分布の限界生産性理論(ダイアグラム付き)

以下の記事では、流通の限界生産性理論について詳しく説明しています。

件名:

JBクラークが19世紀末に開発した限界生産性の流通理論は、生産要素の(収益の)価格がどのように決定されるかについての一般的な説明を提供します。

言い換えれば、それは、生産の4つの要因間の国民所得の分配に関するいくつかの広範な原則を示唆している。

この理論によると、因子の価格(または収益)は、限界生産物の価値と等しくなる傾向があります。 したがって、家賃は土地の限界生産物(VMP)の価値に等しい。 賃金は労働のVMPなどに等しい。 新古典派経済学者は、利益最大化の同じ原則(MC = MR)を適用して、要素価格を決定しました。 起業家がMCとMRを同等にすることで総利益を最大化するように、各要因の限界生産物を限界費用と同等にすることで利益を最大化します。

理論の仮定

分布の限界生産性理論は、次の7つの仮定に基づいています。

1.製品とファクターの両方の市場における完全な競争:

第一に、理論は、製品市場と因子市場の両方で完全な競争を想定しています。 これは、製品の価格と要素の価格(労働など)の両方が変わらないことを意味します。

2.収益の減少の法則の運用:

第二に、理論では、他の因子を一定に保ちながら因子の追加単位を使用すると、因子の限界積が減少すると想定しています。

3.因子の均一性と可分性:

第三に、因子のすべての単位は割り切れ、同種であると仮定されます。 つまり、因子は小さな単位に分割でき、その各単位は同じ種類で同じ品質になります。

4.代替法の運用:

第四に、理論は異なる要因の代替の可能性を想定しています。 これは、労働、資本、その他の要素を自由かつ容易に相互に置き換えることができることを意味します。 たとえば、土地を労働に、資本を労働に置き換えることができます。

5.利益の最大化:

第5に、雇用主は、最大の利益を得るような方法と割合でさまざまな要因を採用すると想定されています。 これは、各要素の価格が限界製品の価値に等しいレベルまで各要素を使用することで実現できます。

6.要因の完全な雇用:

第六に、この理論では、要因として完全雇用を想定しています。 それ以外の場合、各要素はその限界製品に応じて支払うことができません。 特定の要因の一部のユニットが失業したままであれば、彼らはその限界生産物の価値よりも低い価格で雇用を受け入れようとするでしょう。

7.製品全体の消耗:

最後に、理論は、限界生産性に応じた各要因への支払いが製品全体を完全に使い果たし、最後に余剰も赤字も残さないと仮定しています。

いくつかの重要な概念

この理論は、特定の重要な概念にも基づいています。

これらは次のとおりです。

1. MPP

1つは、因子の限界物理積です。 労働力などの要因の限界物理的生産物(MPP)は、追加の労働者が雇用されるにつれて企業の総生産量が増加することです。

2. VMP

2番目の概念は、限界生産物の価値です。 因子のMPPに製品の価格を掛けると、その因子の限界製品(VMP)の値が得られます。

3. MRP

3番目の概念は、限界収益製品(MRP)です。 完全な競争の下では、因子のVMPは限界収益積(MRP)に等しく、これは他の因子の固定額に因子の単位が追加されるときの総収益への追加、またはMRP = MPP x完全な競争の下でのMR。 P = MRのように、単純にMPPに定価を掛けたものです。 [因子のVMP =因子のMPP xユニットあたりの製品の価格、および因子のMRP =完璧な競争下の因子x MRのMPP。 したがって、完全な競争の下で、因子のVMP =その因子のMRP。]

理論の本質

理論では、価格がVMPに等しい場合、企業はその数まで各要素を使用すると述べています。 したがって、賃金は労働のVMPに等しい傾向があります。 利子は資本のVMPなどに等しい。 各要因のVMPをそのコストと同等にすることにより、利益追求企業は総利益を最大化します。 労働の価格、すなわち賃金の決定に関して理論を説明しましょう。

製品の価格がRsであると仮定します。 5(一定)および労働単位あたりの賃金はRsです。 200(定数)。 労働以外の要因の数は変わらないため、賃金は限界費用(MC)を表します。

表12.1:変動要因のMPP、VMP、およびMRPの計算(労働)

表12.1は、2人または3人の労働者で、労働のVMPまたはMRPが賃金よりも大きいことを示しています。 そのため、会社は追加の労働者を雇用することでより多くの利益を得ることができます。 しかし、5人または6人の労働者では、労働のVMPまたはMRPは賃金よりも少ないため、労働者の数が減ります。 しかし、4人の労働者を雇用している場合、賃金率(Rs。20)は労働のVMPまたはMRP(Rs。20)と等しくなります。 ここでは、限界労働コスト(または限界賃金Rs。12)が限界収益(VMPまたはMRP、Rs。20)に等しいため、企業は最大の利益を得ます。

したがって、完全な競争の仮定の下で、企業は、ファクターの価格が限界生産物の値にちょうど等しい数までのファクターを使用します(=ファクターのMRP)。 同様に、家賃は土地のVMPに等しく、利子は資本のVMPに等しいことなどを示すことができます。

理論は現在図式的に示されているかもしれません。 図12.2を参照してください。 ここで、WWは、各雇用レベルでの一定の賃金率を示す賃金ラインです(AW = MW。ここで、AWは平均賃金、MWは限界賃金です)。 VMPラインは、労働の限界生産曲線の値を示しており、左から右に下向きに移動し、労働のMPPが減少していることを示しています。 図12.2は、企業がOL数の労働者を雇用していることを示しています。これにより、労働のMRPが賃金率と等しくなり、最適な労働力の購入が行われるためです。

理論の批判

分配の限界生産性理論は、多くの批判を受けています。

1.限界製品の決定において:

第一に、主要製品は共同製品であり、すべての要素が共同で生産されます。 したがって、特定の要因(土地や労働など)の限界生産物を個別に決定することはできません。 ウィリアムペティが1662年の早い時期に指摘したように、土地は母親であるため、労働は父親であり、富の積極的な原則です。

2.非現実的:

また、因子の1つの追加単位の使用が組織全体の改善を引き起こす可能性があり、その場合、変動因子のMPPが増加する可能性があることも示されています。 そのような状況では、VMPに従ってファクターが支払われると、配布が完了する前に製品全体が使い果たされます。 これはばかげています。 このような状況は現実には考えられません。

3.市場の欠陥:

この理論は、現実の世界ではめったに見られない完全な競争の存在を前提としています。 しかし、E。チェンバリンは理論が独占的で不完全な競争の場合にも適用できることを示しました。そこでは、因子の限界価格はそのMRP(VMPではなく)に等しくなります。

4.完全雇用:

繰り返しますが、完全雇用の仮定も非現実的です。 完全雇用も神話であり、現実を反映したものではありません。

5.因子置換の難しさ:

ノーベルのエコノミストであるWWレオンティーフは、生産の技術的条件により、常に要因の自由な代替の可能性を否定しています。 一部の製品プロセスでは、ある要素を別の要素で置き換えることはできません。 さらに、組織または起業家精神は特定の要素であり、他の要素に置き換えることはできません。

6.需要側のみを重視:

理論は、要因の供給側を無視するため、一方的です。 サミュエルソンの意見では、限界生産性理論は、単に企業による生産的サービスの需要の一側面の理論に過ぎません。

7.非人間的理論:

最後に、理論は、因子価格の決定のために人間と非人間の因子を同じように扱うため、しばしば「非人間的」と言われます。

 

コメントを残します