国際流動性:意味と側面| 経済

この記事では、以下について説明します。-1.国際流動性の意味2.国際流動性の側面3.国際流動性の拡大におけるIMFの役割。

国際流動性の意味:

世界中の学界は、国際的な流動性の問題に大きな関心を寄せ続けています。

問題は、決して最近のものではありません。 1931年の金本位の内訳の基本的な要因の1つは、主要な金本位国が債務国と金持ちの不足によって生じた国際流動性の問題に効果的に対処できなかったことでした。国際収支の問題に強く置かれている部分の一部を貸したがらないことと相まって、国際収支の赤字。

金と外貨準備の不足の問題のピンチは、特に欧州諸国が経済の回復と再建のプログラムを開始し、発展途上国が経済発展のプログラムを開始した戦後の時期に感じられました。 その結果、ほぼ慢性的な性格の支払い赤字の収支は、国際為替メディアに対する需要の圧力を強めました。

許容できる国際的な支払いシステムの進化に関する論争は、1950年代および1960年代にさらに激しくなりました。 疑いもなく、IMFによって特別引出権のシステムが進化したにもかかわらず、国際経済の世界は依然として不満であり、外貨の支払い調整と利用可能性は未解決の問題として残っています。

「国際流動性」という用語は、他のすべての外国資金の供給源が国際収支を確保するのに不十分であることが判明した場合に、国際収支の赤字を賄うために個々の国の金融当局が利用できるすべての財源および施設を意味します支払い。

ブラハマナンドの言葉では、「「国際流動性」という用語は、計算可能な既製の購買力の容器として、国際社会のすべての異なる国および国際金融機関によって作成される金融資産または請求の特定のカテゴリの供給を指しますすべての国内通貨が流行しています」。

国際的な流動性は国内の流動性と区別される場合があります。 後者には、お金のほかに、定期預金、郵便貯金、協同組合預金、財務省短期証券、短期債が含まれますが、前者は、さまざまな国が購買力を高めるさまざまな方法を指します当初は貿易収支に影響を与えることなく他国の財貨に含まれるのは、公式準備、すなわち中央銀行が保有する金と異なる国の宝庫です。

ただし、国際的な流動性には、国際貿易の資金調達の大部分、つまり、民間の外国為替保有と銀行および貿易信用の巨大な複合体は含まれません。 特定の貿易目的のために輸出入銀行、世界銀行、国際金融公社、国際開発協会などの国際機関が提供するクレジットも、国際流動性から除外されたままです。

個々の国の観点から、国際的な流動性には需要と供給の側面があります。 国際的な流動性の需要は、輸入品やサービスの需要、資本流出、一方的な移転から生じます。 流動性の供給は、国際的な流動性の源に関係しています。

これらのソースには、国内の金鉱山、輸出領収書、資本流入、および一方的な移転が含まれます。 供給を超える需要の過剰は、国際的な流動性準備の枯渇または不足を引き起こします。 反対に、需要に対する供給の過剰は、特定の国の国際流動性準備金に追加されます。

無条件の流動性と条件付きの流動性を区別できます。 無条件の国際流動性は、国の公式の金株、外貨およびSDRの保有、IMFにおける純地位、および国際資産の私的保有によって構成されています。 そのようなすべての準備金の場合、借りるユーザーの権利に条件や制限はありません。

条件付き国際流動性は、他の国または国際的な貸付機関からのある国の借入資金で構成されています。 貸し手は、借り手による資金の使用に一定の条件または制限を課します。 条件は、特定のプロジェクトまたはプログラム、返済規定、および特定の経済政策に関する場合があります。 これらの条件を実施する目的は、借入国による流動性の悪用を防ぐことです。

国際収支の均衡を維持するために必要な国際的な流動性が十分にない場合、所得のデフレ、または貿易と支払いの直接管理の維持に頼らなければなりません。 完全雇用と高い経済成長率の追求に全力を尽くした今日の世界経済では、デフレ政策による支払い均衡の回復は想像を絶します。

