3国民所得の測定に使用される代替方法

国民所得の測定に使用される3つの代替方法は次のとおりです。1.付加価値方法2.収入方法3.支出方法。

要因所得は財とサービスの生産から生じ、収入は生産された財とサービスに費やされるため、国民所得を測定する3つの代替方法が可能です。

1.付加価値方法

これは、出力方法または生産方法とも呼ばれます。 この方法では、生産財およびサービスにおいて各企業によって付加された価値が測定されます。 企業による付加価値は、原材料、未完成品などの中間財(企業が生産した生産物の価値から他の企業から購入したもの)で発生した支出を差し引くことで得られます。

企業が生産するアウトプットの価値は、生産される物理的アウトプット(Q)に市場価格(P)を乗じたもの、つまりPQに等しい各企業が付加した価値から固定資本の消費(減価償却)を差し引いて純額を得る市場価格での付加価値(NVA MP )。

ただし、国民所得(つまり、ファクターコストでの純国民生産(NNP FC ))を推定するには、経済における各企業によるファクターコストでの付加価値(NVA FC )を推定する必要があります。間接税(すなわち、間接税から政府が提供する補助金を差し引いたもの)。

この方法では、経済は農業、漁業、鉱業、建設、製造、貿易、商業、輸送、通信、その他のサービスなどのさまざまな産業部門に分割されます。 次に、各生産企業および各産業または部門による要素コスト(NVA FC )での正味付加価値が推定されます。

上から、企業が要素コストで追加された正味の価値に到達するためには、企業の出力の値から以下を差し引く必要があります。

1.原料、他社から購入した燃料などの商品の価値である中間消費

2.固定資本の消費(すなわち、減価償却)

3.純間接税。

産業またはセクターのすべての生産的企業による要素コスト(NVA FC )で追加された正味価値を合計すると、各産業またはセクターの要素コストで追加された正味価値が得られます。 次に、すべての産業または部門によって要素コストで追加された正味額を合計して、要素コストで純国内製品を取得します(NDP FC )。 最後に、純国内生産に海外からの純要素所得を加算して、要素費用(NNP FC )で純国民製品を取得します。これは国民所得とも呼ばれます。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

NIまたはNNP FC = NDP FC +海外からの正味収入

国民所得を計算するこの方法は、その年の生産調査が存在する場合に使用できます。 多くの国では、重要な産業のみの生産データが知られています。 したがって、この方法は国民所得に到達するために他の方法と一緒に使用されます。 この方法の1つの大きな利点は、国民所得へのそれぞれの貢献を示すことにより、経済のさまざまな部門の相対的な重要性を明らかにすることです。

注意事項:

付加価値法により国の国民所得を測定する際には、以下の予防措置を講じる必要があります。

1.自家住宅の帰属家賃値は、アウトプットの値に含める必要があります。 これらの支払いは他の人に対しては行われませんが、その価値は市場の一般的な価値から簡単に推定できます。

2.中古品の販売と購入は、生産年の生産年でカウントされるため、年の生産高の測定値に含めないでください。 もちろん、販売と購入で獲得した手数料または仲介は、これが今年度に提供された新しいサービスであるため、含める必要があります。

3.自家消費の生産額は、国民所得の測定中にカウントされます。 この方法では、自己消費のための生産は、一般的な市場価格で評価されるべきです。

4.主婦のサービスの価値は、彼らのサービスの価値を正しく見つけるのが容易ではないため、含まれていません。

5.付加価値の測定中に中間財の価値を数えることはできません。これは二重に数えられるからです。

2. 収入方法:

この方法は、流通側からの国民所得にアプローチします。 言い換えれば、この方法は、分配の段階で国民所得を測定し、その国の個人が支払った、または受け取った収入として表示されます。 したがって、この方法では、国の収入は、国のすべての個人の収入を合計することによって得られます。 個人は、自身のサービスと土地や資本などの財産のサービスを国の生産に貢献することで収入を得ます。

