原価計算の原価の要素

原価計算の原価要素について知っておく必要があるすべて。 コストは、材料、労働、経費の3つの要素で構成されます。 これらの3つの要素はそれぞれ、直接および間接、つまり直接材料と間接材料、直接労働と間接労働、直接費用と間接費用になります。

これに関連して、製造の総コストは、コストの要素と呼ばれる3つの要素に分類されます。 この要素ごとのコストの分類は、コスト自体の性質に基づいています。

コストの要素について学びます。 彼らです:-

1.直接的な材料費2.直接的な賃金3.直接または請求可能な費用4.間接的な材料5.間接的な労働6.間接的な費用7.間接費。


原価計算のコストの要素:直接材料費、直接賃金、直接費用、間接材料および間接費

原価計算の要素– 4つの重要な要素:材料、労働、経費、および間接費

「部門、製造指図、ジョブ、またはその他のコスト単位の詳細なコストに到達するには、分類を行う必要があります。 生産の総コストは、このような分析なしで見つけることができ、多くの場合、平均単位コストを取得できましたが、分析されたコストの利点はどれも利用できませんでした。 ハロルド。 J.ウェルドン。

総コストの単純な確認は、意思決定のさまざまな要件を満たすことができません。 効果的な管理と経営上の意思決定のために、分析および分類されたコストに基づいてデータが提供されます。 この目的を達成するために、コストはコストの要素、つまり支出の性質によって分析されます。

コストの要素は次のとおりです。

1.材料

2.労働、

3.費用と

4.オーバーヘッド

上記のコスト要素について以下に説明します。

要素#1材料:

「材料費は事業に供給される商品の費用です」-ICMA

材料費には2つのタイプがあります。

(i)直接材料費、および

(ii)間接材料費。

(i)直接材料費:

直接材料費とは、「製品または販売可能なサービスに参入し、構成要素となる材料のコスト」です。 したがって、出力またはサービスの単位で識別できる資料は、直接資料として知られています。

布の生産に使用される綿、革製品の生産の場合に使用される革、およびチョークの生産の石灰などは、直接材料の例です。 特定の仕事のために購入および使用される資料も直接資料です。

(ii)間接資料:

「直接材料以外の製品に使用される材料は、間接材料と呼ばれます。 つまり、特定の製品、ジョブ、プロセスで特定できない材料費は、間接材料費として知られています。

小さな道具、職場で使用される文房具、オフィスの文房具、広告ポスター、およびプラントや機械のメンテナンスで使用される材料は、間接的な材料のいくつかの例です。

要素# 2労働力:

労働は、生産と流通に費やされる肉体的または精神的な努力に対して支払われる報酬です。

「人件費は、事業の従業員の報酬(賃金、給与、手数料、賞与など)のコストです」– ICMA

人件費も直接部分と間接部分に分けられます。

(i)直接労働コスト:

「直接賃金」とも呼ばれます。 直接人件費とは、生産作業に直接従事する人件費です。 たとえば、部品の組み立てに従事する労働者、家具の製造に従事する大工など。

(ii)間接人件費:

間接人件費とは、検査員、見張り人、掃除人、店番など、生産業務を支援するために従事する労働者に支払われる報酬です。これらの人に支払われる報酬は、仕事、プロセス、または製造指図に遡ることができません。 アイドル時間、時間外労働、休日などの人件費も間接費用とみなされます。 同様に、事務および管理スタッフ、セールスマン、流通従業員も「間接労働」の軌道に含まれています。

要素# 3費用:

材料と労働以外の支出は、コストの3番目の要素です。

ICMAでは、「事業に提供されるサービスのコストと所有資産の使用の名目上のコスト」として定義されています。

費用には2つのタイプがあります。

(i)直接費用、および

(ii)間接費用。

(i)直接費用:

これらは、出力、ジョブ、プロセス、または操作の単位で直接特定できる費用です。 それらは、ジョブ、またはユニットまたはプロセスに対して特に発生し、他のジョブまたはプロセスとは決して接続されません。 直接費用は、請求可能費用とも呼ばれます。

以下に例を示します。

(a)仕事に使用される特別な植物の賃借料。

(b)製品のロイヤリティ。

(c)特定の仕事または作業指示などの特別なパターン、設計または計画のコスト

(ii)間接費用:

間接費は、間接材料および間接労働以外の費用であり、出力、ジョブ、プロセス、または操作の単位で直接識別することはできません。 これらの費用は、ジョブとプロセスで一般的に発生します。 たとえば、家賃、電力、照明、減価償却費、銀行手数料、広告など。

直接および間接コスト:

直接費用またはプライムコスト:

すべての直接費用、すなわち直接材料、直接労働または賃金および直接費用の総計は、「プライムコスト」または「直接コスト」と呼ばれます。 したがって、プライムコストまたは直接コストは、特定の製品またはジョブで具体的に識別され、そのような出力に割り当てられるコストのすべての要素の合計です。

間接費または「オーバーヘッド」または「コスト」または「負担」:

すべての間接費、つまり間接材料費、間接労働費、および間接費の総計は、「原価」または「間接費」または「負担」とさまざまに呼ばれます。 特定の製品や仕事では、間接費、間接費、間接費を特定できません。 そのため、合理的な基準で出力に配分されます。

ICMAは、オーバーヘッドを次のように定義します。

「間接材料費、間接賃金費(間接人件費)、および間接費の合計」 ICMAは、この定義に追加された注記に、推奨されていない同義語として「コスト」と「負担」を記載しています。

要素#4.オーバーヘッド:

機能に基づいて、オーバーヘッドは次のように分類されます。

(i)工場のオーバーヘッド

(ii)管理またはオフィスのオーバーヘッド、および

(iii)販売および流通のオーバーヘッド。

(i)工場のオーバーヘッド:

これは、工場で発生した間接材料、間接賃金、間接費用の合計です。 間接的な工場費用の例としては、工場で発生した家賃、電力、減価照明、暖房などがあります。

(ii)管理またはオフィスのオーバーヘッド:

すべての間接管理費は、このカテゴリに分類されます。 例としては、オフィススタッフの給与、会計士、役員報酬、オフィスビルの賃料、オフィス照明で発生した文房具の費用、銀行手数料などがあります。

(iii)販売および流通のオーバーヘッド:

これには、間接販売および流通費用が含まれます。 例としては、セールスマンの給与、販売手数料、広告、倉庫の賃貸料、配達用バンのメンテナンス、倉庫の人件費、倉庫の照明などがあります。

原価計算から除外される費用:

