市場の法則–説明!

経済学における市場のセイの法則について学ぶために、この記事を読んでください。

前書き:

古典的な経済学の重要な要素は、フランスの経済学者であるJB Sayが体系的な形で法律を最初に述べた後、Sayの市場の法則です。

簡単に言えば、この法律は「供給は常に独自の需要を生み出す」ことを意味します。 言い換えれば、JB Sayによれば、供給または生産されたものはすべて自動的にお金と交換されるため、需要を超える供給の過剰により、一般的な過剰生産または一般的な失業はあり得ません。

交換経済では、生産されたものはすべて容易に販売されるため、生産されたものは別の製品の需要を表します。

経済で追加の生産が行われるたびに、追加の供給を吸収するために必要な購買力も同時に生成されます。 したがって、需要を超えて失業を引き起こす供給の範囲はありません。 この法律は、常に完全に雇用された資源を維持するレートで収入が自動的に使われるという嘆願に基づいた、経済における完全雇用の仮定の基礎でした。

古典によると、貯蓄は単なる支出の別の形態です。 彼らは、収入の一部は消費に、一部は投資に費やされていると信じていました。 経済の所得の流れの流れが途切れるのを恐れる根拠はありません。 したがって、一般的な過剰生産や失業はあり得ません。

古典的な経済学者は、常に経済の雇用状態を想定していました。 彼らによると、経済の通常の状況は完全雇用均衡でした。 彼らは、完全雇用よりも少ないと異常な状況だと信じていました。 古典派は常に、完全雇用の均衡からの脱落はないと判断し、たとえたとえ存在しても、完全雇用に戻る傾向は常に存在する。 古典的な経済学者のこの信念は、フランスの経済学者、JB Say(1767-1832)の見解に基づいていました。

JB Sayは、フランスとヨーロッパ大陸でAdam Smithのアイデアを人気にしました。 ガルブレイスが100年以上にわたって古典的な経済学者との信頼関係記事の地位を持っていると述べた彼の市場の法則は、一般的な過剰生産のために広範で不本意な失業は不可能であるという考えの正式な表現です。 言い換えると、有効需要または総需要の不足のために、非自発的な失業はあり得ない。

JB Sayは、市場メカニズムの分析で次のように述べています。「…製品は、その瞬間から作成されるとすぐに、その価値の範囲内で他の製品の市場を提供します。 生産者が自分の製品に仕上げの手を入れたとき、彼はすぐにそれを売ることを最も切望しています。 また、彼は彼がそれのために得るかもしれないお金を処分することをあまり心配していません。 お金の価値も腐りやすいからです。 しかし、お金をなくす唯一の方法は、何らかの製品を購入することです。 したがって、1つの製品の作成という単なる状況は、すぐに他の製品への道を開きます。」

簡単に言えば、それは「供給が独自の需要を生み出す」ことを意味します。 彼は、生産されたものはすべて自動的に消費されるため、経済に一般的な過剰生産または一般的な失業はあり得ないと主張した。 つまり、商品を市場に持ち込むすべての生産者は、他の商品と交換するためだけにそうします。

人々は自分自身のために働くのではなく、自分の欲求を満たす他の商品やサービスを得るために働くと信じていました。 雇用されるとは、単にフィールドで働くか、店を始めて自分の製品を市場で販売することを意味します。 経済の組織は単純で、人々は道具や消費財に費やしていました。 貯蓄と投資は別々のプロセスではありませんでした。

生産者は労働ではなく製品を販売しました。 製品は製品と交換されました。 リカルドは、セイの市場の法則を次の言葉で表現しました。「誰も生産せず、消費または販売する目的で、彼は決して販売せず、彼に役立つ可能性のある、または将来の生産に貢献する他の商品を購入する意図がある。 生産することにより、ネクタイは必然的に自分の商品の消費者または他の人の商品の購入者と消費者のどちらかになります。 プロダクションは常にプロダクションによって購入されます。 お金は交換が行われる媒体にすぎません。」

生産の過程で、追加の供給を吸収する必要な購買力が生成されると考えてください。たとえば、新しい車が製造されると、必要な購買力が賃金、利益などの形で同時に生成され、車が使用されます。 。 したがって、総需要が不足する可能性はありません。

「サイの法則は、非常に広い意味で、自由交換経済の説明です。 そのため、需要の主な原因は生産プロセス自体から生じる要素所得の流れであるという事実を明らかにしています。 言うまでもなく、間違った計算のために特定の商品の供給が一時的に需要を上回る可能性があることを認めました。しかし、一般的な過剰生産、したがって一般的な失業は不可能です。

