経済学の範囲

この記事では、経済学の範囲と性質について説明します。

経済学者は、経済学の範囲に関する見解が異なります。 経済学の範囲は幅広い主題であり、その主題だけでなく、科学的性質、価値判断を下す能力、実際的な問題の解決策を提案する能力など、さまざまな他の事柄も含みます。

経済学を人間科学にすることにより、ロビンスは不必要に主題の範囲を広げました。 このように、ロビンズの見解に従って、経済学はまた、ロビンソン・クルーソーが直面する問題を研究するでしょう。

彼は仕事と余暇の選択の問題に直面しなければなりません。 彼は彼の生存のためにいくらかの時間を費やさなければなりません—果物と根を集めるために。 彼は残りの時間を睡眠や余暇に利用しています。 したがって、彼はまた、さまざまな目的の間で時間を分配するという問題に直面しなければなりません。 したがって、ロビンソン・クルーソーも選択の問題に直面しなければならず、ロビンズの定義の範囲内に確実に収まるでしょう。

しかし、RGリプシー、ポール・サミュエルソン・ミルトン・フリードマンなどのほとんどの現代経済学者は、経済学は人間ではなく社会科学であるという見解を保持していました。 したがって、経済学はロビンソン・クルーソーのような一人の個人が直面する選択の問題を研究すべきではありません。

その代わりに、社会に影響を与える選択問題を研究すべきです。なぜなら、人間は社会に住んでおり、個人はしばしば社会の他のメンバーと相互作用するからです。

たとえば、ケロシン油の価格管理には、一部の消費者の調理費を削減するという望ましい効果がありますが、それらの消費者による灯油の保存と、より多くの灯油を市場に持ち込む生産者のインセンティブも削減されます。

したがって、他の消費者は、他のより高価なエネルギー源により強く依存することを余儀なくされ、これらのエネルギー源の価格を押し上げます。 したがって、コントロールは、一部の消費者のエネルギーコストの増加という意図しない結果も生成します。

良い経済的思考は、二次的な影響を認識することを要求します。 これは、多くのエコノミストが、資源の希少性の側面と、そこから生じる選択の問題を、人間科学ではなく社会科学として説明することから生じる理由を説明しています。

したがって、T。Scitovskyによれば、経済学は「希少資源の管理に関する社会科学」です。同様に、ACケアンクロスは経済学を「人々が自分の欲求と不足に適応する方法を研究する社会科学」と定義していますこれらの試みが交換を通じてどのように相互作用するか」。 経済学のこれらの4つの側面について議論することができます。

1.主題:

経済学の主題を広く見れば、経済学は富と価値に関連するすべての現象の研究であると言えるでしょう。 それは、経済財、人間の欲求を満たすことによる富の創造、富、価値と価格の説明、収入の分配、経済の交換と市場のメカニズムを扱う社会科学の一つです。

ロビンズによれば、経済学とは、商品やサービスに対する社会の要求を最大限に達成するために、利用可能な生産要素を可能な限り効率的に使用するという問題の研究です。 経済的努力の究極の目的は、商品やサービスに対する人間の欲求を満たすことです。

問題は、欲求は事実上制限されていないが、商品やサービスを生産するために一度に利用できる資源(土地、労働、資本、組織)の供給が制限されていることです。 。

希少という事実は、私たちが常に選択をしなければならないことを意味します。 簡単な例を挙げると、自動車の生産により多くのリソースが費やされている場合、道路や橋の建設や学校や病院の設置に利用できるリソースは少なくなります。 したがって、経済学は希少性の科学であるか、希少性の問題の研究です。

しかし、経済学は、生理学や心理学などの他の科目が研究するような人間の行動を研究していません。 経済学は間違いなく科学ですが、物理学、化学などの純粋な(厳密な)科学ではありません。

生物学、さらには数学。 経済学は、社会の経済問題をどのように解決するかに関する社会科学です。 豊富な経済データと現実世界での科学研究の豊富な機会のために、サミュエルソンは「社会科学の女王」と呼んでいます。

しかし、それは正確な科学ではありません。 また、現代経済学の研究は、ミクロ経済学または価格理論(個々の消費者や企業などの経済主体またはユニットの行動に関する)とマクロ経済学(国民所得、産出、雇用水準、価格水準、さらには経済の成長率、または全体の経済システムの研究など、特定の広範な集合体の研究)。

2.科学または芸術:

かなり長い間、それが科学か芸術かについて、経済学者の間で論争がありました。 Adam Smith、TR Mathus、David Ricardoなどの英国の古典派のメンバーは、それは純粋な科学であり、その仕事は失業、インフレ、低成長、さらには貿易などの経済現象の原因を説明することだけであると考えていました赤字。

古典的な作家によると、経済学は単に因果関係の研究です。

しかし、新古典派および現代の経済学者は、経済学は科学であり芸術であると指摘しています。 経済学を科学として扱うことは、その実用的な価値を奪うことです。 ケインズがコメントしたように、「実用的な男性……。 ですから、経済学には理論的側面と実用的または応用的側面の両方があります。 言い換えれば、経済学は間違いなく科学であるが、それは「光をもたらすものと実を結ぶもの」の両方である。

