融政策の役割:

発展途上国の金融政策は、主に2種類の経済の異なる経済状況と要件のために、先進国の経済政策とはかなり異なっていなければなりません。 先進国は、金融政策の目標として、完全雇用または物価安定または為替の安定を採用する場合があります。

しかし、発展途上国または発展途上国では、経済成長が主要かつ基本的な必要性です。 したがって、発展途上経済では、金融政策は経済成長の促進を目指すべきです。 発展途上経済の金融当局は、急速な経済成長に必要な条件を作り出すような金融政策を採用することにより、重要な役割を果たすことができます。

金融政策は、発展途上国の以下の開発要件を満たすことができます。

1.発達の役割:

発展途上経済では、金融政策は、信用の供給と利用に影響を与え、インフレを抑制し、国際収支を維持することにより、経済発展を促進する上で重要な役割を果たすことができます。

開発が勢いを増すと、効果的な金融政策は、弾力的な信用の供給を提供することにより、貿易と人口の拡大の要件を満たすのに役立ちます。

2.金融機関の設立と拡大:

発展途上の経済における金融政策の主な目的は、通貨と信用のシステムを改善することでなければなりません。 特にこれらの施設がない地域では、より多くの銀行と金融機関を設立する必要があります。

商業銀行の拡張と、貯蓄銀行、協同貯蓄社会、相互社会などのような他の金融機関の設立は、与信枠を増やし、人々の自発的な貯蓄を動員し、それらを生産的利用に導くのに役立ちます。

また、国の開発計画の要件に従って、機関の資金が優先セクターまたは産業に流用されることを保証することは、金融当局の責任でもあります。

3.効果的な中央銀行:

開発ニーズを満たすために、開発途上国の中央銀行は、銀行レート、公開市場操作、現金準備率などのさまざまな金融商品を通じてクレジットの量を制御および調整するために効果的に機能する必要があります。投機的および非生産的な活動から生産的な使用に節約を転換することによるリソースの割り当て。

4.組織化されたマネーマーケットと未組織のマネーマーケットの統合:

ほとんどの発展途上国は、一方では小さいが高度に組織化されたマネーマーケットと、一方では大きいが組織化されていないマネーマーケットが同時に機能する二重通貨システムによって特徴付けられます。

組織化されていないマネーマーケットは、中央銀行の管理下にありません。 効果的な措置を採用することにより、金融当局は、マネーマーケットの組織化されていないセクターと組織化されたセクターを統合する必要があります。

5.銀行の習慣の開発:

発展途上国の金融当局は、その国の総マネーサプライに占める銀行マネーの割合を増やすために適切な措置をとるべきです。 これには、人々の銀行の習慣を発達させ、クレジット商品(小切手、手形など)の使用を普及させることにより、銀行預金の増加が必要です。

6.経済の収益化:

発展途上国は、大規模な非収益化セクターの存在も特徴としています。 このセクターでは、すべての取引は物々交換システムを通じて行われ、マネーサプライと金利の変化は経済活動にまったく影響を与えません。 金融当局は、この非収益化セクターを収益化してその管理下に置くための措置を講じる必要があります。

7.統合金利構造:

発展途上の経済では、統合された金利構造がありません。 経済のさまざまな部門で広く普及している金利の格差があり、これらの金利は銀行金利の変化に対応せず、したがって金融政策を無効にします。

金融当局は、経済の金利構造を統合するために効果的な措置を講じるべきです。 さらに、国内での貯蓄と投資を奨励するだけでなく、投機的で非生産的なローンを思いとどまらせる適切な金利構造を開発すべきです。

8.債務管理:

債務管理は、発展途上国における金融政策のもう1つの機能です。 債務管理の目的は、(a)国債の適切なタイミングと発行の決定、(b)価格の安定化、(c)公債の返済費用の最小化です。

金融当局は、「システムに衝撃を与えずに公的借入が年々大きく増加するような状況が生まれるような方法で債務管理を行うべきです。 そして、これは、借金の負担を低く抑えるために、安い料金でなければなりません。」