以下の項目は、総コストの計算から除外されます。

(a)資本コストおよび資本損失-固定資産、プラントおよび機械、建物などの購入。固定資産の売却損、異常な損失、予備費用、償却された特許など。

(b)準備金への振替、所得税、配当、株主へのボーナスなど

(c)現金割引、債券の利子、ローンの利子、自己資本の利子などの金融項目


原価計算の要素– 4つの基本要素:直接材料、直接人件費、直接費用、間接費

コストは、材料、労働、経費の3つの要素で構成されます。 これらの3つの要素はそれぞれ、直接および間接、つまり直接材料と間接材料、直接労働と間接労働、直接費用と間接費用になります。

コストのさまざまな要素は次のとおりです。

1.直接資料:

直接材料とは、原価単位で簡単に識別して割り当てることができる材料です。 通常、直接材料は完成品の一部になります。 直接材料の例は次のとおりです。靴製造の皮革、レンガの粘土、衣服の布、家具の木材など。ただし、多くの場合、材料は完成品の一部を形成しますが、直接材料としては扱われませんが、例えば、家具の釘、靴の縫い目で使用される糸など。これは、そのような素材の価値が非常に小さいため、それらを測定するのが非常に困難で無駄だからです。 そのような材料は間接材料として扱われます。

2.直接人件費:

直接人件費とは、原材料を最終製品に直接変換する作業に従事する労働者に支払われる賃金です。 これらの賃金は、特定の製品、仕事、またはプロセスで簡単に識別できます。 機械オペレーターに支払われる賃金は、直接賃金の場合です。

3.直接費用:

これらの費用は、有料費用とも呼ばれ、特定の製品またはプロセスで特別に発生する直接的な材料および直接的な労働以外のすべての直接的な費用が含まれます。 たとえば、特殊な金型とパターンのコスト、特許のコスト、ロイヤリティ、特定の仕事や契約のためのプラントの賃借料などは直接費用です。

直接的な材料費、直接的な人件費、および直接的な費用の合計は、PRIME COSTと呼ばれます。

4.オーバーヘッド:

間接費は、すべての間接費の合計です。 「間接材料、間接労働、間接費用の総計」と定義されています。 オーバーヘッドは、オンコスト、追加コスト、負担などでも知られています。

したがって、オーバーヘッドは次の3つの要素で構成されます。

1.間接資料、

2.間接労働および

3.間接費用。

1.間接材料-これらは、個々の原価単位で簡単に識別できない材料です。 これらは一般に重要性が軽微です。 例としては、石炭、潤滑油、サンドペーパー、石鹸などがあります。

2.間接労働–それは一般的な性質のものであり、特定のコスト単位で簡単に特定することはできません。 間接労働は生産に直接従事するのではなく、間接的に生産作業を支援するだけです。 例としては、牡丹、監督者、書記官、警備員などがあります。

3.間接費–間接資材および間接人件費を除くすべての間接費は、間接費と呼ばれます。 これらは特定のジョブ、プロセス、または作業指示で直接識別することはできず、原価単位および原価センタに共通しています。 例には、家賃と料金、保険、減価償却費、電力、照明、カート、広告などがあります。


原価計算の要素-上位7つの要素:直接材料費、直接賃金、請求可能費用、間接材料、間接労働、間接費用および間接費

健全な経営判断のためのコストを適切に管理するために、経営陣に必要なデータを提供することができます。 このため、製品の総コストは、コストの要素である費用の性質によって分析されます。 従来、製品コストは3つの材料費、人件費、その他の間接費に分割され、これらはさらにさまざまな要素に分析できます。

材料、労働、経費からなる総支出は、以下のようにさらに分析できます。

プライムコスト=直接材料+直接労働+直接費用

作業コスト(工場)=プライムコスト+工場オーバーヘッド

生産コスト=工場コスト+管理オーバーヘッド

総コスト(売上原価)=生産原価+販売および流通のオーバーヘッド

コストの各要素は、次のように詳細に説明されています。

要素# 1.直接材料費:

直接材料とは、最終製品の各ユニットで直接識別できる材料です。 直接材料とは、製品の一部となる材料です。 製品の一部および小包になる原材料、半製品、コンポーネントなどは、直接材料として知られています。 たとえば、衣服の布、靴製造の革、ラジオ、自転車、スクーターなどの組み立てのスペア部品。場合によっては、特定の素材が製品の一部になりますが、価値はほとんどありません。 それらは、間接資料の下にグループ化できます。

直接資料には以下が含まれます。

私。 仕事のために特別に購入した構成部品を含む材料。

ii。 ある原価センタから別の原価センタへ、あるプロセスから別のプロセスへ転送される品目。

iii。 カートン、ラッピング、段ボール箱などの主要な梱包材

要素# 2.直接賃金:

製品の変更、構成、構造、構造などの人件費はすべて直接賃金に含まれています。 これらには、次のグループの 労働者 に対する支払いが含まれます

私。 製品の実際の生産に従事する労働者。 つまり、操作またはプロセスを実行します。

ii。 作業の支援に従事する労働者。 すなわち、監督、職長、内部輸送要員の賃金、店員など。

iii。 生産に特別に必要な検査官、アナリストなど。

直接賃金は、直接労働、生産的労働、プロセス労働またはプライムコスト労働とも呼ばれます。

要素# 3.直接費用または請求可能費用:

特定の製品またはプロセスのために特別に発生するコスト単位またはコストセンターで識別され、割り当てられる直接材料、直接労働以外の費用は、プライムコストの一部を形成します。 直接費用は、請求可能費用、プライムコスト費用、プロセス費用、または生産費用とも呼ばれます。

次の費用グループは直接費用に該当します。

私。 特別な図面、デザイン、レイアウトのコスト

ii。 雇われた特別な機器のレンタル、修理、メンテナンス

iii。 仕事の実験費用

iv。 物品税、ロイヤリティ

v。建築家または測量士の費用

vi。 仕事に関連する旅費

vii。 欠陥のある作業を修正するコスト。

要素# 4. 間接材料:

間接材料とは、製品の一部として追跡できない材料です。 また、割り当てられないが、コストセンターまたはコストユニットに割り当てられるか、吸収される可能性があるコスト材料または経費材料としても知られています。

例は次のとおりです。

(i)潤滑剤、綿くず、グリース、オイル、文房具などの機械のメンテナンスに使用されるアイテムを保管します。

(ii)一般的な使用のための小さなツール。

(iii)ドレス製造における糸のコスト、靴製造における釘のコストなどの小さなコストのために、間接的な材料として扱われる材料のいくつかのマイナーなアイテム

要素# 5. 間接労働:

賃金を配分できないが、コストセンターまたはコストユニットに配分または吸収できる労働は、間接労働と呼ばれます。 間接賃金は、生産に付随する労働コストを表します。 言い換えれば、仕事で直接特定できない賃金。 一般的に間接賃金として扱われます。 例:-職長の給与と賃金、監督者、検査官、保守労働者、店主、事務職員、監視員、病棟など

要素# 6. 間接費用:

これらは配分できない費用ですが、原価センタまたは原価単位に配分または吸収することができます。 つまり、間接的な材料と労働以外の費用は間接的な費用です。

以下は間接的な工場費用の例です。

(i)工場に関連する家賃、料金、保険

(ii)工場建物、工場などの減価償却、修理、保守

(iii)福祉および医療費

(iv)工具室、ボイラー室、図面室、生産計画センターなどのサービス部門の費用。

(v)新入社員のトレーニング費用。

要素# 7.オーバーヘッド:

直接材料費、直接賃金、および直接費用以外のすべての費用は、間接費用または間接費として知られています。 ウェルドンによれば、間接費とは、「間接資材、間接労働、および特定のコスト単位に直接請求できないサービスを含むその他の費用」のコストを意味します。 つまり、間接費とは、間接的な材料費、間接的な人件費、および間接的な費用の合計を意味します。

一般に、オーバーヘッドは次のグループに細分されます。

(i) 生産オーバーヘッドまたは製造オーバーヘッドまたは工場オーバーヘッドまたは製造オーバーヘッド:

これらは、作業指示書の受領から完了、顧客または完成品店への配送準備までのプロセスおよびオペレーションで発生するすべての間接経費を指します。

彼らです:

a。 作品の間接資料。

b。 ワークショップ従業員への間接賃金。

c。 家賃、料金、税金、保険、修理などの工場費

d。 工場、機械、工場建物のメンテナンスの減価償却。

e。 工場従業員の福利厚生費。

(ii) 管理オーバーヘッド:

これは、生産、販売、流通、研究開発活動に直接関係のない、保険契約の策定、組織の指揮、事業の運営管理にかかるすべての費用で構成されています。

(iii)オーバーヘッドの販売:

需要の創出と刺激を求め、注文を確保するためのコストです。 言い換えれば、製品の需要の創出と維持に費やされているため、製品の顧客を確保および維持するためのすべての費用は販売費です。

(iv) 分配オーバーヘッド:

これらは、顧客への完成品の配送と発送に関連する費用です。 言い換えれば、それは当時から発生した支出です。 製品は、目的地に到達するまで完成します。たとえば、

(a)ケースの梱包費用。

(b)配達用バンの維持に使用されるオイル、グリース、スペアパーツ。

(c)倉庫の賃貸料、保険、減価償却費など

(d)積み込み費用、運送費、派遣係員の給与、派遣者の賃金、再利用のための空の修理費用。


原価計算の要素– 4つの広範な要素:材料、労働、経費、および間接費

コストには4つの広範な要素があります。

1.素材

製品の元となる物質は材料として知られています。 未加工または製造済みの状態である場合があります。 間接的だけでなく、直接的にもできます。

私。 直接材料:

最終製品の不可欠な部分になり、特定の物理ユニットに便利に割り当てることができるすべての材料は、「直接材料」と呼ばれます。

以下は、直接的な資料の例です。

(a)店舗から特別に購入、生産、または要求されたすべての材料またはコンポーネント。

(b)一次梱包材(例:漫画、ラッピング、段ボール、箱など)。

(c)購入または一部生産されたコンポーネント。

直接材料は、原材料、プロセス材料、プライム材料、生産材料、貯蔵材料、建設材料などとも呼ばれます。

ii。 間接材料:

ビジネスに付随する目的で使用され、特定の物理ユニットに都合よく割り当てることができないすべての資料は、「間接資料」と呼ばれます。 消費財、石油と廃棄物、印刷と文房具などは、間接的な材料のいくつかの例です。

間接資料は、工場、事務所、または販売部門で使用できます。

2.労働力

材料を完成品に変換するには、人間の努力が必要です。そのような人間の努力は労働と呼ばれます。 労働は直接的および間接的です。

私。 直接労働:

特定の商品の生産に積極的かつ直接的に関与する労働は、直接労働と呼ばれます。 したがって、直接人件費は、特定の製品まで特別かつ便利に追跡できます。

直接労働は、プロセス労働、生産労働、操業労働、製造労働、直接賃金などとも呼ばれます。

ii。 間接労働:

提供される商品またはサービスに付随するタスクを実行する目的で雇用される労働は、間接労働です。 そのような労働は、製品の構造、組成、または状態を変えません。 特定の出力単位に実際にトレースすることはできません。 店主、職長、タイムキーパー、役員報酬、セールスマンの給与などの賃金はすべて間接人件費の例です。

間接労働は、工場、事務所、または販売および流通部門に関連する場合があります。

3.費用

費用は直接的または間接的です。

直接経費-これらは、特定のコストセンターまたはコスト単位に直接、便利に、そして完全に割り当てることができる経費です。 このような費用の例としては、特定の契約に必要な特別な機械のレンタル、特定の仕事や契約に関連して発生した欠陥作業の費用などがあります。直接費用は「有償費用」とも呼ばれます。

間接費-これらは、コストセンターまたはコスト単位に直接、便利かつ完全に割り当てることができない費用です。

4.オーバーヘッド

間接費という用語は、間接費という用語よりも広い意味を持つことに注意してください。 間接費には、間接費に加えて、間接材料および間接労働の費用が含まれます。

間接費用は、次の3つのカテゴリに分類されます。

(a)製造(工場、工場、または生産)費用-工場で発生し、工場または工場の運営に関連する間接費は、製造費用として知られています。 生産、管理、および管理に関連する費用が含まれています。

以下は、そのような費用のいくつかの項目です。

工場敷地の賃料、料金、保険、工場の建物、工場、機械で使用される電力など

(b)オフィスおよび管理費用-これらの費用は工場に関連するものではありませんが、ビジネスの管理および管理に関連しています。 そのような費用は、事業の指示と管理に発生します。

例は次のとおりです。

オフィスの賃貸料、照明と暖房、郵便料金と電報、電話と他の料金; オフィスビル、家具および機器の減価償却、銀行手数料、法的費用、監査手数料など

(c)販売および流通費用-商品のマーケティング、商品の注文の確保、販売された商品の発送、および顧客の検索と保持の努力のために発生する費用は、販売および流通費用と呼ばれます。