彼は、特定の商品は過剰生産されるかもしれないが、一般的な不況という意味での一般的な過剰は考えられないことを認めた。生産のプロセスそのものが、総生産を吸収するために必要な有効需要を生み出したからだ。 ただし、特定の業界に関して何らかの誤りが原因で過剰生産が存在するようになった場合、ビジネスマンが損失を被り、販売できない商品の生産から販売できる商品の生産に切り替えると、自動的に修正されます。 リカードとミルは、市場の一般的な過剰は起こり得ないという見解も持っていたため、彼の見解で支持されたと言う。

仮定

上記のオーソドックスな声明は、おおよそ次の仮定に基づいています。

(i)価格メカニズムに基づく無料の企業システムは、人口の増加と資本の増加の場を提供する。

(ii)拡大する経済において、新しい企業や労働者は、他の人を追い払うのではなく、自分たちの製品を引き換えに提供することで、生産プロセスに踏み込んでいます。

(iii)市場の範囲は制限されていません。つまり、拡大できません。 市場の範囲は、交換で提供される製品の量と同じくらい大きいです。

(iv)自動調整の達成が促進されるように、政府側がビジネス問題に介入する必要はない。

(v)金利と長期の柔軟性は、その成功のために不可欠であると考えられました。

JSミルはセイの法則を支持し、それを非常に重要だと考えました。 David RicardoとJames MillによるSayの法則の古い形成は、大部分が過去の問題になった社会、つまり生産者が農民、所有者、職人、または個人の所有者のいずれかとして自営業する社会の観点から投げられました。 。

ミルは、危機に伴う市場の不況に留意した。 そのようなとき、「…誰もが準備ができたお金を手放すことを嫌い、多くの人はどんな犠牲でもそれを調達することを切望している。」うつ病は、「商品の過剰またはお金の不足」である。 それは信用の収縮によって引き起こされる市場の一時的な混乱です。」

そのような周期的な不況は、ミルが感じた、セイの法則に反することはありません。 このような不適応や混乱は、完全な雇用均衡を回復する傾向がある強力な隠れた力が存在しないことを証明しません。 マーシャルは彼の原則(1890)で、ミルの見解を強く支持しました。 自信がないことは、うつ病の主な原因だとマーシャルは感じた。 自信が揺らぐとき、男性は購入する力を持っていますが、それを使うことを選択しないかもしれません。 アメリカの正統派経済学者、FMテイラーは、彼の原則(1921年)で、セイの法則を支持しました。 彼の意見では、ビジネスの不況はセイの法則に反しません。

彼は短期的には、製品交換の円滑かつ自動化されたプロセスが一時的な混乱によって破壊される可能性があるという見解を表明したが、これらは完全雇用に向けて自動的に向かう基本的な力(セイの法則が明らかにしようとした)の効力を無効にしない。

Sayの法則のピゴビアン定式化

上記で述べたように、Sayの市場の法則はピグーによって別の形で付けられました。 ピグー教授によると、労働力が限界生産性に応じて賃金を受け入れる用意ができていれば、労働市場での一般的な失業はあり得ない。 自由で完全かつ徹底的な競争がある自由企業経済では、労働者が単に低賃金を受け入れると、失業は完全に消滅します(季節的および摩擦的な失業を除く)。

Sayの法則のピゴビアンの定式化は、徹底的な競争の下で、労働市場で完全雇用を提供する経済の傾向の観点から実行されたことに注意することが重要です。 古典的な学校によると、任意の時点での雇用の量の基本的な決定要因は、賃金のレベルです。 「徹底した競争」のある自由市場経済では、労働力の供給と労働需要の市場勢力の自由な働きが市場の賃金率を決定し、完全に失業の可能性を排除します。

しかし、失業がある場合、つまり、労働供給がいつでも労働需要を超える場合、市場賃金率は、供給が需要と等しくなり、完全な雇用均衡が回復するまで低下します。 したがって、古典派は、失業が長期間続いた場合、労働市場の不完全性のために賃金の硬直性に帰せられなければならないとの見解を保持した。

ピグー教授によると、このような状況は第一次世界大戦前に広まり、その結果、戦後の一時的な形態を除いて失業は存在しなかったが、状況が変化し、競争力を弱めるために特定の新しい力が生じた労働市場では、例えば、最低賃金、法律、団体交渉、労働組合の成長、失業保険、労働者と雇用主間の取り決め、集団圧力、政府の介入。