ただし、債務管理の成功には、さまざまな短期および長期の証券とともに、十分に発達したお金と資本市場の存在が必要です。

9.国際収支の均衡の維持:

発展途上経済における金融政策は、不利な国際収支の問題も解決するはずです。 このような問題は一般に、機械や原材料などの輸入が大幅に増加する経済発展の初期段階で発生しますが、輸出は同程度には増加しない可能性があります。

通貨当局は、直接的な外国為替管理およびその他の措置を採用して、不利な国際収支を修正すべきです。

10.インフレ圧力の制御:

発展途上国はインフレ圧力に非常に敏感です。 開発スキームへの多額の支出は、総需要を増加させます。 しかし、消費財の生産は同じ割合で増加しません。 これは物価のインフレ上昇につながります。

このように、発展途上国の金融政策は、人々による貯蓄の増加、銀行システムによる信用の拡大の確認、政府による財政赤字の抑制により、インフレ傾向の抑制に役立つはずです。

11.産業開発のための長期ローン:

金融政策は、タイヤ製造ユニットへの中長期融資の施設を促進することにより、発展途上国の産業発展を促進することができます。 金融当局は、これらの銀行に対し、再割引機能を提供することにより、産業部門に長期融資を許可するよう誘導する必要があります。 他の開発金融機関も長期の生産的なローンを提供しています。

12.農村信用システムの改革:

農村部の信用システムには欠陥があり、農村部の信用供与施設は、発展途上国では不十分です。 小さい耕作者は貧しく、彼ら自身の財政を持っていないし、これらの貧しい借り手の無力、無知および必要性を一般に悪用する村のお金の貸し手および貿易業者からの貸付け金に主として依存している。

金融当局は、小規模な取り決めに短期と長期の両方の信用を提供する上で重要な役割を果たすことができます。たとえば、協同組合信用組合、農業銀行などの設立です。

結論:

発展途上国の金融政策は、よく発達した信用機関を通じて信用の供給と使用に影響を与え、インフレをチェックし、国際収支の均衡を維持し、融資枠を提供することにより、経済発展のプロセスを促進する上で積極的な役割を果たすことができる産業および農業部門など。

しかし、経済発展における金融政策の役割は二次的かつ間接的であり、一次的かつ直接的ではないことを明確に心に留めておく必要があります。 発展途上国の基本的な問題は、不十分な貯蓄の問題であり、単に金融機関を創設するだけでは解決できません。 貯蓄の成長は、基本的に国の生産能力と収入の増加に依存しています。

金融機関は、貯蓄を奨励し、経済発展のプロセスを円滑にするための施設のみを提供しています。 彼らは経済発展の主要な原動力ではありません。 ASマイヤーとボールドウィンは次のように述べています。「通貨とクレジットシステムは開発の刺激に対応する必要がありますが、金融機関と金融機関自体が直接的な意味での開発の主要かつ積極的な動きを期待できません。」

より速い経済成長の促進における金融政策の役割:

経済成長とは、国民および一人当たりの所得の持続的または継続的な増加を指します。 これは、投資の増加により経済の資本ストックが増加したときに発生します。 その結果、経済の生産能力が拡大しています。 これにより、経済は毎年より多くの商品とサービスを生産することができます。

事実、経済は、貯蓄と投資の割合を増やすことにより、完全ではないにしても、大部分がより速い経済成長を達成できます。

金融政策を使用することでこれをどのように達成できるかについて、現在議論することができます

1.保存率を上げる

金融政策が経済成長を促進することである場合、貯蓄率を上げる必要があります。 インドのような発展途上国では、中央銀行は、人々がより多くの貯蓄をするように、金利を合理的なレベルに引き上げるべきです。 したがって、より多くのリソースが投資に利用できるようになります(特に固定資産)。