例は次のとおりです。

広告費用、入札準備費用、旅費、不良債権、回収費用など

倉庫代、梱包および積荷代、外への運送など


原価計算の要素-直接材料費、直接人件費、直接経費および間接費

総コストは、次の要素に分割できます。

1.直接材料費;

2.直接人件費。

3.直接費用。 そして

4.オーバーヘッド

機能に応じて、オーバーヘッドは次の3つのカテゴリに分類されます。

(i)製造間接費

(ii)管理オーバーヘッド

(iii)販売および流通のオーバーヘッド。

コストの各要素の簡単な説明を以下に示します。

1.直接原料:

すべての製品には何らかの材料が必要です。 最終製品までたどることができる材料は、その最終製品の生産で消費される直接材料として知られ、コストの最初の要素を構成します。 一般的に、直接費用は生産量/活動に正比例して変化します。

衣服の布のコスト、家具の木材のコスト、鋳物工場のpig鉄のコスト、油の種のコストなどは、それぞれの製品の直接材料コストの例です。 ただし、ダイレクトマテリアルには一般にボタン、糸、釘、接着剤などのマイナーアイテムは含まれないことに注意してください。これらのアイテムを完成品までトレースするコストは、非常に正確なダイレクトマテリアルの計算から得られる利点を超える可能性があるためですコスト。 このようなマイナーアイテムのコストは、間接材料コストに含まれています。

2.直接労働:

原材料を最終製品に変換する際に発生し、最終製品、プロセス、またはジョブにトレーサブルなすべての人件費は、直接人件費として識別されます。

製造上の懸念では、雇用されている労働者は2つのカテゴリに分類できます。

(i)製品の実際の生産に従事している人、またはプロセスまたは操作を実行している人。 そして

(ii)監督、マテリアルハンドリング、プラントガード、プラントメンテナンス、ツール設定などによって生産プロセスを支援する人。

労働者の最初のカテゴリの人件費は直接人件費として扱われ、製品に直接請求されます。 一般に、直接人件費も生産高/活動に正比例して変化します。 しかし、労働者/従業員の2番目のカテゴリーの人件費は間接人件費として扱われ、間接費によって回収されます。

3.直接費用または有料費用:

直接材料および直接人件費以外のすべての費用は、生産、プロセス、または仕事で具体的かつ単独で発生するものであり、直接費用または有償費用として扱われます。 これらは、プライムコストの一部として、製品、プロセス、またはジョブなどに直接請求されます。

直接費用の例は次のとおりです。

(i)特定の仕事のために雇われた機械または工場のレンタル。

(ii)特定のパターン、デザイン、描画、または仕事用のツールを作成するコスト。

(iii)実験、モデル、およびパイロットスキームの実施にかかる費用。

(iv)建築家、測量士、コンサルタントの費用。

(v)特定の仕事に関連して発生した旅費およびその他の付随費用。

(vi)直接材料の調達に関する輸送費、貨物および保険、

(vii)一次梱包材のコスト。

(viii)特定の仕事に関連して発生または支払われた特許の費用、ロイヤルティの金額およびライセンス料。

4.オーバーヘッド:

これらは、次の3つの見出しに分類されます。

(i)製造オーバーヘッド:

生産に関連する直接費(直接材料費、直接労働費、および直接費)を除くすべての費用は、製造間接費に含まれます。 それらは、間接材料、間接労働、間接費用で構成されています。 製造間接費は、工場間接費、工場負担、製造費用、作業間接費、作業費など、さまざまな名前でも知られています。

これらは可変でも固定でもかまいません。 変動オーバーヘッドは生産量に関連しています。 固定オーバーヘッドは時間に関連しています。 電力、燃料などは変動間接費の例であり、賃貸料、保険、料金と税金、監督の給与などは固定間接費の例です。 オーバーヘッドは、公平な基準で製品に割り当てられ、割り当てられ、吸収されます。

(ii)管理オーバーヘッド:

組織の管理、指示、および管理で発生したすべての費用は、「管理オーバーヘッド」の下で収集され、累積されます。 スタッフの給与、家賃、電気、訴訟費用、監査報酬、ディレクターの報酬、オフィス機器のレンタルとメンテナンス、オフィス家具と機器の減価償却、およびそれらの保険などは、すべて管理上のオーバーヘッドの例です。

(iii)販売および流通のオーバーヘッド:

製品の販売および流通に関連するすべての費用は、販売および流通のオーバーヘッドに含まれます。 顧客の獲得と維持には販売費が発生します。 営業所の費用、販売員のコミッションと給与、広告費、宣伝費、ショールームなどは、販売間接費を構成します。 製品の流通にかかる費用は、流通間接費と呼ばれます。

店舗/倉庫への完成品の受け取りから顧客への配送までのすべての費用は、流通のオーバーヘッドに含まれます。 倉庫の賃料、倉庫スタッフの給料、配達用バンおよびトラックの費用などは、流通のオーバーヘッドの例です。 販売と流通のオーバーヘッドも、その性質と振る舞いに応じて変動するか固定されます。


原価計算の要素– 4つの主な要素:材料費、人件費、経費、および間接費

これは、製品またはサービスの総コストの重要なコンポーネントまたは部分を意味します。

コストの要素は次のとおりです。

(1)材料費

(2)人件費と

(3)費用。

(4)オーバーヘッド

(1)材料費:

材料のさまざまなアイテムのコストを意味します。 材料は直接的または間接的です。

(i)直接材料–直接材料コストは、コスト単位で簡単に識別して割り当てることができるコストです。 通常、直接材料は完成品の一部になります。

例-レンガの粘土、靴の革、機械の鋼、衣服の布、家具の木材、麻袋の製造におけるジュート、鋳物工場のPig、缶詰業界の果物、製本用のり、ドレッシング糸の澱粉、トランジスタ/ラジオ用バッテリー、カートンなどの梱包材、ラッピング、段ボール箱など

直接的な材料コストは、「経済的に実行可能な方法で原価対象に起因する材料コスト」として定義できます。

(ii)間接資料–間接資料は、個々の原価単位で簡単に識別できない資料です。 これらは重要ではありません。

例-ピン、ネジ、ナットとボルト、スレッド、潤滑油、サンドペーパー、石炭、小型工具、オフィス文具、機械のメンテナンスに使用される店舗、潤滑油、綿くず。 Power House、Boiler House、Canteenなど、サービス部門が使用する店舗