インフレ、失業、独占、経済成長、汚染、自由市場対中央計画、貧困、生産性、その他の現在の問題はすべて、経済学の研究で取り上げられています。 経済学は問題に基づいた社会科学であり、経済学が特に懸念している問題は現代の中心的な問題です。

経済学は、社会の大きな問題だけでなく、仕事、賃金、失業、生活費、税金、投票などの個人的な問題にも関連しています。

経済学の成果により、おそらく最も成功した社会科学として確立されました。 国家の社会的運命の形成に理性と科学を適用するのに同等の影響を与えた社会科学は他にありません。 他の社会科学にはノーベル賞はありません。

19世紀の歴史家トーマスカーライルは、経済学に「陰気な科学」というニックネームを付けました。 経済学者は、経済学者がコストを重視しているため、または景気循環の各段階のマイナス面、つまり拡大期のインフレと景気後退期の失業に焦点を合わせているため、恐ろしい科学としての評判を得たのでしょう。 経済学は本当に多くの点で非常に楽観的なテーマです。

3.肯定的または規範的:

経済学のもう一つの議論の余地のある側面は、それが中立であるべきか価値判断をパスすべきかです。 英国の古典派のメンバーは、経済学者が規範的声明を出したり、経済的決定の望ましさやその他の価値判断を下したりしないと考えていた。

古典派の一部のその後のメンバーは、経済学者がいかなる問題についても助言を与えるべきではないと示唆する程度まで行った。

これは、経済学が目的に関して中立であるべきであることを意味します。 しかし、同じ見解がロビンズによって再確認されました。ロビンズは、エコノミストの機能は探求し、説明することであり、支持または非難することではないとコメントしました。 これは単に、経済学者が与えられたとおりに終止符を打つべきであることを意味します。 彼らの仕事は、これらの目的を達成する方法と手段を発見することです(つまり、目標を達成する方法を見つけることです)。

間違いなく、経済学の肯定的な側面に制限することで(資源配分と商品と要因の評価に焦点を当てる)、ロビンスは経済学の範囲を狭めました(制限しました)。 彼は経済学が福祉を学ぶ権利を否定した。

彼がコメントしたように、 「それが経済学に関係するものは何でも物質的福祉の原因に関係しない。」彼はまた、マクロ経済学をインドのような発展途上国の問題とともに完全に無視した。

したがって、ロビンスの経済科学の見方は、一方的であるだけでなく、誤解を招くものでもあります。 経済学者の仕事は、特定の事が起こる理由を説明することだけではありません(すなわち、なぜ彼女の計画された経済発展にもかかわらずインドで失業が非常に多いのか、なぜ所得の富にもかかわらず、所得と富の分配にそれほど不平等があるのか​​)累進所得税制度)。

社会の福祉の観点から、特定のものが良いか悪いかを判断することも同様に重要です。 たとえば、経済学者がインドの所得と富の不平等配分の現在の問題を説明するだけでは不十分です。

この現象を非難し、不平等問題を解決するために政府が採用すべき特定の措置を提案するのが経済学者の仕事です。

これは、経済学が肯定的かつ規範的な科学であることを意味します。 ポジティブエコノミクスは、経済関係における「あるべき姿」の科学的研究ですが、規範的経済学は、経済問題における「あるべき姿」についての判断に関係しています。 (規範的な経済的見方は、価値判断に基づいているため、間違っていると証明することはできません。)

4.問題解決の性質:

古典的な経済学者は、人々の生活には非経済的(社会的、政治的、倫理的、宗教的など)な側面があるため、経済学は実際的な問題を解決できないと信じていました。

JMケインズが1923年にコメントしたように:

「経済学の理論は、政策にすぐに適用できる一連の決着した結論を提供するものではありません。 これは、教義、心の装置、所有者が正しい結論を引き出すのに役立つ思考の手法ではなく、方法です。

ただし、このビューは正しくありません。 実際、経済学者の主な機能は、政策を策定し、経済問題の解決策を提案することです。 政策決定には経済学の認識が不可欠です。

行動の結果を理解していない政策立案者は、目標を達成する可能性は低い。 ここで注意すべき最も重要な点は、経済学者は失業、インフレ、貿易赤字、低成長などの社会の経済的問題に対する解決策を提案できるということです。

これが、現代の政府が経済財政と為替レートの政策を策定するために経済学者の助けを借りる理由です。 1930年代のニューディール時代以来、経済学者は政府の政策分析の最前線にいます。

経済学は、事実を整理し、政策的選択肢について考えるためのモデルを備えた社会科学を提供します。 実際、米国経済顧問評議会は独特です。 他の社会科学のためのそのような永続的な機関は存在しません。 実際、経済学者のJKガルブレイス、ポールサミュエルソン、レスタートゥロー、またはミルトンフリードマンほど名声を得ている科学者はほとんどいません。

 

コメントを残します