市場需要、総収入および限界収入

需要と総収入

市場需要曲線から、特定の商品を販売する企業の総収益を形成する消費者の総支出を導き出すことができます。

総収益は、販売数量と価格の積です

TR = P Q

市場の需要が線形の場合、総収益曲線は、最初は上方に傾斜し、最大点に達し、その後減少し始める曲線になります(図2.40)。

いずれかの価格での総収益は、その価格と需要曲線への対応する量から垂線を引くことによって定義される長方形の面積です。 たとえば、図2.39では、価格P 2での総収入は長方形P 2 AQ 2 0の面積です。

会社の理論にとって特に興味深いのは、限界収益の概念です。 限界収益は、商品の追加単位の販売から生じる総収益の変化です。

グラフィカルに限界収益は、出力のいずれかのレベルでの総収益曲線の傾きです。 需要曲線が線形である場合、xの追加単位を販売するためには価格が低下する必要があることは明らかです。 数量全体が新しい低価格で販売されるため、限界収益は、販売された追加ユニットの価格から新しい低価格ですべての以前のユニットを販売したことによる損失を差し引いたものに等しくなります。

MR = P n + 1 –(P n – P n + 1 )Q n

ここで、Q nは価格下落前の販売数量です。 (P nPn + 1 )(=ΔP)が正で、Q nが正である場合、すべての価格でMRは明らかに価格よりも小さくなります。

限界収益は、次のように需要曲線からグラフィカルに導き出すことができます。 需要曲線の任意のポイント(ポイントaなど)を選択し、そこから価格軸と数量軸(それぞれAPとAQ)に垂線を描きます。 次に、垂直PAの中点を見つけます。

図2.41では、PAの中間点はCです。DからCに直線を引き、垂直AQを切断するまで延長します(図2.41の点B)。 この線は限界収益曲線です。 それを確認するために、価格P(= OPAQ)での総収益はすべての個々のユニットの限界収益(= ODBQ)の合計であることに最初に注意します。面積OPCBQが共通であり、三角形DPCとCABは等しい(PC = CAにより、対応する角度が等しく、片側が等しい)。

したがって、MR曲線はDCBG線であり、需要曲線から引き出された垂線の中点を価格軸に結合することで導出できます。 言い換えると、MR曲線は、そのような垂線を中点でカットします(需要が直線である場合)。

これは、MR曲線が需要曲線と同じポイント(a 0 )から始まり、MRが需要曲線の勾配の2倍の負の勾配を持つ直線であることを証明しています。 これは、単純なジオメトリを使用して上記で確立した結果と同じです。

限界収益と価格弾力性の関係

限界収益は、式の需要の価格弾力性に関連しています

総収益、限界収益、価格弾力性

需要曲線が低下している場合、TR曲線は最初に増加し、最大値に達し、その後低下し始めます。 MR、P、eの以前に導出された関係を使用して、総収益曲線の形状を確立できます。

総収益曲線は、e = 1の時点で最大レベルに達します。これは、この時点で、その傾斜、限界収益がゼロに等しいためです。

MR = P(1 – 1/1)= 0

e> 1の場合、総収益曲線は正の勾配を持ちます。つまり、まだ増加しているため、次の条件を満たせば最大点に達していません。

P> 0および(1 – 1 / e)> 0; したがって、MR> 0

e、1の場合、総収益曲線は負の勾配を持ちます。つまり、

P> 0および(1 – 1 / e)0

これらの結果を次のように要約できます。

需要が弾力的でない場合(e <1)、価格の上昇は総収益の増加につながり、価格の低下は総収益の低下につながります。

需要が弾力性がある場合(e> 1)、価格の上昇は総収益の減少につながり、価格の低下は総収益の増加につながります。

需要が単一の弾力性を持っている場合、e — 1の場合はMR = 0であるため、総収益は価格の変化の影響を受けません。

 

コメントを残します