(2)人件費:

これは、ビジネス上の関心のあるさまざまな種類の従業員に支払われる賃金、給与、コミッション、ボーナス、その他すべてのインセンティブなどの報酬を意味します。 それは直接的または間接的です。

(i)直接労働-直接労働コストは、原材料を完成品に直接変換する労働者に支払われる賃金から成ります。 これらの賃金は、特定の製品、仕事、またはプロセスで簡単に識別できます。

例–製品の実際の生産または作業またはプロセスの実行に従事する機械オペレーター、靴メーカー、カーペンター、ウィーバー、テーラー、労働に支払われる賃金、監督、メンテナンス、ツールの設定、材料の輸送、検査官、アナリストなど、そのような生産に特に必要です。

(ii)間接労働–一般的な性質のものであり、特定のコスト単位で簡単に特定することはできません。 言い換えれば、間接労働は生産作業に直接従事するのではなく、生産作業を支援または支援することのみを目的としています。

例–監督者、検査官、クリーナー、書記官、ペオン、ウォッチマン、保守作業員に支払われる給与。 サービス部門、マテリアルハンドリング、および内部輸送に雇用されている男性。 実習生、研修生、インストラクター。 タイムオフィスとセキュリティオフィスで雇用されている事務職員と労働者。

(3)費用:

費用とは、ビジネス上の懸念により発生する材料費と人件費以外のすべての費用を指します。

(i)直接費用または有償費用–直接費用は、製品の製造またはサービスの提供に関連する費用であり、直接材料費および直接従業員費用以外の費用対象と識別またはリンクできます。 このような費用は、プライムコストの一部として、関係する特定の費用勘定に直接請求されます。

直接経費は、コストセンターまたはユニットで識別され、割り当てられる経費です。 彼らはまた、有償費用として知られています。

Example – Excise duty, Royalty, Architect or Supervisor's fees, Cost of rectifying defective work, Experimental expenses of pilot projects, Expenses of designing or drawings of patterns or models, Repairs and maintenance of plant obtained on hire and Hire of special equipment obtained for a contract, Cost of patent rights, carriage on purchases etc.

(ii) Indirect Expenses – All indirect costs other than indirect materials and indirect labour costs are called as indirect expenses. These cannot be conveniently identified with a particular job, process or work order and are common to cost units or cost center

Example – Rent and rates, Depreciation, lighting and power, Advertising, insurance, repairs, Transportation, Printing & Stationery, etc.

(4) Overheads :

This is the aggregate of indirect material cost, indirect labour cost and indirect expenses. Overheads are also known as on cost.

Overhead = Indirect materials + Indirect labour + Indirect expenses.


Elements of Cost Accounting – With Components of Total Costs

There are broadly four elements of cost:

1. Material:

The matter or substance from which the product is made is the material. It may be in raw or processed form. It can be direct or indirect.

私。 Direct Material- All material which becomes an integral part of the finished product and which can be conveniently assigned to specific physical units is termed Direct Material.

Examples are:

a。 All material or components specifically purchased, produced or requisitioned from stores

b。 Primary packing materials (eg cartons, boxes)

c。 Partly produced or purchased components.

ii。 Indirect Material – All material which is used for purposes ancillary to production and which cannot be conveniently assigned to specific physical units, is termed Indirect Material. Consumable stores, oil and waste are a few examples of indirect material.

2.労働力:

For the conversion of raw material into finished goods, human effort is required and such human effort is called labour. Again, labour can be direct or indirect.

私。 Direct Labour – Labour which takes an active and direct part in the production of a particular commodity is direct labour. Direct labour costs are, therefore, specifically and conveniently traceable to specific products.

ii。 Indirect Labour – Labour employed for the purpose of carrying out tasks incidental to goods produced or services provided is indirect labour. It cannot be practically traced to specific units of output. Wages of foremen/supervisors, time keepers and salaries of salesmen are some examples of indirect labour costs.

3. Expenses:

Expenses too may be direct or indirect.

私。 Direct Expenses – These are expenses which can be directly and wholly allocated to a specific cost centre or unit (eg hiring of some special machinery for a particular contract, commission for a specific product).

ii。 Indirect Expenses – These are the expenses which cannot be conveniently and wholly allocated to cost centres or cost units (eg rent, electricity, insurance).

4. Overheads:

The term overheads includes indirect materials, indirect labour and indirect expenses. Thus all indirect costs are overheads.

In a manufacturing organization, these can be broadly divided into three categories:

私。 Factory/works production overheads, where production is carried out

ii。 Office and administration overheads, where routine as well as policy matters are decided

iii。 Selling and distribution overheads, where products are sold and finally despatched to customers.

Components of Total Costs:

1. Prime Cost – Prime cost is the sum of direct material costs, direct labour costs and direct expenses. It is also known as Basic, First or Flat Cost.

2. Factory Cost – This comprises Prime Cost and factory or works overheads which include costs of indirect material, indirect labour and indirect factory expenses. This cost is also known as Works Cost, Production Cost or Manufacturing Cost.

3. Office Cost – Office cost includes Factory Cost and office and administration overheads; this is also termed Cost of Production.

4. Total Cost – This is the sum of the Cost of Production and selling and distribution overheads. It is also termed Cost of Sales.


Elements of Cost Accounting – 4 Major Elements: Material Cost, Labour Cost, Expenses and Overheads

Manufacturing organizations have to analyse the total cost of manufacturing a product, in order to control the cost, offer the products to the market at a low price and ultimately remain competitive. This however requires the total cost of manufacture to be divided under several categories.

It is in this context that the total cost of manufacture is classified under three elements called the elements of cost. This element wise classification of cost is based on the nature of the cost itself.

The following are the elements according to the above basis:

1. Material cost

2. Labour cost

3. Expenses

4. Overheads

Element # 1. Material Cost:

This refers to the cost of all the materials which are consumed in the process of production of a product.

“Material cost is the cost of commodities supplied to an undertaking”. – ICMA, London

The material cost is further divided into two classifications as follows:

a。 Direct material cost

b。 Indirect material cost

a。 Direct Material Cost:

Direct material cost is the amount incurred on the direct materials. Direct materials are those which are conveniently identified and can be allocated to a particular job, product, process etc. These materials enter the production process and become a part of the finished goods products.

Direct materials include the following:

私。 Materials specifically required for a process, job, order or a production order.

ii。 Materials transferred from one process to another.

iii。 Requisition charges such as freight, taxes, insurance etc.

iv。 Primary packing materials.