これらの要因は、労働市場を不完全にするために長い道のりを歩んできました。そのため、失業の可能性は倍増しました。 したがって、賃金率の低下は失業を解決することはできません。 ピグーはセイの法則を直接攻撃したことはなかった。彼の根本的な性質に疑念があったからではなく、セイの法則の正統的な定式化は彼が住んでいた社会に合わなかったからだ」

セイの法則の意味

1. Sayの市場の法則によれば、生産されたものはすべて消費されるため、経済には自動調整があります。 言い換えれば、すべてのアウトプットは、必要な購買力を循環させ、それが販売につながるので、過剰生産はありません。 したがって、政府が企業の問題に介入する必要はありません。これは、Sayの市場法則の自動調整メカニズムと競合するためです。

2.供給はそれ自体の需要を生み出すため、一般的な失業や過剰生産は不可能です。

3. Sayの市場の法則によれば、経済に失業者がいる限り、彼らは自分のやり方で支払うことができるので、それらを採用することは有益です。 言い換えれば、失業者が使用されると、彼らは自分たちの費用をまかなうために、より多くの生産につながります。

4.別の重要な含意は、金利と金利の平等をもたらす金利の柔軟性のメカニズムです。 古典にとって、節約は支出の別の形態です。 したがって、保存されたものは必ず投資されます。 したがって、総需要が不足する可能性はなく、それを維持するメカニズムは金利です。

5. Sayの市場法則のさらなる意味は、ピゴビアの定式化から生じます。つまり、賃金率は自動調整をもたらすのに役立つメカニズムです。つまり、賃金率の引き下げは、自由で完全な競争の下で完全雇用につながります。 政府は、可能な限り自由市場を確保すべきであり、賃金率の規制は絶対にすべきではありません。

6.商品は商品と交換されるため、お金はベールとして機能し、独立した役割を果たすことはできません。 お金は、取引を促進するための唯一の交換手段です。

バーター経​​済とマネー経済におけるセイの法則

物々交換の経済では、人はお金を受け取らず、商品だけを受け取ります。 セイの法則は常に有効です。 物々交換の経済では、人々は消費する目的で商品を生産するか、必要な他の商品と交換します。 その過程で、彼らは間違いなく、彼らが生産する財の総供給に常に等しい財の需要を総計で作り出します。 価格比率は、商品の市場をクリアするようなものです。 ある財の価格が他の財の価格よりも高い場合、資源は低価格品の生産から高価格品の生産にシフトします。

その結果、最初の商品の価格は供給の減少により上昇し、他の商品の価格は供給の増加により低下する傾向があります。 このようにして、均衡価格が市場で普及するまで価格均等化プロセスが開始されます。これにより、物々交換経済では、すべての商品が何らかの正価で消費または交換されます。

セイの法則は、個人所有者、職人、農民、農民、熟練職人などのように生産者が自営し、農場で製品を栽培したり、ワークショップで生産したりする社会に適用されました。 この19世紀初頭の設定では、貯蓄は投資であり、今日のような別個のプロセスではありませんでした。

ミルが述べたように、セイの法則は物々交換の言葉で表現されています。 しかし、古典的な経済学者は、分析にお金が導入された場合、原則は等しく有効であると信じていました。 金融経済では、セイの法則は、お金の収入が、生産行為を通じて生み出されるのと同じレートで自動的かつ継続的に消費されることを意味すると解釈されます。 これが当てはまる場合、お金は違いをもたらさず、供給は引き続き需要を生み出します。

長い古典派の経済学者たちは、セイの法則はもともと物々交換経済のために定められていたが(すなわち物々交換で良いものを供給することは別のものを要求することは避けられなかった)、しかし法律は貨幣経済でも等しく真実だと信じていた。 貨幣経済における過剰生産は、他の商品ではなく金銭と市場で交換されることは事実であり、生産の目的はそれ自体でお金を得ることではなく、購入するお金を得ることにあると主張されるかもしれません他の製品。 お金の導入は、お金は交換の媒体にすぎないため、違いはありませんでした。 悲しむ人だけが、買うものよりも自分のためにお金を必要とします。