同様に、統制に頼って他の国から報復を誘発することは、自己相殺になることがあります。 この問題の適切な解決策は、国際経済に十分な量の流動性を供給することです。 しかし、残念なことに、米国以外の国々との金と外貨準備の合計は、戦後数十年で大きく減少しました。 実際、多くの国が貿易と支払いを直接管理し続けることを余儀なくしてきたのは、国際準備金の枯渇です。

国際流動性の側面:

国際流動性には3つの主要な側面があります。

1.自然:

国の未払いの対外債務は、3つの異なる方法で決済されます。

第一に、債務は、金または何らかの通貨の移転を通じて清算され、普遍的に受け入れられ、債権国に転換されます。 19世紀後半を通じて、金に転換可能なスターリングは、普遍的に受け入れられる通貨として機能し、金と並んで国際的な準備金を構成しました。 1930年代以来、米ドルは対外赤字の決済において支配的な役割を担うようになりました。

準備通貨として十分に機能する通貨は、WM Scammelに従って次の条件を満たしている必要があります。

(i)それは、いくつかの偉大な貿易国の通貨であり、通常の貿易を通じて容易に稼ぐことができる通貨でなければならず、それらの残高は、それらが彼ら自身と彼らのために存在する世界の需要の両方で望ましい商品と交換される可能性を約束するものでなければなりません。

(ii)通貨は他の通貨よりも比較的安定している必要があります。

(iii)通貨は、自国でスキルと確率の優れた経験豊富な銀行機関によってサポートされている必要があります。

(iv)通貨は再発性の希少性がないものでなければなりません。

これらの基準に厳密に準拠している通貨はありません。 スカムメルの言葉を借りれば、「これらは国際通貨が準拠するための厳しい基準であり、全盛期に英ポンドで正確に満たされているかどうかは疑わしいが、それでも戦後のドルではそうではない。 しかし、国際的な使用の候補となる通貨は、これらの基準に近づける必要があり、準拠する範囲がその成功を決定する可能性があります。」

第二に、国際的な支払いは、「蓄積施設」と呼ばれるものを通じて行われる場合があります。 この債務決済方法では、国は債務者の通貨で債務の支払いを受け入れ、代金を債務国に銀行預金または短期資産として蓄積することができます。 ただし、この形式の債務決済は、外国が債務国の通貨を蓄積する準備ができている程度によって制限されます。

それの主な例は、第二次世界大戦中の戦争資料とサービスの供給のためのイングランドのスターリングバランスの蓄積です。 このような蓄積は、さまざまな方法で清算できます。 蓄積の所有者は、蓄積した国で商品またはサービスを購入するためにそれらを使用できます。 これらは、第三国の保有国が使用する場合があり、別の国の通貨またはすべての通貨への交換性を提供する場合があります。 別の選択肢は、これらが債権者によって債務国で保有される永久に資金調達された債務になる可能性があることです。

第三に、外貨の権利を引き出すことにより国際債務を決済することができます。 これらは、債務国への外国からの融資の形で、または欧州回復プログラムの下でアメリカ合衆国によって作られたもののような完全な贈り物の形であるかもしれません。 これらはまた、加盟国に追加の引出権を提供し、それにより国際的な流動性の世界株式を調達するための通貨プールに他ならない国際通貨基金に対する引出権を含む場合があります。

2.サイズ:

国際的な流動性のストックのサイズを考慮することは、既存の為替レートが維持されるリソースを表すため、非常に重要です。 これに関連して、国際収支の赤字に対処するために国が保有しなければならない準備金と、経済発展プログラムに伴う高い輸入余剰を維持するために必要な準備金とを区別する必要があります。

現在、私たちの主な関心事は支払いの難しさです。 しかし、それでも国際的な流動性の必要性は、開発の要件と切り離して議論することはできません。 支払いの難しさを緩和するためだけに十分な準備を持っている国は、経済発展の資金調達のための流動性の大きな要求に対処するのが難しいかもしれません。

世界の支払いを円滑に運用するために必要な国際流動性の総世界準備金は、次の3つの要因に左右されます。

(i)為替レートに関する主要経済国の政策は重要です。 固定為替レートの体制の下では、国際的な流動性のより大きな世界株式が必要になります。 このような状況では、均衡レベルであっても、柔軟な為替レートの場合よりも多くの準備が必要になります。