Direct materials are also called prime cost materials, process materials, production materials and requisitioned materials. The consumption of direct materials and its cost vary directly with the increase or decrease in production. Examples of direct materials – components in the manufacture of automobiles, cotton in the process of spinning yarn, rubber in the manufacture of tyres, diamonds in the making of jewellery, batteries used in a mobile phone etc.

Certain materials enter production process and become a part of the finished products but they are still not considered direct materials as they are compared with the cost of other materials is very insignificant.

Examples – Thread used in stitching a garment, lace used in shoes, nails used in the furniture etc.

Direct materials are generally of high value and need strict control and accounting.

b。 Indirect Material Cost:

Indirect material cost is the cost incurred on indirect materials. Indirect materials are those which enter the process of production but they do not form a part of the finished product nor are they identifiable in the finished products. The cost of these materials cannot be allocated to a certain product but it has to be allocated to several products.

Indirect materials include the following:

私。 Materials which get consumed in the process of production but do not become a part of the finished goods.

ii。 Materials which get consumed in the process of production but are not identifiable in the finished goods.

iii。 Materials which get consumed in the process of production, become a part of the finished goods and are identifiable as a part of the finished goods but their value is very insignificant.

The consumption of indirect material and its cost may not vary exactly in direct proportion to the increase or decrease in production.

Indirect materials are of a lesser value generally as compared with direct materials. Examples- Grease or lubricants used in machines, chemicals used as catalysts, cotton waste used in the maintenance of machines, small tools and components used, stationery used in the office, finishing materials used in jewellery etc.

Element # 2 . Labour Cost :

No organization can work without employees, in this context called labourers or labour. Labour cost refers to the total amount paid by an organization towards its employees as their remuneration. This may take any form such as salary, wage, bonus, incentives, allowances, perquisites etc.

“Labour cost is, the cost of remuneration (wages, salaries, commissions, bonuses etc.) of the employees of an undertaking”. – CIMA, London

Examples- Salaries, wages, bonus, overtime wages, incentives etc.

The labour cost is further divided into two classifications as follows:

a。 Direct labour cost

b。 Indirect labour cost

a。 Direct Labour Cost:

This is the amount of labour cost which is paid to such of the labourers who are directly involved in the production/the process of converting raw materials into finished goods. These labourers actually alter the construction, composition, confirmation or condition of the product.

Direct labour can be conveniently identified or attributed completely to a particular job, product or process. Direct labour cost is also called direct wages, process labour, operating labour, prime cost labour or productive labour. The amount of direct labour varies directly with the increase or decrease in production.

Examples of direct labour cost- wages paid to construction labourers in a construction, a weaver weaving cloth, a mechanic operating machines, carpenter making furniture and goldsmith making jewellery.

b。 Indirect Labour Cost:

This is the amount of labour cost which is paid to such of the employees who are not directly engaged or involved in the process of production. These employees do not alter the construction, composition, confirmation or condition of the product. These labourers assist or help the direct labour in the manufacturing process. Indirect labour cannot be directly identified with a job, process or production order and therefore it cannot be directly charged to a job, process etc.

Indirect labour cost is also called indirect wage, unproductive wage etc. The amount of indirect labour may not vary directly with the increase or decrease in production. Examples of indirect labour cost – remuneration paid to employees in the personal department, employees in the accounts department, employees in the security department, employees in the stores, general supervisor.

Element # 3. Expenses :

All the costs incurred in an organization other than material cost and labour cost are called expenses.

“Expenses are the cost of services provided to an undertaking and the notional cost of the use of owned assets”. – CIMA, London

Examples of expenses- Travelling expenses, consultation charges, general advertising expenses, excise duty paid, local taxes paid etc.

The expenses are further divided into two classifications as follows:

a。 Direct expenses

b。 Indirect expenses

a。 直接費用:

These are the expenses which are incurred specifically in connection with a particular product, job or operation. These expenses can be directly identified with a particular product, job or process. These expenses are in no way connected with any other product, job or operation.

Direct expenses are also called direct expenses, chargeable expenses, process expenses, prime cost expenses or productive expenses. The amount of direct expenses varies directly with the increase or decrease in production.

Examples of direct expenses- Freight charges incurred on the purchase of materials meant specifically for a specific job, royalty paid for a specific product, cost of operating a machine for a specific job, cost of specific designs or templates for a particular product.

b。 間接費用:

Indirect expenses other than indirect material cost and indirect labour cost are indirect expenses. These cannot be directly identified with a particular job, process or work order, but are common to several jobs, products or processes. The amount of indirect expenses may not vary with the increase or decrease in production. Examples of indirect expenses- Rent of factory building, depreciation of office furniture, telephone expenses, insurance of office building, lighting expenses, cleaning expenses.

Element # 4. Overheads :

The total or aggregate amount of indirect material cost, indirect labour cost and indirect expenses is called 'overhead'. Overheads cannot be conveniently charged directly to cost units. Overheads are costs incurred in a general way for the organization.

“Overhead is the aggregate of indirect materials cost, indirect wages and indirect expenses”. – CIMA, London

Overheads are also called 'on cost'.

The equations of overheads:

1. Overhead = indirect material cost + indirect labour cost + indirect expenses.

2. Indirect material cost = Overhead – indirect labour cost – indirect expenses.

3. Indirect labour cost = Overhead – indirect material cost – indirect expenses.

4. Indirect expenses = Overhead – indirect material – indirect labour cost.


Elements of Cost Accounting – 4 Important Elements: Material Cost, Labour Cost, Expenses and Overheads

In the Oxford Dictionary 'cost' means 'the price paid for something'. But in the management terminology, 'cost' refers to expenditure and not to price. 'Cost' represents a sacrifice, a foregoing or a release of something of value. The Institute of Cost and Management Accountants, London, has defined cost as “the amount of expenditure (actual or notional) incurred on or attributable to a given thing.”

For manufacturing of cotton fabrics, the expenditure incurred on the purchase of cotton yarn, wages paid to weavers, salary paid to factory foreman, depreciation on machinery used in the manufacture of fabrics, notional rent of owned factory building etc., are the items of cost.

One of the main objects of cost accounting is to present the analysis of the total cost of production in such a manner as to provide the maximum information useful to the business. The analysis and classification of costs is basically made with reference to factors on which expenditure is incurred. These factors are known as 'elements of cost'. 'Element' may also be defined as a group name of smaller costs of identical nature.