したがって、国民所得は、土地の賃料、従業員の賃金と給与、資本に対する利子、起業家の利益(未分配の企業利益を含む)および自営業者の収入を合計して計算されます。 国民所得を推定するこの方法には、地主、資本の所有者、労働者、起業家などのさまざまな所得グループ間の国民所得の分布を示すという大きな利点があります。

所得法による国民所得の測定には、次の主要なステップが含まれます。

1.付加価値方法と同様に、収入方法の最初のステップは、生産的な企業を特定し、それらを農業、漁業、林業、製造業、輸送、貿易と商業、銀行などのさまざまな産業部門に分類することです。

2. 2番目のステップは、要素の支払いを分類することです。 ファクター支払いは、次のグループに分類されます。

私。 現金と現物での賃金と給与、および社会保障制度への雇用主の貢献を含む従業員の報酬。

ii。 賃貸料およびロイヤルティ(ある場合)。

iii。 興味。

iv。 利益:

利益は3つのサブグループに分けられます。

(i)配当

(ii)未分配利益

(iii)法人所得税

v。自営業者の混合収入:

インドでは、他の発展途上国と同様に、5番目の要素所得カテゴリーがあり、これは自営業者の混合所得と呼ばれます。 インドでは、かなりの数の人々が家事産業、家族経営の農場、その他の組織化されていない企業に従事しています。 事業の自営業性のため、自営業者が行った仕事の賃金を、自営業者の余剰または利益から分離することは困難です。 したがって、彼らが稼ぐ収入は、賃金、家賃、利子、利益の混合であり、したがって、自営業者の混合収入と呼ばれます。

3. 3番目のステップは、要素の支払いを測定することです。 各企業が支払った収入は、採用された各要因のユニット数と各要因の各ユニットに支払われた収入に関する情報を収集することにより推定できます。 各因子に支払われた価格に、採用された各因子の単位数を掛けると、因子の収入が得られます。

4.産業部門に属するすべての企業による要素支払いの合計は、特定の産業部門によってさまざまな要素に支払われる収入を私たちに与えます。

5.すべての産業部門から支払われた収入を合計することにより、ファクターコストでの純国内生産(NDP FC )とも呼ばれる国内ファクター収入が得られます。

6.最後に、海外から得た正味因子所得を国内因子所得またはNDP FCに加算することにより、因子費用(NNP FC )で国民所得とも呼ばれる純国民産物を得ることができます。

国民所得の測定に対する所得アプローチは、図2.7の棒グラフで示されています。

注意事項:

所得方法を通じて国民所得を推定する際、次の予防措置を講じる必要があります。

1.この方法による国民所得の推定には、移転の支払いは含まれません。

2.自営住宅の帰属家賃は、居住者にサービスを提供し、その価値は市場価値データから簡単に推定できるため、国民所得に含まれます。

3.ハワラお金、密輸などで得たお金などの違法なお金は、簡単に推定できないため含まれていません。

4.当選した賞品、宝くじも含まれません。

5.法人所得税(つまり、企業の所得に対する税)は、すでに利益の一部として含まれているため、別途含めるべきではありません。

6.死亡税、贈与税、富裕税、宝くじ税などは、現在の収入からではなく、過去の貯蓄や富から支払われます。 したがって、彼らは一年の国民所得の一部として扱われるべきではありません。

7.中古品の販売からの領収書は、国民所得の一部として扱われるべきではありません。 これは、中古品の販売が今年度の新しいフロー商品およびサービスを作成しないためです。

8.自己消費に使用される生産額に等しい収入を推定し、国民所得の測定に含める必要があります。

3.支出方法:

支出方法は、1年間に商品やサービスに行われたすべての支出を合計することにより、国民所得に到達します。 収入は消費財または資本財のいずれかに費やすことができます。 繰り返しになりますが、支出は個人や家庭、または政府や企業が行うことができます。