インフレ時には、実質金利が一定になるように名目金利を引き上げる必要があります。 実際、投資目的で銀行システムを介してより多くの貯蓄を動員するためには、人々が買いだめや投機のために金、不動産、または商品を購入するインセンティブを少なくするために、合理的な価格安定性を維持することが絶対に不可欠です。 価格の過度の上昇により、実質金利がマイナスになった場合、人々は貯蓄するインセンティブが少なくなります。

ただし、利子率は、人々の貯蓄への欲求にのみ影響します。 しかし、彼らの貯蓄能力は、収入とは別に、銀行や他の金融機関の存在に依存しています。 そのため、開発途上国の政府は、銀行、郵便局、保険会社、証券取引所、投資信託、年金基金を主に大部分の人々が住んでいる農村地域に設置することにより、強力な金融インフラを構築する必要があります。

2.金融政策と投資

利子率が非常に低い場合でも、民間企業は、収益性の高いビジネスチャンスがないため、不況の時期に新たな投資をする気がないかもしれません。

もちろん、これはケインズの見解です。 しかし、通常は、銀行の信用の増加によるお金の供給の増加は、投資の増加につながります。 さらに、発展途上国では、公共(政府)投資が経済発展に重要な役割を果たしています。 したがって、金融政策はまた、公共投資に十分な資金を利用可能にするべきです。

(a)金融政策と公共投資

インドのような発展途上国の金融政策は、銀行が動員した預金の大部分を政府やその他の承認された証券に確実に投資し、政府が計画された投資に融資できるようにする必要があります。 インフラストラクチャの構築は、経済発展にとって非常に重要です。

そのため、発電所の設置、道路、高速道路、港の建設に公共投資を行う必要があります。 このような投資は、産業開発を直接的および間接的に促進します(後方および前方リンクを確立することにより)。 その結果、工業製品の需要が大幅に増加しています。

各業界は、他の業界からインプットを購入し、その製品を家庭および他の企業の両方に販売しています。 乗数の操作は、民間投資をさらに刺激します。 したがって、社会諸経費への公共投資は、民間投資を押し出すのではなく、押し込みます。 さらに、灌漑ダムの建設は、生産と生産性の両方を高めることにより農業の成長を促進します。

インドでは、公共投資の資金調達、つまり法定流動性比率(SLR)のために銀行セクターから大規模なリソースを取り出すための新しい金融管理ツールが導入されました。 現在、商業銀行は、現金準備を維持することに加えて、主に政府およびその他の承認された有価証券の一部の特定の流動資産に、総需要および定期預金の最小部分を維持することです。

(b)金融政策と民間投資

大規模および中規模の産業はいずれも固定資本への投資のための資金を必要とするため、(完成品と原材料の両方の)在庫を保持するための運転資金と金融政策は、投資と生産のための銀行信用の必要性も確保する必要があります民間部門では完全に満足しています。

次の2つの目的のために、適切な銀行クレジットが必要です。

(i)民間部門の既存の生産能力を活用し、

(ii)追加の容量を作成する。

銀行はまた、農業と産業の最低運転資金のニーズを満たすために十分なクレジットを提供しなければなりません。

(c)投資ファンドの割り当て

貯蓄の動員だけでは不十分です。 貯蓄は生産的な投資に利用されます。 したがって、金融政策は本質的に差別的であるべきです。 それは、経済成長にとって不利益な非生産的な部門や無駄な活動における信用の流れを制限するべきです。 同時に、生産的なチャネルでの信用の流れを指示する必要があります。

そのため、主に投資のパターンに影響を与えるという観点から、クレジット管理(SCC)の選択をより厳密に適用する必要があります。 SCCは、価格の上昇をチェックすることで間接的に開発プロセスを支援し、2桁のインフレによって生じる歪みを回避します。 ただし、適切な信用配分によりサポートする必要があります。

さらに、ローンの返済期間の延長、マージン要件の引き下げ、市場金利を下回るレートでの再割引ファシリティの提供、後方地域で労働集約型産業を設定する起業家への特別ローンの提供などの措置が行われるより速い産業成長を促進するために採用されました。