The various elements of cost are:

1. Material cost

2. Labour cost or wages

3. Expenses.

4. Overheads

1. Material Cost:

'Material cost' refers to the cost of commodities supplied to an undertaking eg, cost of yarn and dyes supplied to an undertaking engaged in the manufacture of cloth, cost of leather, thread, nails and shoe polish supplied to an undertaking engaged in the manufacture of shoes etc.

Material cost may be further subdivided into:

(i) Direct Material Cost:

Direct material cost means the cost of materials which can be identified with and allocated to cost centres or cost units eg, cost of wood in case of furniture, cost of cotton in case of cotton yarn, cost of yarn in case of cloth, cost of iron in case of machinery etc. The main feature of direct materials is that these enter into and form part of the finished product.

(ii) Indirect Material Cost:

It refers to the material cost which cannot be allocated but can be apportioned to or absorbed by cost centres or cost units. These are the materials which cannot be traced as part of the product and their cost is distributed among the various cost centres or cost units on some equitable basis.

Examples of indirect materials are coal and fuel for generating power, cotton waste, lubricating oil and grease used in maintaining the machinery, materials consumed for repair and maintenance work, dusters and brooms used for cleaning the factory etc.

2. Labour Cost (or Wages):

Labour cost refers to the cost of remuneration of the employees of an undertaking eg, wages, salaries, commission etc.

Labour cost may be sub-divided into:

(i) Direct Labour Cost (or Direct Wages):

It refers to labour cost which can be identified with and allocated to cost centres or cost units. It includes the remuneration paid for converting the raw material into finished products or for altering the construction, composition or condition of the product manufactured by an undertaking eg, wages paid for spinning yarn in case of spinning mill, wages paid for weaving cloth in case of cloth mill, wages paid to a mason for construction of building by a building contractor etc.

In case of a service concern, direct labour cost refers to the wages paid to those who directly carry out or operate the service eg, wages paid to the driver and conductor of a bus in case of the transport business.

(ii) Indirect Labour Cost (or Indirect Wages):

It refers to the labour cost or wages which cannot be allocated but can be apportioned to or absorbed by cost centres or cost units eg, salary paid to factory manager, salary paid to factory supervisor or foreman, salary paid to general manager or sales manager etc.

3.Expenses:

Expenses refer to the cost of services provided to an undertaking and the notional cost of the use of owned assets (ie, depreciation of owned factory building, depreciation of office building, depreciation of show-room building, depreciation of plant and machinery etc.).

Expenses are sub-divided into:

私。 Direct Expenses (or Chargeable Expenses):

These are the expenses (other than direct material cost and direct labour cost) which can be identified with and allocated to cost centres or cost units eg, royalties paid on the basis of output, hire charges of special plant or machinery, carriage and freight on direct materials purchased if such carriage and freight have not been added to the cost of materials, import duty and octroi paid on the purchases of imported direct materials (if not added to their purchase price).

ii。 間接費用:

Expenses which cannot be allocated but can be apportioned to or absorbed by cost centres or cost units eg, rent, rates, taxes and insurance of factory building, factory lighting, repairs to factory building, depreciation of plant and machinery, repairs to machinery, depreciation and insurance of office building, depreciation and insurance of show-room building etc., are known as indirect expenses.

The aggregate of direct material cost, direct labour cost and direct expenses is known as 'Direct Cost' whereas the aggregate of indirect material cost, indirect labour cost and indirect expenses is known as 'Indirect Cost' or 'Overhead'.

4. Overhead:

Indirect cost or overhead may again be classified on the basis of functions as follows:

a。 Factory Overhead or Works Overhead:

Factory overhead includes all the indirect costs incurred in the factory in connection with manufacturing operations. Factory overhead comprises the cost of indirect materials, cost of indirect labour and all other indirect expenses which are incurred in the running of the factory or works eg, lubricating oil, cotton waste for cleaning the machinery, coal, gas and fuel, wages of store-keeper, wages of time-keeper, salaries of foremen and factory supervisors, factory rent, factory rates and insurance, repairs to factory building, depreciation of factory plant and machinery, depreciation of owned factory building etc.

b。 Office and Administration Overhead:

These include all indirect costs relating to the direction, control and administration of an undertaking. In other words, office and administration overhead refers to general office expenses and expenses of administration and control of business eg, office rent, office rates and insurance, depreciation of owned office building, office lighting, depreciation of office furniture, office stationery, audit fee, directors' remuneration, salary of general manager, salaries of general clerical staff, bank charges etc.

c。 Selling and Distribution Overhead:

These include all indirect costs which are incurred for promoting sales and retaining the customers and for delivering the goods after their manufacture to the consumers eg, cost of advertisement, rent, rates, taxes and insurance of showroom building, depreciation of owned show-room building, showroom lighting, salary of sales manager, salaries of salesmen, commission on sales, carriage on sales, packing charges, rent or depreciation of warehouse, salary of warehouse-keeper, running and maintenance of delivery vans etc.


Elements of Cost Accounting – Material Cost, Labour Cost, Other Expenses and Overheads

The main elements of costs are as under:

(1) Material Cost:

The cost of commodities supplied to an undertakings is known as material costs.

It can be of two types as under:

(a) Direct Materials – Direct material can easily be identified and allocated to cost. If the value is very small, it is treated as indirect material.

(b) Indirect Materials – It cannot be identified with individual cost units. It is not a part of finished product.

(2) Labour Cost:

It is that cost of remuneration which is paid to the employees.

It may be divided into two parts as under:

(a) Direct Labour – It consists of wages paid to employees directly. It can be identified with any product.

(b) Indirect Labour – It is of general nature and cannot be identified. It is not directly engaged in the production operations.

(3) Other Expenses:

All costs other than materials and labour are treated as expenses.

It may be classified into two categories as under:

(a) Direct Expenses – There expenses can easily be identified to cost units and are incurred in relation to particular job.

(b) Indirect Expenses – Other expenses not related directly are included in indirect expenses. These expenses are common to unit cost.

(4) Overheads:

This is the total of indirect materials, indirect labour and other indirect expenses. Thus overheads = Indirect materials + Indirect labour + Other Indirect expenses.


Elements of Cost Accounting – 4 Key Elements: Material Cost, Labour Cost, Expenses and Overheads

“Cost is the amount of expenditure incurred on a given thing.” – ICMA

Cost is the amount of:

(a) Actual expenditure incurred on a thing, and

(b) Notional Expenditure attributable to a thing.

The elements of cost consist of the following:

Element # 1. Material Cost:

The materials cost is the cost of commodities supplied to an undertaking. – ICMA

Material cost is of two types as:

(a) Direct Materials, and

(b) Indirect Materials.