さらに、外国の人々は、国が彼らに輸出する商品やサービスに費やしています。 同様に、ある国の人々は他の国からの商品やサービスの輸入に費やしています。 国民所得を得るために、家計、政府、および生産的な企業による次のタイプの支出を合計します。

1.個人および世帯による消費財およびサービスの支出。 これは最終的な個人消費支出と呼ばれ、Cで示されます。

2.集団的欲求を満たすための商品およびサービスに対する政府の支出。 これは政府の最終消費支出と呼ばれ、Gで示されます。

3.生産財企業による資本財と在庫または在庫への支出。 これは、国内総資本形成、または国内総投資と呼ばれ、IまたはGDCFで示されます。

国内総資本形成は、2つの部分に分けられます。

(i)総固定資本形成

(ii)商品の在庫または在庫への追加

4.輸出と呼ばれる他の国に輸出され、Xで示されている国の商品やサービスに外国人が行った支出。輸出から国の人、企業、政府による支出(X)を差し引きます。他の国からの商品やサービスの。 つまり、純輸出(つまり、輸出-輸入)または(NX)で示される(X-M)を推定する必要があります。

したがって、上記の4種類の支出を合計して、市場価格での国内総生産(GDP MP )の最終支出を取得します。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

GDP MP =個人の最終消費支出+政府の最終消費支出+国内総資本形成+輸出—輸入または

GDP MP = C + G + I +(X — M)

= C + G + I + NX

市場価格(GDP MP )での国内総生産から固定資本の消費(すなわち、減価償却)を差し引くと、市場価格(NDP MP )で純国内生産が得られます。

この方法では、正味間接税(つまり、間接税-補助金)を差し引いて、ファクターコスト(NDP FC )で純国内製品を算出します。

最後に、「海外からの正味要素所得」を追加して、要素コスト(NNP FC )で純国民生産を取得します。 副<文>この[前述の事実の]結果として、それ故に、従って、だから◆【同】consequently; therefore <文>このような方法で、このようにして、こんなふうに、上に述べたように◆【同】in this manner <文>そのような程度まで<文> AひいてはB◆【用法】A and thus B <文>例えば◆【同】for example; as an example、

NNP FC = GDP MP –固定資本の消費–純間接税+海外からの純要素所得。

国民所得への支出アプローチを表2.2の棒グラフに示します。

注意事項:

支出方法を通じて国内総生産を推定するか、国民総生産の最終支出を測定する際には、以下の予防措置を講じる必要があります。

1.中古品:

中古品への支出は、今年の財とサービスの生産に寄与しないため、含まれるべきではありません。

2.株式および債券の購入:

他の人々や企業からの古い株や債券の購入にかかる支出は、支出方法を通じて国内総生産を推定する際には含めないでください。 これは、債券と株式が単なる金銭的請求であり、現在生産されている商品やサービスへの支出を表していないためです。

3.失業手当、老齢年金などの政府による振替支払いの支出も、これらの支払いの受取人と引き換えに商品や生産サービスが生産されないため、含まれるべきではありません。

4.農民による肥料や種、衣服の製造業者による羊毛、綿、糸などの中間財への支出も除外されるべきです。 これは、二重カウントを避ける必要があるためです。 したがって、国内総生産を見積もるには、最終的な財とサービスへの支出のみを含める必要があります。

発展途上国の国民所得の測定における最大の困難は、適切な統計データの一般的な欠如です。 統計の不十分さ、非利用可能性、信頼性の欠如は、これらの国の国民所得を測定する上で大きな障害となります。

農業および関連する職業、および家事企業に関する統計情報は入手できません。 組織化されたセクターの企業に関する統計情報でさえ、大雑把で信頼性がありません。 農村人口または都市人口の消費、投資支出、節約に関する正確な情報はありません。

 

コメントを残します