したがって、セイの法則の支持者によれば、物々交換の経済とお金の経済の両方でそれは当てはまります。 法律では、受け取った収入は常に消費と投資に費やされるとされています。 言い換えれば、お金が貯まることはありません。 お金または支出の流れ(MV)は中立のままです。 物々交換の経済では、すべての売り手は本質的に買い手です。 彼らが農産物を金銭で売った場合、その金はすぐに他の商品に対して使われます。

お金は単に交換の便利な媒体であり、物々交換の漏れを避けるだけです。 このように、物々交換経済の観点から規定された法律は、お金を使用する経済にも当てはまりました。 合理的な個人は無駄なお金を持たないので、お金の経済は物々交換の経済と同じように振る舞いました。 この意味で、実際には物々交換経済下、さらには金銭経済下でも売買のアイデンティティがあります。

彼の論文の実際的な重要性を確立することに対する過度の熱意で、セイは、供給されたすべての商品の金銭的価値の合計が、均衡だけでなく、常に要求されるすべての商品の金銭的価値と等しくなければならないかのように、何度も自分自身を表現しましたそして必然的に」。 彼が実際にそれを意味した場合、これは論理的に間違っています。

Sayの法則はまだ 有効ですか?

上記に列挙された点から、セイの法則が物々交換経済の間に持っていた力が、それが確かに現代の条件に当てはまることは疑いなく明白です。 それは現代の経済学者によって、お金と景気循環に関する彼らの理論的および実践的な仕事で完全に放棄されました。 生産が主に消費のためである物々交換経済の下で、すなわち、生産されたものはすべて商品やサービスと交換されました。 セイの法則には何らかの意味がありました。 しかし、今日、生産が将来の期待と需要の予測に基づいている場合、過剰生産が発生する可能性があり、市場に何らかの過食が生じるため、有効性はほとんどありません。

しかし、ミクロの文脈における広範な一般化として見られるセイの法則は、新しい企業や労働者が自分たちの製品を引き換えに提供することで生産プロセスに進むという、交換経済の状況をより大きな尺度で示しています。 JAシュンペーターの見解では、Sayは今日私たちが見つけた形で法律を提示したことはありません。 彼が実際に意味したのは、大量の生産は常に消費されることを意味し、保存された残りは一般的に投資される可能性が高いということでした。

この法律は、ケインズの影響下で、一部の人が想定するほど無意味ではありません。 セイの法則はまだ有効であると考えられています。 原則として、経済は常にすべての商品を吸収します。 生産することができました。 貿易サイクルに伴う定期的な失業は異常であり、資本財産業の急速な拡大により引き起こされた不均衡な生産構造の結果でした。

セイの法則は、生産の全般的な増加がスランプにつながると見ている人々の悲観論に対する良い議論を形成します。 たとえば、多くの人々は、発展途上国における生産の拡大を恐れています。 彼らは世界に製品が殺到することを理解していますが、このより大きな生産が自動的により多くのお金の収入につながるという事実を忘れ、見落としています。混乱が起こらないという意味ではありませんが、これらは生産能力の拡大の必要な結果以外の何物でもありません。 実際、供給は独自の需要を生み出す傾向があります。

今日でも、生産の要素とその結果として生じる消費への支払いを通じて、生産がそれ自体の需要を生み出す範囲で法律が真実であることを知っています。 Y = C + Iでない限り、経済に安定した均衡が存在できないという事実は、現代の条件の下でもセイの法則の妥当性を示し、その固有の精度を示しています。 言い換えれば、消費と投資需要への支出の合計は、生み出された収入(供給)と等しくなるように十分に高くなければなりません。 したがって、ある意味でY = C + Iは、長い目で見たセイの法則の精緻化と応用に他なりません。 法律を好む中で、人々は誤解を招くような解釈をしました。

これに関連して、JA Schumpeterは次のように述べています。

「ほとんどの人はそれを誤解しており、一部の人は好きで、他の人はそれが何で作られたかを嫌っています。 そして、優れた技術で武装した人々が、それぞれが自分の法律の誤解に反対する他の仲間の誤解に反対する同じ古いカッドをすべて噛み続けている今日まで、関係者全員にほとんど信用を反映していない議論ハンセン教授は次のように述べています。「思考の歴史は、論争の海に投げ込まれた偉大な生活原理がその活力を失う可能性が高いことを何度も示しています。 あまりにも頻繁に、不適切な非常に複雑な問題の分析ツールとして適用される場合があります。 紛らわしい結論が必然的に現れます。 これがセイの法則に起こったことです。」

 

コメントを残します