国の国内所得の構成要素(3つの構成要素)

国の国内所得の3つの源泉は次のとおりです。(i)従業員の報酬(ii)営業剰余金(iii)自営業者の混合所得。

国内所得は、会計年度に国の国内領土内にあるすべての生産単位によって生成された要素所得の合計です。 これは、生産ユニットが通常の居住者または非居住者(外国人)のどちらによって所有されているかに関係なく、国内経済のすべての生産ユニットのFCで加算される正味価値の合計です。

国内収入の源は、(i)仕事からの収入(すなわち、従業員の報酬)、(ii)財産からの収入(すなわち、営業黒字)および(iii)自営業からの収入(すなわち、混合収入) )。

したがって、国内収入の3つの要素は次のとおりです。

(i)従業員の報酬:

それは、生産的なサービスを提供する見返りに従業員が直接および間接的に受け取るすべての支払いおよびその他の測定可能な給付を指します。 (a)現金での賃金と給与、(b)現物支給(賃貸料無料四半期、無料配給など)、および(c)雇用主の社会保障制度への拠出(積立基金、出産手当など)生命保険など)。

(ii) 営業剰余金:

簡単に言えば、営業黒字はFCでの正味付加価値から従業員の報酬(従来は賃金と呼ばれていました)を差し引いたものです。 言い換えれば、営業黒字は家賃、利子、利益の合計です。 あるいは、営業黒字は、財産からの収入(家賃+利子)および起業家精神からの収入(利益)です。 ロイヤリティは家賃に含まれています。

(iii) 自営業者の混合収入:

独自のリソース(土地、労働、資本など)を使用する自営業者および非法人の所得は、自営業者の混合所得と呼ばれます。 このような収入は、家賃、賃金、利子、利益の混合物であるため、当然のことながら混合収入と呼ばれます。

 

コメントを残します