金融政策は、望ましい方向に貯蓄をチャネル化するために必要なインセンティブを提供する必要があります。 これは、計画の事前に決定された目標に従って、開発の視野を広げることになっています。

金融政策の対象:

良いターゲットの条件:

金融政策の良いターゲットになるためには、変数は次の条件を満たす必要があります。

1.測定可能性:

ターゲット変数は、タイムラグがほとんどまたはまったくなく、簡単に測定できる必要があります。 この条件を満たすには、正確で信頼できるデータが利用可能でなければなりません。 データは、ターゲット変数の理論的な定義にも準拠する必要があります。

2.到達可能性:

金融当局は、その目標を達成できる必要があります。そうでなければ、目標を設定することは無駄になります。 達成できない目標は実用的ではありません。 目標は次の場合に達成可能になります。(a)政策手段によって急速に影響を受ける。 (b)非ポリシーの影響はまったくないか、ほとんどありません。

3.目標変数との関連性:

ターゲット変数は、より高いレベルの目標変数と密接に関連している必要があり、この関係は十分に理解され、確実に推定可能でなければなりません。 たとえば、金融当局が金利目標を達成できたとしても、金利が雇用の最終目標に影響を与えなければ、すべてが無駄になります。 価格レベル、経済成長率、および国際収支。

ターゲット変数の優位性

金銭的ターゲットとして使用される主な変数は3つあります。 それらは、マネーサプライ、銀行信用および金利です。 これらの変数のどれが優れており、ターゲット変数として選択されるかは、測定可能性、到達可能性、および最終目標との関連性の3つの基準をどれだけ満たすかに依存します。

ターゲット変数の測定における特定の概念的および実際的な困難にもかかわらず、3つの変数はすべて測定可能性の基準を十分に満たし、合理的な精度で推定できます。 到達可能性の条件に関しては、マネーサプライと銀行信用の両方がこの条件を等しく満たしていますが、金利は満足にそれを満たしていません。

市場のすべての金利は、一緒にかつ均等に変化するわけではありません。 金利も他のターゲット変数ほど急速に政策手段の影響を受けません。 さらに、非政策要因は金利に大きく影響します。

目標変数への関連性の基準を満たすことに関して、エコノミストは大きく異なります。 The Keynesians recommend interest rate as appropriate target variable, while the monetarists prescribe money supply. Practical central bankers, on the other side, consider bank credit as a better target variable.

Economists are not in agreement as to which one is the best target variable:

(i) On the basis of the criteria of measurability and attainability, both money supply and bank credit are better target variables than interest rates.

(ii) As between money supply and bank credit, money supply is definitely superior because there exists weak theoretical and empirical evidence in support of close causal link between credit and higher goals variables.

(iii) Money supply is much more easily influenced by policy instruments than interest rates and the weight of policy factors is heavier than non- policy factors on money supply variable.

(iv) Empirically also, the relation between money supply and the level of economic activity (and thus other goal variables) is stable and calculable. The same cannot be said about interest rates.

Recently, Benjamin Friedman, a Harvard economist, has suggested that the best intermediate target would be a combination of a credit variable target and a monetary growth target. Such a system, according to him, would draw on a more diverse and hence more reliable information base for the signals that govern the systematic response of monetary policy to emerging developments.

Under such a system, the central bank would select one monetary aggregate and total net credit, specify growth rate together for both and carry out open market operations aimed at achieving both targets. A deviation in either target from its respective target range would require a change in open market operations.

Impossibility of Simultaneous Targeting of Money Supply and Interest Rate :

It is to be carefully noted that the targets of money supply and interest rate pose a problem of mutually exclusivity. The monetary authority can select an interest rate or a money supply target, but not both. In Figure-5, for example, the monetary authority cannot choose both Oi interest rate, and OM 1 money supply.

