世界貿易機関(WTO):構造、機能、および協定

世界貿易機関(WTO)の詳細を見てみましょう。-1. 世界貿易機関の構造2.世界貿易機関の機能3. WTO協定4. 世界貿易機関の批判。

世界貿易機関の構造:

WTO事務局(多くの国籍の625番)は、局長が率いています。 しかし、WTOは、機関に対する絶対的な権威を享受している閣僚会議によって率いられています。 WTOの機能を実行するだけでなく、新しいグローバル貿易ルールを管理するための適切な措置も講じています。 これらに加えて、WTOの構造は、WTOの合意と閣僚の決定を定期的に監督する一般評議会で構成されています。

評議会は、スイスのジュネーブに本社を置き、通常は月に1回開催されます。 一般評議会に加えて、商品貿易評議会、サービス貿易評議会、貿易関連知的財産権評議会(TRIPS)があります。 これらの評議会とそれぞれの補助機関はそれぞれの機能を果たします。

意思決定はコンセンサスによって行われます。 コンセンサスが得られない場合、多数決が決定的な割合を占めます。 WTOが直面している重要な課題は、新しい多国間取引システムを真にグローバルにすることです。 WTO協定の実施と閣僚の決定は、多国間貿易システムの信頼性に不可欠であり、世界貿易の拡大、追加の雇用の創出、生活水準の向上に不可欠です。

世界貿易機関の機能:

機構の中心にあるのは、世界の貿易国の大部分によって交渉され、署名されたWTO協定です。 目標は、商品やサービスの生産者、輸出業者、輸入業者が事業を行うのを支援することです。 WTOの最優先の目的は、貿易の流れをスムーズに、フレットで、公正に、そして予測可能なものにすることです。

これらの目的を念頭に置いて、次の6つの特定の機能を述べることができます。

私。 多国間貿易協定、多国間貿易協定などのWTO貿易協定の実施、管理、運用を促進するものとする。

ii。 加盟国間の多国間貿易関係に関する交渉の場を提供するものとする。

iii。 貿易紛争を処理するために、「規則と手順の理解」を管理するものとします。

iv。 国の貿易政策を監視するものとする。

v。発展途上国のメンバーに技術支援とトレーニングを提供するものとする。

vi。 世界経済の政策決定の一貫性を高めることを目的として、IMFやWBなどのさまざまな国際機関と協力しなければならない。

WTOは、非差別、自由貿易、開かれた、公正で歪みのない競争など、特定の指針に基づいて設立されました。さらに、発展途上国にとって特別な懸念があります。

WTO協定:

関税と貿易に関する一般協定は1947年に確立されました。1995年に、GATTは世界貿易機関(WTO)に置き換えられました。

古いシステムまたはGATTに関する限り、2つのGATTがありました。

(i)組織をガットし、

(ii)GATT契約。

2つ目は、貿易に関する規則を定めた異なる政府間の合意に言及しています。 組織であるGATTは、WTOの設立に置き換えられました。 ただし、GATT協定は、追加のWTOの新しい協定とともに存在します。

(i)サービスの貿易に関する一般協定(GATS)、および

(ii)知的財産権の貿易関連の側面(TRIPS)に関する一般協定。

したがって、WTO協定が商品、サービス、知的財産を対象としていることは明らかです。

WTOを確立する3つの協定は次のとおりです。

(i)ガット、

(ii)GATS、および

(iii)トリップ。

私。 ガット:

GATTは、さまざまな国で機能するさまざまな貿易障壁を緩和することにより、市場アクセスを拡大することに関連しています。 貿易制限の解体は、関税率の引き下げ、農業における非関税支援の引き下げ、自主的な輸出規制の廃止またはマルチファイバー協定(MFA)の廃止、補助金の削減などによって達成されることになっていた。

市場アクセスを改善するために、先進国は6年間で関税を36%削減し、10年以上で発展途上国では24%削減しなければなりません。 繊維製品および衣料品の世界貿易はMFAによって管理されており、MFAでは10年以内(1993-2002)に段階的に廃止する必要があります。

2003年1月1日に、繊維および衣料品部門はGFAに統合され、MFA規制が撤廃されます。 GATTは、先進国における農業支援と輸出支援の廃止を目指しています。 合意では、農業生産物の合計金額の5%を超える場合、すべての国が総支援税を削減する必要があると述べていますが、発展途上国では10%を超えます。直接輸出補助金の価値と量は先進国では6年間でそれぞれ36%と21%削減されます。

ii。 ギャツ:

サービスの貿易に関する多国間で合意された法的強制力のある規則と規律は、サービスの貿易に関する一般協定の対象です。 銀行、保険、ホテル、建設などのサービスの自由貿易を想定しており、先進国からの技術移転を通じて、より大きな市場と発展途上国での先進国の成長を促進しています。

この合意の結果、今後、透明性のあるルールベースのシステムの下で、サービス担当者が加盟国の市場に無差別にアクセスできるようになります。 契約の下では、サービス部門は最優先国(MFN)の義務の下に置かれ、サービスに関して各国が差別をすることを防ぎます。

iii。 トリップ:

TRIPS協定は、7つの特定分野を対象としています。 著作権、商標、工業デザイン、集積回路、地理的表示、貿易記録、特許。 これらの7つの分野のうち、最も重要かつ議論​​の余地がある側面は、特許権です。 特許制度の基本原則は、発明者が発明したものを完全に開示した場合、発明を活用するための法定独占権が付与されることです。

特許は、製品であれプロセスであれ、新しい技術であればすべての技術分野で、進歩性があり、産業応用が可能なあらゆる発明に利用可能でなければなりません。 特許は利用可能であり、差別なく特許権を享受できなければなりません。

TRIPSはまた、メンバーは特許または効果的なsui generisシステムのいずれかによって植物品種の保護を提供しなければならないと述べています。 sui generisシステムは通常、植物育種者の権利(PBR)のシステムを指します。これは、種子取引とそのマーケティングの管理のために保護品種の種子を生産する独占的権利です。

さらに、WTOメンバーは、貿易規則の違反に起因する紛争を解決するための手順を設定しています。 したがって、紛争解決の多国間システムが存在します。 WTO協定により、政府はダンピングに対して適切な措置を講じることもできます。

世界貿易機関に対する批判:

WTOが長年にわたって追求してきた自由貿易政策は、ギャップを最小化する代わりに、富める国と貧しい国の間の所得格差を拡大しました。 第二に、WTOは富裕国や多国籍企業により偏っているため、差別的な方法で機能します。 実際、WTOのこの戦略は発展途上国に利益をもたらしていない。

産業界におけるこれらの国の市場アクセスは改善されておらず、ダンピング防止措置などの非関税障壁が高まっており、豊かな国の農産物に対する国内の支援と輸出補助金は依然として高いままです。 第三に、労働関係と環境問題は、WTOによって脇に置かれたり無視されたりしていると批判されています。 最後に、WTOでの意思決定プロセスは、 「開発途上国の大多数がWTOシステムで実質的な発言権をほとんど持っていない」ため、どちらかといえば非透明、非効率的、包括的ではありません。

 

コメントを残します