需要関数と需要曲線| 経済

この記事では、財の需要関数と需要曲線の関係について説明します。

需要曲線は、価格と財の需要量との関係です。 この関係の主なポイントは、「他の物」は同じままであり、財の価格が上昇または下降する場合、需要量はそれぞれ減少または上昇することです。 この関係は需要の法則として知られています。

一方、需要関数についての主なことは、財に対する需要は、それ自体の価格に依存する以外に、「他のもの」にも依存することです。例えば、買い手の収入、代替品および補完財の価格、購入者の好みや習慣、購入者の数など。これらの「その他」の商品に対する需要への影響も非常に重要です。

これらの1つ(または複数)が変化すると、特定の価格で、財の需要量も変化します。つまり、財の需要曲線は右または左にシフトします。 たとえば、図1.6では、最初、財の需要曲線はD 1 D 1です。

この曲線は、価格p 1およびp 2で、財の需要量がそれぞれp 1 F 1およびp 2 F 2であることを示しています。 今、財の購入者の収入が増加しているとします。 この結果、特定の価格で最初に取得された商品の需要量が増加します(商品が通常の商品である場合)。

たとえば、所得の増加後、価格p 1およびp 2で、商品の需要量はp 1 H 1 (> p 1 F 1 )およびp 2 H 2 (> p 2 F 2 )でした。それぞれ。 つまり、現在、財の需要曲線はD 1 D 1からD 2 D 2に右にシフトします。 同様に、買い手の収入が減少する場合、需要曲線はD 1 D 1から、たとえばD 3 D 3に左にシフトします。

需要曲線と財の需要関数の関係は、上記の議論で明確に理解できます。 需要曲線は、価格と財の需要量との関係です。 この曲線は、特定の価格でqdがどうなるかを示しています。

一方、需要関数は、(独自の)価格と財の需要(特定の需要曲線に沿った)だけでなく、他の需要決定要因と財の需要の間のより一般的な関係を表します。

「収入」などの「他の」需要決定要因のいずれかが変化した場合、需要曲線自体がその位置をどのように変化させるか、つまりどのように変化するかを示します。 需要曲線は特定の曲線ですが、需要関数は多くの需要曲線を生成しますが、財の自己価格以外の需要決定要因のいずれかの変化の結果として、初期需要曲線がそれに移行する場合があります。

したがって、需要関数の範囲は、需要曲線の範囲よりもはるかに広いです。 簡単な例で問題をさらに明確にすることができます。

財の需要関数が次のように与えられていると仮定します。

q = − 2p + 5y = q(p、y)(1.3)

ここで、p =商品の価格。

y =バイヤーの収入(または彼らの収入の指標);

q =需要関数からの財の需要量(1.3)、

取得されます:

(i)財に対する需要は、pとyの関数です。

(ii)pが1単位ずつ減少(または増加)すると、qは2単位だけ増加(または減少)します。

(iii)需要曲線の位置はyに依存します。 yが1増加すると、qは特定の価格で5単位増加します。 つまり、需要曲線は水平方向に5単位右にシフトします。 逆に、yが1減少すると、qは特定の価格で5単位減少します。 つまり、この場合、需要曲線は左に5単位だけ水平にシフトします。

図1.7を使用して説明します。 この図では、y = 10で需要曲線はD 1 D 1であり、その方程式は次のとおりです。

q = − 2p + 50。…(1.4)

また、y = 11またはy = 9の場合、財の需要曲線はそれぞれ次のようになります。

q = − 2p + 55および…。(1.5)

q = − 2p + 45。 …(1.6)

したがって、ここでは、財の需要曲線はD 1 D 1 、D 2 D 2 、D 3 D 3などのいずれかである可能性がありますが、財の需要曲線とは正確には、 yの値。 一方、需要関数は、これらすべての需要曲線、つまり、D 1 D 1 D 2 D 2およびD 3 D 3

バイヤーの収入がy = 10に固定されたままであれば、需要曲線D 1 D 1 [eq。 (1.4)]、取得されます:

p = Rs 20、q = 10単位、および

p = Rs 10、q = 30単位。

繰り返しますが、y = 11の場合、需要曲線D 2 D 2 [eq。 (1.5)]。 たとえば、p = Rs 20、q = 15単位です。 同様に、y = 9の場合、需要曲線D 3 D 3 [eq。 (1.6)]。

上記の分析から、財の需要曲線はその需要関数から得られることがわかります。 たとえば、(1.4)-(1.6)のような需要曲線は、需要関数(1.3)から取得されます。 上記の分析から、需要関数は図1.7のすべての需要曲線D 1 D 1 、D 2 D 2などで構成されていることも明らかです。

また、需要関数(1.3)から得られるのと同じように、図1.7からyとpの与えられた値でqの値を得ることに注意してください。 たとえば、y = 11およびp = 10で、需要関数(1.3)はq = 35を与えます。この特定のケースでは、図1.7は次を与えます。y = 11で、需要曲線はD 1 D 1 [eq。 (1.5)]そして、この需要曲線に沿って、p = Rs 10でq = 35を取得します。

需要関数から、財の(自社)価格以外の需要決定要因の特定の値に対する需要曲線を取得できます。

ただし、需要関数からシステムの需要曲線を取得することはできません。 たとえば、需要関数(1.3)は、曲線D 1 D 1 [eq。 (2.4)] y =10。ただし、需要関数(1.3)は需要曲線(1.4)から取得できません。

 

コメントを残します