(ii)所得と雇用のレベルの管理に関する主要国の政策は、準備金の最適レベルの決定にも役立ちます。 完全に雇用された経済では、所得のデフレを通じて国際収支の赤字を補うことができます。

その国の政府が高水準の収入と雇用を維持することを約束している場合、赤字は準備金の引出しを通じて満たされなければなりません。 「限り、バランス調整の手段としてのデフレは偉大な経済によって予見されているので、彼らは国の通貨準備に対する繰り返しの呼び出しに備えなければならず、これらを満たすのに十分な準備を蓄積しなければなりません。」

(iii)国際貿易の性格-二国間または多国間であろうと、国際準備金保有の最適規模にも影響を与えます。 完全に交換可能な通貨のメカニズムが存在する場合、金と通貨の単一の国民準備金の保有は、どの国でも負債を清算することができます。 逆に、通貨が交換可能でない場合、国はすべての国(または国のグループ)の通貨の準備金を保持しなければならず、その通貨で取引を行い、赤字を被る可能性があります。

実際、国が命じる国際的な流動性の量を正確に見積もることは非常に困難です。 公表されている数字には、準備金の唯一の既知のカテゴリーとして、金銭当局の手にある金と外国為替のみが含まれています。 緊急に必要な状況で国が利用できる埋蔵量を正確に評価することはできません。

たとえば、1956年の秋に英ポンドに対する投機的圧力が外貨準備を脅かしたとき、英国政府はExchange Equalization Accountで公開されている金とドルの数字を大幅に上回る実際の外貨を積み上げることができることが知られていました。

3.配布:

国際流動性の世界ストックは、各国のニーズに応じて理想的に分配されなければなりません。これは、国の国際収支がどの程度変動するか、貿易量、開発の要件によって決定されます。 流動性の分配の現状は決して理想的ではありません。

未開発の世界では、支払い調整と経済発展の両方のために流動性が切実に必要とされています。 しかし、彼らが利用できる資源は、先進国が保有する過剰な流動性ストックと比較すると、まったく不十分です。

国際的な流動性が不十分であるという問題は、各国の国際収支の難しさと貧困の増大から明らかです。 また、国際決済のメディアである金および外貨準備高は、増大する需要を満たすのに十分な速さで成長できなかったという事実を完全に印象づけています。 これは、1950年代初頭以来、世界全体の輸入に対する準備金の比率が一貫して低いことに反映されています。 平均して、この比率は1970年代および1980年代に約31.5パーセントでした。 これは、世界社会が直面している全体的な流動性不足を反映しています。

(SDRの用語での)国際準備金は1949年の460億ドルから2009年の2170億SDRに大幅に拡大しましたが、先進国と開発途上国の両方が不十分を感じ続けています。

国際準備の問題は非常に深刻になり、今日の世界の主要国でさえ過度の負担にさらされています。 状況の重大さは、国際収支の強制により、米国でさえ1971年12月から1973年3月までの14か月の短い期間内に通貨を2回切り下げることを余儀なくされたという事実から判断できます。

国際流動性の拡大 におけるIMFの役割

先進国が貿易黒字を削減する意思があることは、国際的な流動性不足の問題に対する真の長期的かつ恒久的な解決策であることは間違いありません。 しかし、公平な取引の取り決めがなされない限り、満足のいく短期的な解決策を発展させなければなりません。

IMFは世界の流動性供給の主要な供給源であるため、この問題を満足のいく方法で解決する上で非常に重要な役割を担っています。 世界の流動性資源を増強するために、IMFは随時様々な措置を採用しています。

(i)IMFクォータの増加:

加盟国が外貨準備をより利用しやすくすることを目的として、IMFは随時加盟国の割当量を引き上げました。 1988年の終わりまで、IMFクォータの8つの改訂がありました。 元々わずか35億ドルだった加盟国のクォータは、1993年末までに最大2050億ドルまたは1, 450億SDRを引き上げました。2003年1月のクォータの第12回総括では、加盟国の最大クォータが引き上げられました。 2, 137億SDR。