(a) Direct Materials – Direct material can be identified easily and traced directly with the final product. The Direct material cost consist the cost of purchase of material transport expenses and indirect taxes and duties payable on it. Primary packing expenses are also included in it. They are known as productive materials also.

(b) Indirect Material Cost – Indirect materials cost is the cost of those materials which do not form part of the product such as small tools, stores used for repairs and maintenance etc.

Element # 2. Labour Cost:

The labour cost is the cost of remuneration of the employees of any undertaking. – ICMA

Labour cost is divided into two groups as under:

(a) Direct Labour Cost – Wages paid to workers is called direct labour cost.

(b) Indirect Labour Cost – Wages which cannot be allocated but which can be ascertained to cost centre is known as indirect labour cost.

Element # 3. Expenses:

The cost of services provided to an undertaking and the national cost of the use of owned assets is included in it.

Expenses are of two types as under:

(a) Direct Expenses – Expenses which can be identified and allocated to cost centre is known as direct expenses.

(b) Indirect Expenses – Expenses which cannot be allocated but which can be apportioned to cost centre is known as indirect expenses. It includes factory expenses, office expenses, selling and distribution expenses.

Element # 4. Overheads :

Overheads is the cost of indirect materials, indirect labour and other indirect expenses. Thus overhead is the aggregate of indirect material, indirect labour and other indirect expenses.

Overheads is classified as under:

(1) Factory Overheads

(2) Office and Administrative Overheads

(3) Selling and Distribution Overheads.

(1) Factory Overheads – It includes Indirect Materials, indirect labour and indirect factory expenses. It is also known as production overheads, works overheads, factory on cost or works on cost.

(2) Office and Administrative Overheads – All indirect office and administration expenses are included in it. It can be expressed as the total of general management, administrative services, office expenses such as rent, depreciation, postages, stationery, telephone expenses etc.

(3) Selling and Distribution Overheads – All indirect selling and distribution expenses are included in it. Selling overheads is the cost of selling the goods. Distribution expenses are incurred in the process of packing and despatching of goods.


Elements of Cost Accounting

Total cost can be broken up into the following elements:

(a) Direct material cost;

(b) Direct labour cost;

(c) Direct expenses; そして

(d) Overheads.

According to functions, overheads may be classified into the following three categories:

(i) Manufacturing overheads

(ii) Administrative overheads, and

(iii) Selling and distribution overheads.

A brief description of each element of cost is given below:

1. Direct Raw Material:

Every product requires some material. Any material, which can be traced to the finished product, is known as direct material consumed in the production of that finished product and constitutes the first element of cost. Direct costs generally vary in direct proportion to output/activity. Cost of cloth in garments, cost of wood in furniture, cost of pig iron in foundry, cost of seeds in oil, etc., are examples of direct material cost of respective products.

It may, however, be noted that directs materials generally do not include minor items such as buttons, thread, nails, glue etc., because the cost of tracing these items to the finished product may exceed the benefit derived from computing very accurate direct material costs. The cost of such minor items is included in indirect material costs.

2. Direct Labour:

All labour costs incurred in the transformation of raw material into a finished product or traceable to the finished product, process or job is identified as direct labour cost.

In any manufacturing concern workmen employed can be divided into two categories:

(i) Those engaged in the actual production of the product or carrying out the process or the operations; そして

(ii) Those who help in the production process by way of supervision, material handling, plant guarding, plant maintenance, tool setting, etc. The labour cost of the first category of workers is treated as direct labour cost and is directly charged to the product. Direct labour costs also generally vary in direct proportion to output/activity. But the labour cost of the second category of workers/employees is treated as indirect labour cost and is recovered by way of overhead rates.

3. Direct or Chargeable Expenses:

All expenses, other than direct materials and direct labour cost, which are specifically and solely incurred on production, process or job are treated as direct or chargeable expenses. These are charged direct to the product, process or job, etc., as part of prime cost.

The following are the examples of direct expenses:

(i) Rental of a machine or plant hired for a specific job.

(ii) The cost of making a specific pattern, design, drawing or making tools for a job.

(iii) The costs of making experiments, models and conducting pilot schemes.

(iv) Fees of architects, surveyors and consultants.

(v) Expenses on travelling and other incidental expenses incurred in connection with a specific job.

(vi) Carriage inwards, freight and insurance on procuring direct materials.

(vii) The costs of primary packing materials.

(viii) The costs of patents, amount of royalty and license fees incurred or paid in connection with a specific job.

4. Overheads:

(i) Manufacturing Overheads:

All costs, other than direct costs (direct material, direct labour and direct expenses) associated with the production are included in manufacturing overheads. They consist of indirect materials, indirect labour and indirect expenses. Manufacturing overheads are also known by various other names, such as factory overheads, factory burden, manufacturing expenses, work overheads, works on cost, etc.

These may be variable or fixed. Variable overheads are related with the volume of production. Fixed overheads are related with time. Power, fuel etc. are examples of variable overheads whereas rent, insurance, rates and taxes, salaries of supervisions, etc., are examples of fixed overheads. Overheads are allocated, apportioned and absorbed by products on some equitable basis.

(ii) Administration Overheads:

All expenses incurred on the administration, direction and control of an organisation are collected and accumulated under 'administrative overheads'. Staff salaries, rent, electricity, legal expenses, audit fee, directors fees, rent and maintenance of office equipment, depreciation on office furniture and equipment and insurance thereof, etc. are all example of administrative overheads.

(iii) Selling and Distribution Overheads:

All costs related to selling and distributions of products are included under selling and distribution overheads. Selling costs are incurred in obtaining and retaining a customer. Sales office expenses, commission and salaries of sales force, expenses on advertising, publicity and show room, etc., constitute selling overheads. Expenses incurred on the distribution of products are called distribution overheads.

All expenses starting from receiving finished products into the stores/warehouse up to their delivery to customers are included in distribution overheads. Warehouse rent, salaries of warehouse staff, expenses on delivery vans and trucks, etc., are examples of distribution overheads. Selling and distribution overheads can also be variable or fixed depending on their nature and behaviour.

The Institute of Cost and Works Accountants of India has established a 'Cost Accounting Standard Board' (CASB) to formulate, develop and establish Cost Accounting Standards on important costing issues to help the industries, government and the society at large.

The first in the series brought out is the Cost Accounting Standard 1 (CAS1) on 'Classification of Cost'. This Standard states that the production cost is the cost of all items involved in the production of a product or service. It includes all direct costs and all indirect costs related to the production.


 

コメントを残します