If it chooses Oi interest rate, it must accept OM money supply and if it chooses OM 1 money supply, it must allow the interest rate to fall to Oi 1 . Thus, it is clear that money supply and interest rate targets cannot be pursued simultaneously.

Choosing an Appropriate Target :

In actual practice, whether the monetary authority should choose interest rate target or money supply target depends upon the source of instability in the economy. If the source of instability is in the commodity market, ie, variations in private and public spending or variations in the IS curve, then money supply target should be set and pursued.

On the contrary, if the source of instability in the economy is in the money market, ie, unstable demand or supply of money, or variations in the LM curve, then the interest rate target will be selected.

These two cases are discussed below in detail:

1. Instability of IS Curve:

Instability in the IS curve can arise- (a) because of destabilising fiscal policy adopted by the government (ie, changes in public spending), or (b) because of variations in consumption function or investment function (ie, changes in the private spending). Given the money market conditions (ie, given the LM 0 curve in Figure-6), a fall in spending will cause the IS curve to shift to the left from IS 0 to IS 1 .

This will reduce the rate of interest from Oi 0 to Oi 1 and the income level from OY 0 to OY 1 . Using the strategy of stabilizing the money supply, the monetary authority is induced to increase the money supply, thus shifting the LM curve to the right.

This will cause income to rise above OY 1 back towards the target level OY 0, although the interest rate is further reduced. Thus, if the LM curve is stable, then an unstable IS curve causes the level of income to fluctuate between OY 1 and OY 0, when a money supply target is followed.

This implies that money supply targeting will be stabilising or countercyclical; that is, increasing money supply during recession will increase income and reduce rate of interest, and reducing money supply during inflation will reduce income and raise rate of interest.

On the other hand, using the strategy of setting the interest- rate target means keeping the desired rate of interest at a particular level, say Oi 0 . In this case, the LM curve becomes horizontal at i 0 (ie, LM 1 curve in Figure-6). The money supply must be adjusted to maintain Oi 0 level of interest rate. In this process, the national income will fluctuate between Y 2 and Y 0 . Since Y 2 Y 0 > Y 1 Y 0, a money stock target is more stabilizing than an interest rate target.

This further implies that changes in the money supply to maintain a constant interest rate will be pro-cyclical when the IS curve is unstable. During recession, when IS curve shifts from IS 0 to IS 1, the interest rate falls from i 0 to i 1 and income level falls from Y 0 to Y 1 . The monetary authority would be prompted to decrease money supply to achieve the equilibrium level where LM curve intersects IS curve and the interest rate is raised to the desired Oi 0 level.

This will, however, further reduce the income level from OY 1 to OY 2 . Thus, when IS curve is unstable, setting the interest rate target by changing money supply will be destabilising and inappropriate. The monetary authority would be prompted to decrease money supply during recession to restrict interest rate from falling and to increase money supply during inflation to keep interest rate down.

2. Instability of LM Curve:

Instability in the LM curve arises mainly due to unstable demand for money in the money market which causes shifts in the LM curve. In a situation of stable IS curve and unstable LM curve, the strategy of constant money supply will cause the national income to fluctuate between Y 0 and Y 1 in Figure 7.

With the increase in demand for money, the LM curve will shift from LM 0 to LM 1 . The effect of this shift is to reduce income from OY 0 to OY 1 and raise the rate of interest from Oi 0 to Oi 1 . Moreover, pursuing constant money supply target will be pro-cyclical. Increase in the rate of interest induces an increase in money supply. In such condition, constant money stock-policy will require that the monetary authority should reduce money supply.

This will cause the LM carve to shift further from LM 1 to the left, rate of interest to rise further above Oi 1, and the income level to fall further below OY 1 . Thus, in a situation of unstable LM curve and stable IS curve, setting a constant money supply target will be destabilising and inappropriate.

It will require decrease in money supply, causing interest rate to rise and income level to fall, every time the demand for money rises during recession, and increase in money supply, causing interest rate to fall and income level to rise, every time the demand for money falls during inflation.

