国の経済発展における政府の役割

現代では、国家の経済活動への参加は意見の相違の問題になることはほとんどありません。

高度に発達した資本主義国であっても、経済力の自由な遊びは、しばしば大きな失業と経済システムの不安定を意味します。

先進国では、経済的安定と資源の完全な雇用を確保するために国家の介入が求められています。 国家の行動は、貧困をなくし、より高い生活水準を達成するのに苦労している未開発の経済においてはなおさら避けられません。

したがって、政府は未開発経済の発展に重要な役割を果たしています。

それらの役割は、次の点でさらに注目に値します。

(i)包括的な計画:

発展途上国では、貧しい国を開発途上均衡の静止状態に保つように、互いに作用し反応する傾向がある力の循環星座があります。 発展途上の均衡の悪循環は、経済発展のプロセスに関する包括的な政府の計画によってのみ破ることができます。 計画委員会が設立され、制度的枠組みが構築されました。

(ii)規制機関:

発展途上の国では、単に市場力の機能の結果として、高い投資率と生産高の成長を達成することはできません。 これらの勢力の活動は、経済的硬直性と構造的不均衡の存在によって妨げられています。 経済発展は自発的または自動的な問題ではありません。

それどころか、システム内に自動力が低レベルに係留され続ける傾向があることは明らかです。 したがって、発展途上国が悪循環に巻き込まれたくない場合、政府は市場勢力に干渉してその循環を打ち破らなければなりません。 そのため、価格管理、為替管理、資本問題の管理、産業ライセンスなど、さまざまな管理が導入されています。

(iii)社会的および経済的オーバーヘッド:

初期段階では、開発プロセスは、開発途上国では、主に学校、技術機関、研究機関、病院、鉄道、道路、港、港、橋など。それらを提供するには非常に大きな投資が必要です。

このような投資は、外部経済の創出につながり、それが農業と同様に産業分野の民間企業の発展にインセンティブを提供します。 したがって、政府は、経済成長のプロセスを開始するために、経済のインフラストラクチャーを構築することに全力を尽くします。

民間企業は、社会的オーバーヘッドへの投資を行いません。 その理由は、技術的スキルの供給と教育と健康のより高い水準の増加という形での彼らからのリターンは、長期間にわたってしか実現できないからです。 その上、これらのリターンは、そのような高価な社会的オーバーヘッドの作成に必要な多額の支出を負う起業家ではなく、社会全体に生じます。

したがって、それらへの投資は、民間の起業家の観点からは有益ではありませんが、それが社会のより広範な利益からどれほど生産的であってもかまいません。 これは、社会的諸経費への投資による政府の直接参加の必要性を示しており、開発の速度が速くなっています。

経済的諸経費への投資には、通常民間企業の能力を超える巨額の資金が必要です。 その上、そのような投資からのリターンは非常に不確実であり、発生するのに非常に時間がかかります。 民間企業は一般的に迅速な返品に関心があり、それほど長く待つ準備はほとんどありません。

また、これらのすべてのオーバーヘッドを構築するために、民間企業がリソースを簡単に動員することもできません。 国家は、民間企業に開かれていない課税借金や赤字資金源を通じて必要な資源を見つけるのにはるかに良い立場にある。 したがって、民間企業には大規模で包括的な開発を行う能力がありません。 それだけでなく、開発に必要なアプローチもありません。

したがって、必要なインフラストラクチャを構築することは政府の義務になります。

(iv)制度および組織の改革:

時代遅れの社会制度や欠陥の​​ある組織が経済発展の妨げになっていると感じられます。 したがって、政府は制度的および組織的改革を導入しようとしています。 ここで、zamindariの廃止、土地保有の上限の課徴、テナントの改革、協同組合農業の導入、保険と銀行の管理国制度の改革、および計画が開始されてから導入されたその他の改革について言及することができます。

(v)金融機関の設定:

増大する金融要件に対処するために、農業、産業、輸出金融を提供する特別な機関が設置されています。 例えば、インドでは、必要な財源を提供するために、Industrial Finance Corporation、Industrial Development Bank、Agricultural Refinance and Development Corporationが近年設立されました。

(vi)公的事業:

国の産業構造の重要なギャップを埋め、戦略的に重要な産業を開始するために、政府は積極的に事業に参入し、大企業を立ち上げます。たとえば、巨大な鉄鋼プラント、機械製造プラント、重電、重工インドで設立されました。

(vii)経済計画:

開発における政府の役割は、開発途上国があらゆる種類のリソースとスキルの深刻な不足に苦しんでいる一方で、それらの必要性が非常に大きいという事実によってさらに強調されています。 このような状況では、必要なのは、限られたリソースの賢明で効率的な割り当てです。 これは、州のみが行うことができます。 それは、国の条件とニーズに適した優先順位のスキームに従って、中央計画を通じて行うことができます。

 

コメントを残します