2009年の加盟国の割当量は2, 170億SDRであり、そのうちインドのシェアは41億6, 000万SDRでした。 このうち、約21%は米国のみに割り当てられ、44%は5つの主要先進国に割り当てられました。 残りの世界の国際的な流動性へのアクセスはまだ不十分でした。

(ii)財政的配慮:

IMFは、国際収支の赤字の調整のためのメンバーの短期信用要件を満たすことを試みています。 加盟国は、制限なしにほぼ自動的にクォータの25%まで借りることができます。 ゴールドトランシェと呼ばれます。 それ以降は、クレジットトランシェと呼ばれるクォータの25%を毎回借りることができます。 このような図面は、他の特定の条件とともに徐々に高い金利の対象となります。 返済は3〜5年以内に行われなければなりません。

(iii)クレジットトランシェの下での借入限度の引き上げ:

クレジットトランシェの下での加盟国の借入限度額は、長年にわたって徐々に引き上げられてきました。 現在、メンバーは、基金のリソースの総純使用量に対して、新しい割り当ての450パーセントに相当するものを引き出すことができます。 借入の制限は毎年見直されます。 借入限度の引き上げは、国際的な流動性の不足を緩和するための正しい方向への一歩です。

(iv)スタンバイの手配:

1952年には、加盟国が必要な場合や緊急時に追加の準備金を確保できるようにするために、待機措置が導入されました。 イギリスはスエズ危機後の1956年にこの取り決めの下で支援を受けた。 他の国も時々これらの取り決めを利用しました。

(v)スワップアレンジメント:

グループ・オブ・テン(先進国10か国のグループ)の中央銀行は、1960年代前半に合意を締結しました。この協定により、彼らは互いの通貨を交換し、一時的な国際収支の不均衡を乗り越えるための短期信用も提供することができました。 このような取り決めはIMFの承認を得ていますが、IMFの直接の管理下にはありません。 この取り決めは非常に限定的であり、特権グループ10に含まれる国以外の国が直面する流動性不足を緩和する助けにはなりません。

(vi)新しいクレジットファシリティ:

国際的な流動性不足を緩和する目的で、IMFは1960年代から信用枠を拡大しています。 それによって設立された新しい信用ファシリティには、補償的融資ファシリティ(CFF)、緩衝在庫融資ファシリティ(BSFF)、拡張基金ファシリティ(EFF)、補足融資ファシリティ(SFF)、石油ファシリティおよび信託基金が含まれます。

(vii)特別な描画権:

国際流動性の問題に取り組むためにIMFが行った革新的な革新は、1970年代初頭の特別引出権(SDR)スキームの導入でした。 このスキームは、SDRを無条件の準備資産として作成および発行することを目的としています。

IMFは定期的にSDRを作成し、各メンバーのクォータに基づいてそれらをメンバー国に割り当てます。 この目的のために、ファンドは特別抽選口座を保持しています。 国は、合意とIMFの仲介により、どの通貨の準備金にも簡単にアクセスできます。

借入国のクォータの限度までの一方のメンバーから他方のメンバーへの準備金の移動は、借入国と貸出国の特別引出勘定の帳簿記入を通じて促進されます。 これらすべての取引において、IMFは情報センターのように機能します。

当初、基金は1970年から1972年までの3年間で93億SDRを作成し、SDRスキームの112人の参加者に割り当てました。 1978年、基金は1979年、1980年、1981年のそれぞれに40億SDRを調達することを決定しました。2009年、IMFによる加盟国間のSDRの配分は2, 170億SDRでした。

IMFは国際的な流動性の創造と分配の主要な源泉として機能し、ある程度の成功も達成しましたが、国際的な流動性の問題はまだ解決されていません。 余剰国は現在でも、大きな外貨準備の蓄積が問題全体の根本原因であり、国際的な流動性の問題の解決が基本的に余剰の削減にかかっていることを認めない。

彼らがこの事実を認識して余剰を削減しない限り、LDCは赤字を取り除くことができず、国際的な流動性の問題は国際貿易関係を悩ませ続けます。

 

コメントを残します