In contrast, the policy of targeting interest rate at Oi 0 means that the LM curve becomes horizontal at i 0 (ie, LM 2 curve in Figure-7). This will leave the level of income unaltered at OY 0 which corresponds to the point of intersection of IS 0 and LM 2 . The interest rate target will be stabilizing and counter- cyclical. It will induce the monetary authority to increase the money supply when the demand for money increases during recession, and to decrease the money supply when the demand for money falls during inflation.

Thus, the general conclusion is that the question as to which target is better is an empirical question. If IS is more stable than LM, setting an interest rate target is appropriate. If, on the other hand, LM is more stable than IS, setting a monetary aggregate target is appropriate.

Monetary Targeting in India :

Recently, the need for pursuing monetary target has been widely recognised and seriously discussed in India. In 1982, the Reserve Bank of India appointed a committee, with Prof. Sukhmoy Chakravarty as its chairman, with the objective of reviewing the working of monetary system in the country.

In its report, submitted in 1985, the Committee, among other things, laid stress on the desirability of developing monetary targets at the aggregate level for securing an acceptable and orderly pattern of monetary growth.

The Committee has emphasised the need to pursue price stability as the broad objective of the monetary policy consistent with the other socio-economic goals embodied in the Five Year Plans. For achieving this objective, money supply (M 3 ) should be regulated in the framework of monetary targeting in terms of a range, with feedback and necessary support from an appropriate interest rate policy.

The range of money supply target should be determined on the basis of three considerations:

(a) Anticipated rise in the real output;

(b) Observed income elasticity of demand for money; そして

(c) Acceptable rise in prices.

For example, if anticipated real output growth rate is 5%, the income elasticity of demand for borrowed money is 2% and the acceptable rise in prices is 4%, the target for monetary expansion may be set at 14% (ie, 5 x 2 + 4 = 14) for the year.

This procedure is an improvised version of the Friedman rule for monetary targeting. It is based on the two implicit assumptions- (a) there exists close relationship between money and prices; and (b) rational expectations operate efficiently in the country.

The Committee felt that the targets set for the year might need to be revised upwards or downwards during the year to accommodate the impact of developments in the real sector of the economy. Therefore, the Committee recommended for setting of overall monetary targets to be made in the light of emerging trends of output and prices.

The Government of India has accepted the recommendations. It has also carried out an exercise, on an experimental basis operationally meaningful targets and monitor them. In developing this exercise, several technical problems were faced. These problems related to- (a) the choice of candidate variables, (b) volatility of these variables, and (c) their seasonal variations.

For a meaningful target, the variable should satisfy the following criteria- (a) It must be able to control aggregate fiscal and monetary outcomes; (b) It must make it feasible to predict the full year's outcome on the basis of current information.

On the basis of these criteria, three monetary variables have been selected for early warning signals with respect to growth of overall liquidity in the economy. They are- (a) Aggregate Monetary Resources (M 3 ); (b) Net Reserve Bank Credit to Central Government (NRCCG); and (c) Net Bank Credit to Central Government (NBCG).

Relative significance of these variables is as follows:

(i) NRCCG is a key component of the stock of reserve money. Although volatile, the research has indicated that the changes in NRCCG may have been the single most important explanation of year- to-year changes in money supply in the economy.

(ii) NBCG has the virtue of including the full recourse to bank borrowing by government. Being less volatile than NRCCG, it also provides a better indicator of within year trends.

(iii) M 3 is the appropriate indicator of the degree of overall liquidity of the economy because it exerts substantial influence on the rate of inflation in the economy.

Even if the problems connected with the choice of the best money supply target is resolved, the effectiveness and efficiency of monetary targeting is based on the theories of monetarism and rational expectations which are yet to be proved. Increasing money supply at the target rate does not mean that inflation in the country is automatically controlled. It is also not realistic to assume the operation of rational expectations.

 

コメントを残します